DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 蒲公英草紙―常野物語 - 恩田 陸 のレビュー全7件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 蒲公英草紙―常野物語

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

蒲公英草紙―常野物語
蒲公英草紙―常野物語で自分のブログにレビューを書く

蒲公英草紙―常野物語

おすすめ!3.6 [3.6](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:588305位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087747700(集英社)
蒲公英草紙―常野物語のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.6 [3.6]

出版社 / 著者からの内容紹介 舞台は20世紀初頭の東北の農村。旧家のお嬢様の話し相手を務める少女・峰子の視点から語られる、不思議な一族の運命。時を超えて人々はめぐり合い、約束は果たされる。切なさと懐かし… このレビューの続きを見る

懐かしさと切なさあふれる感動長編。 20世紀が幕を開け、少女の心は変化の予感にざわめく。折しも村に不思議な一家がやってきて――。運命が導く出会い、果たされる約束。今最も輝いている作家・恩田陸の魅力あふれる感動作。

【常野物語】 遠くが見えたり未来を予測したり、 特殊な力を持っている一族のおはなし。 「光の帝国」で強烈な印象を受け、 常野物語の他の2つの作品も読まねば と 意気込んで読んだ「エンド・ゲーム」がち… このレビューの続きを見る

常野物語のシリーズがあるとは知らず、 常野の意味も始めは知らなかったので、 単なる、昔を思い出して懐かしむ話かな〜と、思って読んでいたのですが、 全然違いました。 失礼しました・・ 一言で言って… このレビューの続きを見る

「光の帝国」に収録されていた「大きな引き出し」に出てきた春田一家が 登場するお話です。 でも今回のお話の時代設定が日清戦争と日露戦争の合間ということなので 同一人物というわけではないと思いますが、同… このレビューの続きを見る

久しぶりに読書をしました。このところなんだか落ち着かなくて、活字で1冊まるまる一気に読むのは久しぶりでした。 私は恩田陸さんの作品が好きです。 希望や未来があって、幸せでないわけではない。 けれ… このレビューの続きを見る

常野物語三部作のひとつ。 少女の回想、という形式で、 とてもなめらかというか、きれいな語り口で書かれています。 ファンタジーの要素が強いかな。 不思議な能力を持つ“常野”について書かれているけど、 少女が大人になってく過程で感じる 刹那感や寂しさなんかも描かれていて、 かわいらしい作品、だと思う。

関連する商品