>
[Amazon] マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン
マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴンで自分のブログにレビューを書く

マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン

おすすめ!4 [4](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:798924位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087712907(集英社)
マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴンのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 4 [4]

東京バンドワゴンシリーズ番外編! この話の肝は何といってもサチが生きてる頃の、サチを中心とした物語という事に尽きますね。 何故堀田家に嫁ぐことになったのか? 東京バンドワゴン本編の基礎となる今作は、… このレビューの続きを見る

東京バンドワゴンシリーズ外伝。 今度こそ正真正銘サチが主人公。生きてる! 小路さんはこういうシリーズものを書くの、すごく上手いなぁ。 一度読み始めると引き込まれてしまう。 どんどん続きを読みたくな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

 このシリーズ好きなので、 僕は結構よんでいます。 文庫化されたときに知って読んでいたのですが、 最近図書館に行く技をまた復活したので、図書館でかりることに。 なんでこのシリーズがすきなのか? 昭和… このレビューの続きを見る

あの人たちのお陰でわたしを縛っていたものは全て解かれて消えました・・・   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され、GHQを始め大きな敵に身を追われるはめになった、子爵の娘・咲智子。混血の貿易商・ジョー、華麗な歌姫・マリア、和… このレビューの続きを見る

 東京、下町の古本屋「東京バンドワゴン」を営む堀田家は四世代が暮らす大家族。シリーズの第4弾は、小説の語り部、亡きおばあちゃんサチさんの秘密が明らかになります。時代が戦後の昭和20年代へ。 国家の未… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書マイ・ブルー・ヘブン国家の未来に関わる重要な文章が入った箱を父親から託されGHQを始め大きな敵に身を追われるはめになった、子爵の娘・咲智子混血の貿易商・ジョー、華麗な歌姫・マリア… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され、GHQを始め大きな敵に身を追われるはめになった、子爵の娘・咲智子。混血の貿易商・ ジョー、華麗な歌姫・マ… このレビューの続きを見る

戦争が終わり、五条辻家のお嬢様咲智子は 重要文書の入った小箱を託されて家から逃げ出した。 途中米兵に声をかけられるが間一髪で堀田勘一に救われ そのまま堀田の家である東京バンドワゴンに匿われることになった… このレビューの続きを見る

「あの、急いでいますのでお礼も出来ないんですが、お名前を」  からからと笑いながら、ひらひらと右手を顔の前で振りました。 「礼なんかいいさ。名前は堀田勘一ってんだ」  (第一章「On The Sunny Side Of … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 東京バンドワゴン 待望の第4作。 なんと サチさん 生前のお話。勘一は 登場するけど、我南人が最後に ちょっとだけ登場するくらい 昔のお話です。 あいかわらず 魅力的なキャラクターが登場します。そして また、暖かくて優しいお話。 また、1作目から 読みなおそ〜〜〜って 気持ちになりますよ〜

関連する商品