>
[Amazon] 怪笑小説 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

怪笑小説 (集英社文庫)
怪笑小説 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

怪笑小説

おすすめ!3.6 [3.6](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:69321位
  • Amazon価格:¥ 535
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087488462(集英社)
怪笑小説 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.6 [3.6]

 【あらすじ】平日の朝ならば当たり前の事である満員電車。満員なだけあって、そこには様々な人々が乗り込む。仕事に疲れたサラリーマンだったり、出産間近の妊婦だったり、年老いたおばあさんだったり。そし… このレビューの続きを見る

3.6

怪笑小説

14:16:By bookshelf -13-

  

――(前略)自分たちは大変な勘違いをしていたと思った。 ――(中略)過去の中に現在を持ち込んでしまったのだ。 『逆転同窓会』より ――(前略)ここ二か月あまり、いい夢を見させてもらった。それでいいじゃないか… このレビューの続きを見る

東野さんがこういうのも書くとは知りませんでした!! 星新一をもっとブラックにした感じでしょうか。 面白いです。 面白い! 解説を読んで、東野さんが面白い人だということも判明。 人を知ると、作品の見方も… このレビューの続きを見る

怪笑小説

19:52:By PLUS+NEKO

JUGEMテーマ:小説全般最近、東野圭吾氏の小説はミステリーばかりを読んでいたので、たまには違うジャンルのものも読んでみました。ブラックユーモア的な短編集で読みやすかったです。笑えるものからちょっと考えさ… このレビューの続きを見る

3.6

怪笑小説

18:22:By *本*わずらい

東野さんの短編作品です。 読みやすく数時間で読めてしまいました。 今まで読んだ東野さんの作品とは一味違い、なんとなく「星新一」風のような一冊でした。 社会風刺というか、世相を描いているというか、なかなかニヤリとしてしまうような短編ばかりですが、私自身はやはり東野本格推理の方が好きかなぁと感じます。

JUGEMテーマ:読書 初東野圭吾。 短編小説で面白かったー 「動物家族」が好き。 あと「おっかけバアさん」は他人事とは思えなくて焦った(-_-;)気をつけよう。ウン

読んだよ、という記録。 こんな表紙ではないけれど……(同じ集英社文庫だった気はするのだけれど、あれ?) 本屋で、最初の「鬱積電車」(だったかな?)をパラパラと読んで面白そうだったので購入。こういう短編集、好きだ。面白かった。 JUGEMテーマ:小説全般

毒のある小説ばかりの短編集。 前日買うときに迷って結局死神の精度を買ったんですが、 結局弟に買ってきて貰いました。 感想後日あげます

思わずにやりと笑ってしまいそうになる、ブラックユーモアの詰まった短編集。 『手紙』『秘密』『白夜行』のような、東野氏の代表作とされる作品群とは全く趣を異にします。 ばかばかしく面白い、妙味な作品です… このレビューの続きを見る

3.6

怪笑小説 (集英社文庫)

11:58:By

久々の東野圭吾。 私が今まで読んでいたものとは打って変わってブラックジョークな笑いてんこもりな短編集でした 笑 てか…解説でも書いてたんですけど、「東野圭吾は今まで猫をかぶっていた」ってホントですね・… このレビューの続きを見る

怪<毒

22:24:By .uoo*blog

●こないだ読み終えた。前に読んだ『毒笑小説』がとても面白かったので、ブックオフで買った。中々面白かったけど、毒のほうが面白かったかな。

<鬱積電車>  知らない者同士が乗り合わせる電車内にはOL、女子高生、中高年、妊婦、子供と様々な人達が一時共に過ごす。  シルバーシートを占領し、とぼけるやつ。それを気付かそうとする老女。  スカート… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品