DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 黒笑小説 - 東野 圭吾 のレビュー全14件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 黒笑小説

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

黒笑小説
黒笑小説で自分のブログにレビューを書く

黒笑小説

おすすめ!3.5 [3.5](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:773342位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087747549(集英社)
黒笑小説のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.5 [3.5]

文壇界を舞台にしたシリーズと、それらとは無関係の話がいくつか収録されている短編集。文壇以外の話は、星新一風味。さらりと読めて面白かった。ハードカバーより、文庫で電車の中で読んだりするのに向いてると思う。

   「黒い笑い」を描いた短編集。 くだらな面白い(笑) 「笑わない男」のラストが良かった(笑) (18日読了)

東野さんの短編お笑い(笑)シリーズ、今現在出版されてる分では、最新。 前作と比較すると、ちょっと、むむ〜って感じでした。 私は、怪笑と毒笑の方が面白かったかな。 作家たちが主人公の短編がシリーズ的に… このレビューの続きを見る

黒笑小説

20:30:By T_plus!

あえて別けるなら「超・殺人事件」と同じ感じのノリ。 俗っぽさと、嘲笑的な感じが嫌いじゃないです(にやり) 一部、いや、その薬ある種の病気の人にもとってもいいと思う!ってのもありましたが(笑)色々飛… このレビューの続きを見る

笑いのマエストロが放つ超ブラックユーモア。 丸い物がすべて巨乳に見えるようになって…「巨乳妄想症候群」。 メル友に会うため写真と実物の差を埋めようとする女…「奇跡の一枚」。 他、「選考会」等全13編の猛… このレビューの続きを見る

3.5

黒笑小説

12:53:By bookshelf -13-

作家関連の短編が好きです。 思わず「にやり」と まさに黒い笑いを発してしまいました。

やっとげっとぉ!!! ↑はハードカバーやけど文庫でやっと手に入れました(^^)vv もーね、かいしょうとどくしょうでてゆうか東野圭吾がつぼなわけですよ まだねーよみちゅうな… このレビューの続きを見る

3.5

黒笑小説

19:05:By Milk sugar

ん?小説って2次? なんとなく東野圭吾が読みたいなーと思って、図書館にあったのを手に取った。 短編集なんだけど、タイトルの通り全てが皮肉な作品ばかりです。読んでてあまり気分のいいものではないね。 … このレビューの続きを見る

この本、面白かったです。 笑いの5つ星でございます。 私が一番気に入ったのは、ストーカーのお話でしょうか? 女の子にふられた男に、その女の子から電話がかかってくる。 ふられた男は、どうもストーカー… このレビューの続きを見る

3.5

黒笑小説

20:01:By Tokyo Radio

気軽に読めるショートショート。 --- 星新一的、というには残念ながらまだ及ばないのだろうが、とか僕が言えた立場ではないが、きちんとオチがあってまあ外れない短編集。 ・娘のみるアニメ番組(おそらくプ… このレビューの続きを見る

ブラックユーモアにあふれたショートショートです。 東野圭吾の印象が良い意味で変わりました。 こういうのも書くんだなあ、と。 ニヤリとさせられるのも良いね。 中学生の頃、星新一のショートショートを読み漁りましたが、久しぶりにまた読んでみたいな、と言う気持ちになりました。 その前にまだ東野圭吾の本は続くんだけど〜。 いまは東野圭吾が面白すぎて、なかなか次に取り掛かれないよ!

巨乳妄想症候群  ある日突然肉まんがオッパイに見えてしまった。どうやら疲れているらしい。  しかし、何もかもがオッパイに見えるようになってしまったのだ。さて、どうしたものか。  このままでもいいよう… このレビューの続きを見る

『怪笑小説』『毒笑小説』に続く、ブラックユーモア短編集。 全13編のなかで目をひくのは、やはりなんといっても4編の文壇シリーズ。表紙の写真にも東野さんご本人が登場しているし、某文学賞に5度目のノミネート… このレビューの続きを見る

黒笑小説

20:22:By にゃん吉

どれも面白かったです。 『巨乳妄想症候群』は、くだらなくて笑えるし 『インポグラ』『臨海家族』はよくできたお話だな〜と思いました。 『みえすぎ』・・・・はねー、実際あんだけ見えたら生活できないよ! ちょっと想像するだけでもイヤかも。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品