>
[Amazon] RAINBOW 1―二舎六房の七人 (ヤングサンデーコミッ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

RAINBOW 1―二舎六房の七人 (ヤングサンデーコミックス)
RAINBOW 1―二舎六房の七人 (ヤングサンデーコミックス)で自分のブログにレビューを書く

RAINBOW 1―二舎六房の七人

3.2 [3.2](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:161494位
  • Amazon価格:¥ 545
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4091530311(小学館)
RAINBOW 1―二舎六房の七人 (ヤングサンデーコミックス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.2 [3.2]

全22巻。全4章から成り立っていて、1章は、二舎六房の七人の出会いから、兄貴分であったアンチャンとの別れ、アンチャンの敵である佐々木と石原への仕返しまでで、2章は6人のそれぞれにスポットが当てられる。3章で… このレビューの続きを見る

借り物なんだけど一日に7冊も読んだのはものすごく久し振り…。とりあえず虹に合わせて7冊。 関西では遅れて7月からアニメの放送が始まってるんだけど、WORKINGを録画していたらその後これも一緒に録画されてたので… このレビューの続きを見る

 昭和30年、湘南特別少年院・二舎六房での7人の話。 出てくるキャラクターがどきつくていつの時代の話だという感じだ。1970年代の東映か日活でやっていた質の悪いB級ドラマみたいだ。 入所してすぐなのに… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 昭和30年(1955年)、罪を犯し「湘南特別少年院」・二舎六房に堕ちた6人の男たちがいた。彼らは同房にいた年上の『アンチャン』の教えを胸に、出所後、望まないのに向かってくる少年院や世間に満ちた苦… このレビューの続きを見る

  *******    すでにみなさん調査済みかもしれませんが(笑)、 p誌にて塚田先輩が「メンバーで回し読みしてる」とコメントされた書物は こちらでございましょうか? もう18巻出てるようですね… このレビューの続きを見る