DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed エンド・ゲーム―常野物語 - 恩田 陸 のレビュー全12件 JUGEMブログ

>
[Amazon] エンド・ゲーム―常野物語

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

エンド・ゲーム―常野物語
エンド・ゲーム―常野物語で自分のブログにレビューを書く

エンド・ゲーム―常野物語

3.1 [3.1](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:217620位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087747913(集英社)
エンド・ゲーム―常野物語のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.1 [3.1]

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/9/21〜2009/9/23 [文庫裏表紙より] 『あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。『遠目』『つむじ足』など特殊な… このレビューの続きを見る

3.1

エンド・ゲーム

00:52:By 蒼の彼方

 難しい…というか…うん。 ややこしいってか理解しずらいから、やっかい。 面白いとかそういう次元じゃない。 こういうのもあるのか…と。 ほんっとに理解するのに時間かかった。 火浦はまぁかっこよいっち… このレビューの続きを見る

三日連続嫌な夢をみて、それがべったりはりついているからなんだか鬱陶しい。煙草が不味い。でも本は読むよ。*+ 『クールス』Kiss only one Ladyで、KOOLなのか。ふーん。って思って調べたら、Kick out old Lady、… このレビューの続きを見る

48 エンド・ゲーム

21:44:By KiLL TiME

だめもとで図書館にいったら置いてあった・・・うそでしょ?みたいな。  さっそく読んだ!夜中まで読み倒した! 夜中これ読むとかチキンな私にとって拷問でした・・・じゃあなぜ読むと 言われても聞かないでく… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 最後の終わり方がやっぱり不思議 でもいっか笑” 光の帝国も常野物語だったよな これって一応シリーズとみていいのかな? なんかもう一冊常野物語あるみたいだし読まねば なんか読みたい本が具体的に増えていく

常野物語のシリーズの一冊。 最初から最後まで何もかもがピンと来ないままでした…(汗)。 よくわからないまま引き込まれて読み続け、 そのままわからなかった、という感じでした。 やっぱりもともとこういう話って好きじゃないんだよなぁと思いながら、 だったら何故読むんだよ!!と自分に突っ込みを入れつつ。 それでも読んでみようと思います。 他の常野物語も。

内容(「BOOK」データベースより) 裏返されたら、どうなる?正体不明の存在「あれ」と戦い続けてきた一家。最後のプレイヤーとなった娘が誘い込まれたのは、罠と嘘の迷宮だった。「常野物語」最新長編。 常野物語三作目ーv 一つの家族が出演(出演?)

光の帝国、蒲公英草紙に続く常野物語シリーズの一冊。 様々な短編が組み合わさってできた光の帝国。 蒲公英草紙は光の帝国に出てきた読む人に関する大正の頃の話。 そしてこのエンドゲームは光の帝国に出てきた… このレビューの続きを見る

 「青子の本棚」にUPしました。 ちょっと怪談ぽくって、恐いお話し。 でも、未知なる脳のことを思うとアリかな。    詳しくはこちら

常野物語のつづき。 これの前に読んだライオンハートが あんまりしっくり来なかったのに対して、 これぞ恩田!!って感じで、うん、面白かった。 裏返す・裏返されるとか洗濯屋だとか、特殊能力も独特でいいよね 三月シリーズも好きだけどMAZEやら常野物語やらも大好きだな。 この常野シリーズはこれで完結なんだろうか。 続き書いてくれないかなぁ

 予備知識なく読み始めたら設定がよくわかんなくてわかんないまま話が進んでおまけになんだかさっぱりしていたからびびった。気がついたら話が終わっていた感じ?でも最後らへんのお母さんの妄想?あたりがなまなましくて表現がうまかったなぁ。あとはよくわかりませんでした。

「光の帝国」「蒲公英草紙」に続く「常野物語」第三弾。 「光の帝国」収録の「オセロ・ゲーム」の続編に相当するお話です。 「裏返さ」なければ「裏返される」という正体不明の「あれ」と戦い続けてきた 一家… このレビューの続きを見る

関連する商品