>
[Amazon] 分身 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

分身 (集英社文庫)
分身 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

分身

おすすめ!3.7 [3.7](33件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:15155位
  • Amazon価格:¥ 751
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087485196(集英社)
分身 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(33件) 3.7 [3.7]

分身

19:58:By 読書家宣言

   

脳移植手術を受けた男の異色ミステリー巨篇恋人を愛し、画家になる日を夢見ていた成瀬純一を襲った不慮の事故。そして世界初の脳移植手術。退院後の純一は徐々に性格が変わり、恋人を愛することもできない。(変身… このレビューの続きを見る

4月の総括です。4月に読んだ本は5冊、見た映画は2本でした。勉強の方で忙しかったので、どちらもかなり少なめですが…。読んだ本は、例の如く東野圭吾さんの作品が多いのですが、やっぱり「秘密」はいいですね。お母… このレビューの続きを見る

医療と倫理の狭間のタブーを取り扱った作品です。 女性にとって妊娠はやはり望む場合が多いです。 でも自分が不妊症だったら? 相手がそうだったら? 遺伝的な病気を持っていたら? 考えさせられる作品です。 体外… このレビューの続きを見る

3.7

分身

12:49:By 雑記

すっかり記録するの忘れてた。 読み終わったのだいぶ前で、どんな話かちょっと思い出せないが、 自分の知らないところで、自分そっくりの人物がいるって話。 まぁ、クローンの話なんですが、 怖いなと思った… このレビューの続きを見る

現代の先端医療技術と それに伴う倫理的な問題を 題材にした作品 ストーリーはよく作られていて 読んでいてドラマや映画を思わせるような規模の内容だった クローンの二人が出会うのが最後というのがもったいなかった 続きが気になる作品 23作目

分身

20:40:By

函館市生まれの氏家鞠子は18歳。 札幌の大学に通っている。 最近、自分そっくりな女性がテレビ出演していたと聞いた。 小林双葉は東京の女子大生で20歳。 アマチュアバンドの歌手だが、なぜか母親からテレビ出演を… このレビューの続きを見る

3.7

分身

13:41:By bookshelf -13-

  

3.7

分身

14:09:By なんだか力(仮題)

JUGEMテーマ:読書感想文 大分前に発売された本なんですけど、”借りる”までに相当待ちました・・・。さすがに東野圭吾ですね。基本的にどの本でも”待ち”ですもの。 で、読んでみました。僕自身、本を読むスピードはあまり早くはないんですけど、この本は”自分の感覚では”一気読み!に近い感じで結構引き込まれました。面白かったんですけどね〜。

3.7

分身

04:01:By

 ラストが不満すぎるので★少なめです。 相変わらずのストーリー展開のよさと、物語への引き込み方は最高。 ただ、タイトルから結末がわかってしまうことと、クライマックスのわかりにくさ、強引な幕引きがちょっと…って感じです。 難しい題材のわりにはかなり読みやすかったです。

 【あらすじ】 東京でアマチュアバンドのボーカルをしていた大学生の小林双葉は ある日テレビに出演するチャンスを手する。喜ぶ双葉であったが、 双葉の母はテレビにだけは絶対に出るなという。 さすがにチャ… このレビューの続きを見る

56 分身

22:05:By KiLL TiME

 全然違うところに住んでて全然面識のない子同士が実は互いの分身≪クローン≫でしたとういう話。背表紙の説明でこれはちょっと魅力的だなと思って読んでみました。 片方が不幸なお嬢様で片方がバンド組んでる… このレビューの続きを見る

3.7

東野圭吾【分身】

14:39:By

 どういう風に終わるのかは全くわからなかった。変身よりは好きかも。こんな女の子いるのかなーって感じでどこか作り物に感じた。うーん意味の分からない感想文だ。。

3.7

分身

17:01:By Gen's Blog

2009年、2冊目。 一時期、かなり世間的にも議論されたテーマだけど、 改めて考えさせられた。。 まだ結婚をしていない自分には想像しかできないところもあるけれど、 親子の 愛 って、子供の自我の形… このレビューの続きを見る

東野圭吾「分身」,読了. 東野圭吾らしい上手さが炸裂していますね. 主人公二人の語り口を交互に交える章立て,極端に筆致を抑えた書きぶり,序盤からなんとなく背景を想像させつつも最後のサプライズ…著… このレビューの続きを見る

3.7

はまりました★

19:53:By まるかじり

JUGEMテーマ:キレイになる為に!! 届きましたよっ ヘアアイロン 早速使ってみました. するする〜*+. 毛先もすとんっ やばいですw お母さんと感動しました いやぁ〜これから毎朝してこー 今、東野圭… このレビューの続きを見る

3.7

分身 (集英社文庫)

