>
[Amazon] 残り全部バケーション

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

残り全部バケーション
残り全部バケーションで自分のブログにレビューを書く

残り全部バケーション

おすすめ!3.8 [3.8](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:366338位
  • Amazon価格:¥ 1,210
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087714896(集英社)
残り全部バケーションのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.8 [3.8]

初出がラストも書下ろしも含めてバラバラなものを上手く繋ぎ合わせた5編からなる連作短編集。まるでジグソーパズルのような作品ですが、ラストがはまるかどうかは読者に委ねているあたりは伊坂さんらしいともいえ… このレビューの続きを見る

 チンピラ家業の二人組みを軸にした人々の短編小説。最初の数話は可もなく不可もなくでものたりなかったものの最終的に全部関連性がでてきて伏線が回収されまくった挙句にスカッとするオチで綺麗に終わる伊坂… このレビューの続きを見る

「問題」児がいるのであれば、「答え」児もいるのではないか、 わたしの読書熱の再スタートは伊坂幸太郎の「オーデュボンの祈り」だった。よって、伊坂作品には並々ならぬ期待があり、読み始める前に少しだけ特… このレビューの続きを見る

3.8

秀逸

22:01:By 心は丸く、

内容紹介(「BOOK」データベースより) 人生、まだ、続いていくから。裏稼業コンビ「溝口」と「岡田」をめぐる全五章。 静かに物語は進行していきます。 少しずつ糸を紡ぎながら、繋がっていきます。 日常で… このレビューの続きを見る

★2014/3/2→4/12

人生、まだ、続いていくから。裏稼業コンビ「溝口」と「岡田」をめぐる全五章。(「BOOK」データベースより)

 二人の当り屋を中心にして展開していく物語。悪人だけど憎めないキャラクター。いくつもの伏線がラストでつながっていく様は、伊坂ワールド。一気読みでしたが、すごく気になるラスト!JUGEMテーマ:読書

やっぱ、うまいねぇ伊坂さん!  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】夫の浮気が原因で離婚する夫婦と、その一人娘。ひょんなことから、「家族解散前の思い出」として〈岡田〉と名… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 残り全部バケーション  / 伊坂幸太郎 評価 ☆☆☆読んでいくうちにそれぞれの話しがつながっていく伊坂幸太郎お得意の連作短編スタイル。スタイリッシュで小気味いい展開。この人の… このレビューの続きを見る

 裏家業の下請けコンビ「溝口」と「岡田」。仕事を辞めることを溝口に打ち明けた岡田は、辞めるためにある条件を出され……。 「溝口」と「岡田」のふたりをめぐる、連作短編集。  冒頭の一文から引き込まれて… このレビューの続きを見る

昨日読み終わりました。 面白かったです。 名言いろいろありました。 当たり屋をしている「岡田」と「溝口」の話から… どの話も、なんだか 「あぁ〜…。」って納得するものや 「あぁ!」って心にドカンとくる科白… このレビューの続きを見る

 『残り全部バケーション』短編がそれぞれに繋がって終わりへ半ばまではちょっと乗り切れない感じだったけど(最近は本を読むとそんな事が多いかな)後半から最後までは楽しみましたでもタイトルがなんだか良かったんだな

 気がつけば1がつももう終わってしまいました。寒い毎日が続きますが、風邪には気をつけて元気に行きたいですね!というわけで、恒例の総括です。1月に読んだ本は13冊、見た映画は6本でした。年末年始休… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  人生の<小さな奇跡>の物語 夫の浮気が原因で離婚する夫婦と、その一人娘。ひょんなことから、「家族解散前の思い出」として〈岡田〉と名乗る男とドライブすることに──(第一章「残り全部バケーション」)他、五章構成の連作集。

 【感想】ちょっと悪いことを営む裏稼業の溝口と岡田のふたりのエピソードが詰まった連作短編集ですね。当たり屋とか誘拐とかそういうことをしてる人たちなので、さぞ極悪なやつらなんだろうと思いきや…そこは… このレビューの続きを見る

久しぶりの伊坂幸太郎の小説。これは本当に面白かった。何たって伊坂氏らしい、軽快な言葉と掛け合いが踊ってる。リズミカルに言葉が弾んでる。ポンポンと跳ねる会話のやりとり、たまに毒舌な心の内。こういうテン… このレビューの続きを見る

 伊坂幸太郎氏の新刊 『残り全部バケーション』(集英社) 読んだ! 単行本でも即買いなのは、伊坂氏くらいなわたくし。 先日、三浦氏の『なあなあ夜話』は例外です。 まだそれほどメジャーじゃなかったころ… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 夫の浮気が原因で離婚する夫婦と、その一人娘。ひょんなことから、「家族解散前の思い出」として〈岡田〉と名乗る男とドライブすることに──(第一章「残り全部バケーション」)他、五章構成の連作集。 … このレビューの続きを見る

久しぶりの伊坂サンは、アタシの好きな雰囲気のもの。 近年、なんだかちょっと好みとズレているものがちょいちょい出ますからね。 これはなんていのか、初期のころの飄々とした雰囲気のもの。 ちょっとウレシイ… このレビューの続きを見る

『残り全部バケーション』、『タキオン作戦』、『検問』、『小さな兵隊』、『飛べても8分』。溝口&岡田、軽妙な裏稼業コンビが織りなす連作短篇集。 いけないことを生業としている人たちなのに、どんどん魅了さ… このレビューの続きを見る

 残り全部バケーション 伊坂幸太郎ちょいワルキャラを書かせたら・・・やっぱりうまいなぁ一見つながりの無い連作短編を収束させる技・・・うまいなぁ決して大作ではないけど・・・ほっとする作品でした

関連する商品