>
[Amazon] 岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)
岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)で自分のブログにレビューを書く

岸辺露伴 ルーヴルへ行く

3 [3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:12708位
  • Amazon価格:¥ 2,934
  • ユーズド価格:¥ 800
  • ISBN/ASIN:4087823792(集英社)
岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3 [3]

uluo028です。 こんなにジョジョを掘り下げて分析してる本、はじめてみた。マニアにはおすすめ。ジョジョがルーブル美術館や平泉、女性誌やブランドともコラボして、もはや芸術としてめちゃくちゃ評価されてて、本当にすごい。  

今年も、国立新美術館を中心に、第17回文化庁メディア芸術祭「受賞作品展」が開催されます。毎年大勢の人で賑わう、まさに芸術の祭典です。 第17回文化庁メディア芸術祭 http://j-mediaarts.jp/ ポスター… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ジョジョの奇妙な冒険 こんばんは、猫子です。お気づきの方もいると思いますが、先月リンクに「文芸ジャンキー・パラダイス」というウェブサイトを追加しました。(…気のせいか、このリンクを貼… このレビューの続きを見る

先日、女性ファッション誌『SPUR』とジョジョの荒木先生がコラボったという情報をtwitterでたまたま目撃し、遅ればせながらシュプールの10月号を買ってきました。 なんと表紙までもが荒木先生の描き下ろし!! な… このレビューの続きを見る

ホラーの魅力を伝達 荒木飛呂彦といえば『ジョジョの奇妙な冒険』や『バオー来訪者』など、漫画好きであれば誰もが知りうる漫画家だ。そんな氏は熱狂的なホラー映画ファンであり、その魅力を伝えてくれるのが今回の… このレビューの続きを見る

『 岸田露伴 ルーヴルへ行く 』  by 荒木飛呂彦   世界から選ばれた5人の漫画家が ルーヴル美術館をテーマに描き下ろされたコミックス。 日本から参加した荒木さんの 2009年にルーブル美術館にて展示公… このレビューの続きを見る

荒木飛呂彦×ルーヴル美術館“世界一黒い絵"を追って、露伴、美の殿堂へ――!ルーヴル美術館バンド・デシネプロジェクト作品として描かれた荒木飛呂彦初のフルカラーコミック123ページ!

関連する商品