>
[Amazon] 床屋さんへちょっと

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

床屋さんへちょっと
床屋さんへちょっとで自分のブログにレビューを書く

床屋さんへちょっと

おすすめ!3.6 [3.6](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1271228位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087713105(集英社)
床屋さんへちょっとのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.6 [3.6]

床屋

20:43:By STORY OF NOISE

床屋は小さい時から近くの床屋さんで髪を切ってもらっていた。床屋の叔母さんは、自分が小さい時にはクマの置物を手渡してなだめてくれた。髪を切り終わるとお茶やせんべいや茹で卵が出てきた。なぜか髪を切った後… このレビューの続きを見る

床屋

20:42:By STORY OF NOISE

床屋は小さい時から近くの床屋さんで髪を切ってもらっていた。床屋の叔母さんは、自分が小さい時にはクマの置物を手渡してなだめてくれた。髪を切り終わるとお茶やせんべいや茹で卵が出てきた。なぜか髪を切った後… このレビューの続きを見る

きょう、やっと床屋さんへ行ってきて、サッパリしました。(^O^) 若い頃はちょっと長くても気にならなかったのに、 いまじゃ耳にかかってくると煩わしくてしょうがない。 かなり薄くなったし、いっそスキンヘッド… このレビューの続きを見る

初恋?

18:59:By STORY OF NOISE

 僕には好きな子がいた。 髪は長くていつも明るくカワイイ女の子でした。 その子は駅のそばの床屋さんの子でM.Fちゃん。 僕はM.Fちゃんに意地悪な事をしてしまった時があった。(笑) たぶんあの時はどうしていいのか分からず意地悪してしまいました。 今想うと後悔してしまいます。

孫と一緒に生前墓を見に行って「桜」娘の婚約者を紹介される直前に「梳き鋏」工場見学に行ったインドネシアで「マスターと呼ばれた男」初めて女性が参加する定例会議の前に「丈夫な藁」家出した娘を迎えにいった先… このレビューの続きを見る

「親から継いだ会社を倒産させ、その後再就職して働き続けた男と、そんな父の背中を見て働くことに夢を託すようになった娘。会社で、家で、時に床屋で交わされた二人のやりとりを描く長編。働くことを通してつなが… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 働くことを通してつながる、父と娘の物語 親から継いだ会社を倒産させ、その後再就職して働き続けた男と、そんな父の背中を見て働くことに夢を託すようになった娘。会社で、家で、時に床屋で交… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより)宍倉勲は二十代半ばで父が興した会社を引き継いだが、十五年後に敢えなく倒産させてしまった。罪悪感をぬぐえないまま再就職し定年まで働き、もうすぐ「人生の定年」も迎えようとしている。だが、そんな勲の働く姿こそが、娘の香を「会社」の面白さに目覚めさせて―「仕事」によって繋がった父と娘を、時間をさかのぼって描く連作長編。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

関連する商品