DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 宵山万華鏡 - 森見 登美彦 のレビュー全46件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 宵山万華鏡

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

宵山万華鏡
宵山万華鏡で自分のブログにレビューを書く

宵山万華鏡

おすすめ!3.5 [3.5](46件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:118439位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087713032(集英社)
宵山万華鏡のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(46件) 3.5 [3.5]

方向音痴の私にとって、森見登美彦さんのは困る。 ナントカに面したナンタラ通りの角を曲がってドコソコ。素敵な響きの京都の通り名が、頭の中に迷路を作ってしまう。 本の上に、しかけ絵本みたいに、宵山マ… このレビューの続きを見る

読了! なんだか、ぱっとしない話でした。 でも雰囲気はすき。

宵山万華鏡

16:22:By Story Report!

祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。… このレビューの続きを見る

夢か現か 罠か真か。 巨大な祭り、宵山の夜に人々はなだれこんでくる。 そして時折その世界に留まってしまう。 今までの森見さんの雰囲気とは大きく違う。 文体や口調のばかばかしさは薄れて ストーリーの内容で読ませる本。 私は好きだけど、 今までのくだらなくて不思議というのもすごく好きだったので またそういうものを読んでみたい。

  図書館から借りた本を 続々と消化してるなう 森見さん読み終えた! 続きでれびゅー

 久々にレビューを書きたい衝動に駆られる小説を読んだので書いてみる*^^* 森見登美彦さん著「宵山万華鏡」 舞台は京都。祇園祭の宵山にあたる日を描いた作品。 同著者の作品で「きつねのはなし」という小… このレビューの続きを見る

3.5

宵山万華鏡

02:54:By

宵山万華鏡森見登美彦氏の宵山万華鏡。相変わらず京都が舞台です。祇園祭の最終日、宵山のお話。奇々怪々の雰囲気は健在。幻想的を通り越して薄気味悪ささえ醸し出すこの描写は、もはや堂に入った物です。確実にあ… このレビューの続きを見る

『宵山万華鏡』

11:00:By 観測古書店

 祇園祭宵山の京都。煌びやかな山や鉾、押し寄せる人に屋台に、なにやら怪しげな者たち・・・  奔放な姉と慎重な妹が、頭の天窓を開く壮大な企てに加担する学生達が、かつて幼い身内が失踪してしまった叔父と姪が… このレビューの続きを見る

3.5

宵山万華鏡

12:43:By 雑記

今まで読んだ森美作品の中で一番好きかも、な一冊。 祇園祭の宵山を舞台に繰り広げられる妖しげな連作短編。 路地の奥に迷い込んでしまった姉妹。 一人の男を騙そうと本気で馬鹿馬鹿しい仕掛けを画策する集… このレビューの続きを見る

3.5

39冊目

21:46:By ただの日記

 

3.5

宵山万華鏡

20:51:By memo

内容(「BOOK」データベースより)祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に… このレビューの続きを見る

3.5

宵山万華鏡

13:25:By 読書三昧

モリミさんの京都モノです。 この人の本を読むと京都に行きたくなる。 なんていうのか、京都らしさというのか、なんともいえないあの雰囲気。 今回もそういうのを感じさせるものです。 特にこれは京都の祇園祭… このレビューの続きを見る

宵山万華鏡

13:24:By 受賞本

 宵山万華鏡  著者 : 森見登美彦  受賞歴 : 2009年キノベス 7位

3.5

宵山万華鏡

23:28:By Amrita

森見さんは本当にニヤリとさせるのが上手いです。

読んでいる途中で、祇園祭の宵山に行きたくて行きたくてたまらなくなった。 以前1回だけ行ったことがある。山や鋒を見る目的で昼から行ったのだけれど、夜になってからの迫力に圧倒された。あんなにたくさんの夜店… このレビューの続きを見る

「これは万華鏡ではないですか?」

3.5

宵山万華鏡

22:12:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書  奇怪、痛快、あったかい。傑作幻想小説! 祇園祭宵山の京都。現実と妖しの世界が入り乱れる夜に、幼い姉妹、ヘタレ大学生、怪しい骨董屋、失踪事件に関わる叔父と姪などが次々と迷い込み… このレビューの続きを見る

祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。… このレビューの続きを見る

「宵山万華鏡」

22:18:By moji*lib

表紙が好き  京都の祇園祭を題材にしたお話です。 一話目は神隠しみたいな話だったので、祇園祭を題材にした怪談ものかな?と思い、二話目を読むと、なぁんだ、あの神隠しもただのしかけかぁ・・・と思わせる… このレビューの続きを見る

宵山万華鏡

13:53:By nhosan's works

 森見登美彦著『宵山万華鏡』初めて読んだ時から数冊までは物語の最初はこの世界にすっと入り込めずでもいつの間にかすっぽりと話の中に自分も巻き込まれてしまっているそんな感じでした今回は最初からすすー… このレビューの続きを見る

祇園祭宵山の京都が舞台です。 『宵山姉妹』 『宵山金魚』 『宵山劇場』 『宵山回廊』 『宵山迷宮』  『宵山万華鏡』の6篇からなる、連作短篇集で、それぞれに 作風が異なっています。 全体的に、ファン… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 本作は 「宵山姉妹」、「宵山金魚」、「宵山劇場」、「宵山回廊」、「宵山迷宮」、「宵山万華鏡」と主人公の異なる六つの物語が同じ宵山で展開される。 「宵山金魚」と「宵山劇場」の二つ… このレビューの続きを見る

3.5

宵山万華鏡

10:24:By ナンプラー日和

JUGEMテーマ:小説全般 『宵山姉妹』 『宵山金魚』 『宵山劇場』 『宵山回廊』 『宵山迷宮』 『宵山万華鏡』 この6つの短編で宵山の様々な面を感じることができる作品です。 どの登場人物も宵山の魅力に憑… このレビューの続きを見る

3.5

宵山万華鏡/森見登美彦

14:51:By

 舞台はやはり京都。 祇園祭での現実と幻想が入り乱れる不思議な話。 以前「宵山姉妹」だけ読んでそのままにしていたのです……罰当たりめ(苦笑) 多分「夜は短し〜」の後に読んだのがいけなか… このレビューの続きを見る

3.5

宵山万華鏡

10:10:By The Samantha Times

 あらすじ: 祇園祭前夜。妖しの世界と現実とが入り乱れる京の町で、次々に不思議な出来事が起こる。 登場人物たちが交錯し、全てが繋がっていく連作中篇集。森見流ファンタジーの新境地! ●祭りの雑踏で、幼い… このレビューの続きを見る

「奇怪、痛快、あったかい。傑作幻想小説!祇園祭宵山の京都。現実と妖しの世界が入り乱れる夜に、幼い姉妹、ヘタレ大学生、怪しい骨董屋、失踪事件に関わる叔父と姪などが次々と迷い込み…。森見流ファンタジーの新… このレビューの続きを見る

 ということで、京都祇園祭りが舞台になってます。 お祭りのワクワク・ドキドキ感を感じられるかな。 中盤のダメダメ学生が出てくるハナシが、 馴染みの有る森美ワールドで安心できました。 それぞれの短編… このレビューの続きを見る

3.5

宵山万華鏡

18:53:By

 京都全開な感じの森見登美彦新作です^^v結構面白かったな〜!!何か、読んでて森見登美彦さんの京都への愛!?をすごく感じれる作品でした。京都行きたい〜って誰でも思うと思いますっ(来週行って来ます★笑)祇園… このレビューの続きを見る

腰痛が治らない。ずっと座りっぱなしがよくないのかもしれない。今日は、気分転換に近所の本屋まで行き1時間以上うろうろしてしまった。『はじめて考えるときのように』(野矢茂樹著)と『宵山万華鏡』(森見登美彦… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 祇園祭の宵山が舞台の連作小説。  

3.5

宵山万華鏡

20:18:By 日和

※ネタばれ含みます Story 祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。様々な事情と思惑を抱え、人々は宵山へと迷い込んでいくが…!?くるくるとまわり続けるこの夜を抜け出すことは、できるのか。