00:02:By Monkey Walk

自分にそっくりな人がいる。 普段でも、「よく似た」とか「雰囲気が似てる」とかはよくあることかもしれませんが、 もしそれが全く自分と同じだったとしたら? 目の前に鏡とかじゃなくもう一人自分がいた… このレビューの続きを見る

3.7

分身

16:29:By *本*わずらい

久々の東野作品でした。 やっぱり面白い!引き込まれ具合が他の本と違います。 途中でダレることもなく物語の中へどんどん引き込まれていきます。 自分の経験もあり、内容的にはとても興味がありました。 これが90年代に書かれたと思うとやっぱりこの作者はすごいと思わざるをえません。

3.7

分身

10:53:By ゆるゆるり★

週末に東野圭吾の「分身」を読みました。 面白くて1日で読んだ。 話の筋は、あらすじを読んで、途中まで読みすすめるとなんとなく みえてくるけれど、なのに続きが気になる書き方で飽きずに最後までいけました。… このレビューの続きを見る

3.7

分身

13:20:By peko*peko

東野圭吾氏の作品はほとんど読んでると思ってたんだけど コレはまだ読んでなかったみたい・・・。 一気読みです。昨日寝たの2時です(笑) 両親と全く顔が似ておらず、母親の自分を見る眼が冷たいことを意識… このレビューの続きを見る

分身

11:34:By いろいろおぼえとく。

東野圭吾

分身

02:57:By RRRR!!!!!

私にそっくりな人がもう一人いる。 あなたにそっくりな人がもう一人。 札幌で育った女子大生と、東京で育った女子大生…。 宿命の二人を祝福するのは誰か。追跡と逃走の遥かな旅が始まるサスペンス。 っていう… このレビューの続きを見る

3.7

分身

19:20:By ◆モラトリアム日記

あたしの大好きな東野圭吾さんの本。 これは相当面白かった! 友達にも貸して読ましたところ、全員が面白い!と言ってくれました。 続きが気になって一気に読んだ(o´c_`o) 東野さんの本て続きが気になってしま… このレビューの続きを見る

3.7

分身

09:07:By ホンヤガヤマダ

 もしかしたら私は母に嫌われているんじゃないか…。と鞠子が思ったのは小学校高学年になった頃だった。  母と鞠子は似ていなかった、父とも。  そして、家がガス漏れにより炎上し、母は死んだ。自殺したのか…… このレビューの続きを見る

3.7

分身

19:53:By ただ本が読みたくて 

さて、時々間に東野作品を読まないといられない。 続きが気になってしかたがないおもしろさは必ずあるから、 時間がない時でも睡眠を削っても読んでしまいます。 鞠子と双葉、ふたりの女性の立場から話が進行… このレビューの続きを見る

生まれ育ち共に全く無関係にも関らず、同じ顔を持つふたりの女性、鞠子と双葉がそれぞれ自分の出生に疑問を持ち、調べていくうちに謎が解けていくというストーリー。 北海道と東京を舞台にどんどん謎が解けていく手法はさすが。 道産子なので、函館、札幌、旭川、富良野と馴染み深い地名が登場するのもまた、想像が広がりページをめくるのが楽しかったです。

2冊目はこれ

分身

09:09:By PLUS+NEKO

自分にそっくりな人がどこかにいる・・・ それも双子などではなくそっくりそのままのコピーが。 北海道で育った氏家鞠子と東京で育った小林双葉。 自分の周囲に起こる奇妙な出来事や 出生の謎からお互いの存在を… このレビューの続きを見る

久々に、図書館に行って借りてきました。 最近の図書館は前より利用しやすくなってますね。 パソコンで本を検索すると、同じ区内の他の図書館に、その本が何冊あるかわかるようになっていて、もし、利用している… このレビューの続きを見る

3.7

分身

23:01:By Kaleidscope

双葉と鞠子全く違う生活を送っていた二人だが、 双葉のテレビ出演によって次々と事件が起こり始める。 そこには鞠子の父の研究が関係していると突き止める。 二人の主人公の観点からストーリが進められ、 点と点が繋がり線となっていくような感じのストーリ展開でした。 しかし、点と点が繋がり一本の線となったとき終わるような感じで ラストは何かたん白すぎて物足りない感じがしました。

3.7

分身

02:39:By どっぽオンライン

前回に引き続き東野さんの作品を読みました。クローンきてる!マッドな人がアレをアレしちゃったって話でしたね。普通に面白かったけど、他の作品に比べてラストの展開があっさりなのでちょっと期待はずれな感じがしました。伏線がガチッとはまっちゃうような作品を期待してたんですけどね。図書館で予約してた本が届いたので次も東野さん読もうと思います。

昨日何もなかったかのように通りすぎて行くように思えたけど・・・。今日TB見て書かなかんかなーと思いまして。9.11テロの話をもう一度。 まー昨日はある事情でamazonをさまよってたら『ユナイテッド93』の感想が書… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品