森見さんの新刊♪ 表紙がとっても可愛い〜! 装丁からも、題名からも、幻想的なお話なのだろうな、と予想。 (→結果、まあ普通に大当たりでした。) 最初のお話、「宵山姉妹」。 あれ?作風変えた??とちょっとが… このレビューの続きを見る

3.5

宵山万華鏡

01:32:By (ё)3

 最近脳みそグダッてて なんかすごい読むの時間かかっちゃったんだけど 一気に読んだらもっと面白かったんだろうな! 京都に行きたくなる本でした 舞妓さんとかほんと素敵 言葉が綺麗で癒されます 京言葉っ… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。様々な事情と思惑を抱え、人々は宵山へと迷い込んでいくが…!?くるくるとまわり続けるこの夜を抜け出すことは、できるのか。JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜

   bookと関係ない話をひとつ。  RADIコミ終わるんですね。  高校受験前は、すんごい心の支えにしてました。  あの頃は、すがるものが本当にちょびっとしか無くて、視野も今よりすごい狭くて、だからあ… このレビューの続きを見る

 私は、いわゆる「森見節」というものが好きで。 「太陽の塔」とかの、モテない男が語る話が大好きだった。 (「夜は短し〜」は森見さんの長女だけど大好き)。 今回もそれを期待して買ったんだけど…… 1話目… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 ● 宵山万華鏡 / 森見登美彦 ● 集英社 ● 1365円 ● 評価 ☆☆☆ 祇園祭宵山の京都。 熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、 気をつけないと「大切な人」を失ってしまう… このレビューの続きを見る

森見登美彦さんの最新作。著者の森見さんは、自らの著作を息子や娘のような扱いをしておりまして、この作品は「夜は短し〜」に続く「次女」としてこの世に産み落とされたそうです。 祇園祭のクライマックスともい… このレビューの続きを見る

宵山万華鏡

14:44:By

  虚実入り乱れ、重なり合いまた離れてゆく。 宵山という万華鏡、その筒の中ではくるくると祭りが回り続ける。

宵山万華鏡

19:26:By ぶくわむ

舞台はお馴染み京都。 祇園祭で起きるちょっと不思議な出来事達の連作集です。 金魚、鯉、林檎飴、金魚、風鈴、ベビーカステラ、万華鏡、金魚などのモチーフがくるくるきらきらあふれる、まさに縁日を巡ってい… このレビューの続きを見る

またもや

01:24:By ソツセイ通信

サインをして頂いた!あの、森見登美彦氏に!!2時からのところなんと1時20分から並んでしまいましたみんな来るのが早い!整理券もらいにいってまた来ればいいかなーぐらいに思ってたらもう並んでる人がいたので… このレビューの続きを見る

   ブランチで特集。うーん、読みやすそう。  

3.5

図書館探訪

14:14:By ゴーゴーイサナ

久しぶりに会社帰りに図書館へ。会社から行ったほうが乗り換えあるけど切符安かったり。千日前線のるたびに昭和にタイムスリップした気分になる。ピンクだし。図書館の行き帰りどっちかに天下一品でラーメン食べる… このレビューの続きを見る

よいよいよい

00:54:By 調整中。

  買ってきたぜモリミーの新刊!!!!!! まだ・・・読んではいませんがね! 家の近くのTUTAYAであっさりと手に入ったのはいいが残り2冊だったんだぜ!あっぶねえい しかし今回はかわゆい表紙ですな。キラキラ仕様でござい。 でも私はカバーを外したその本体の絵のほうが気に入ってます。 なんか今回こってるなー(゜д゜) コレが中。

3.5

宵山万華鏡

00:30:By ほんのひとこと

妹が姉とはぐれ、真っ赤な浴衣を着た少女たちに連れられる「宵山姉妹」 友人の乙川と宵山にやってきたが途中ではぐれ、宵山様にお灸をすえられそうになる「宵山金魚」 友人を騙すためだけに山田川の妄想を小長井た… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品