DB Error: connect failed トーマの心臓 - 萩尾 望都 のレビュー全17件 JUGEMブログ

>
[Amazon] トーマの心臓 (小学館文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

トーマの心臓 (小学館文庫)
トーマの心臓 (小学館文庫)で自分のブログにレビューを書く

トーマの心臓

おすすめ!4.2 [4.2](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:10696位
  • Amazon価格:¥ 730
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4091910130(小学館)
トーマの心臓 (小学館文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 4.2 [4.2]

名作だけど内容はよく知らず、勝手にトーマが主役で病気の話なのかと思っていたら全然違った。トーマは重要人物ではあるけれど、すでに死んでいてみんなの中の思い出の人のようなポジションだった。 全寮制の学校でそれぞれに悩みがあって、みたいな感じだけど繊細な気持ちというか、描写が丁寧で引き込まれた。最後まで明かされない謎があるのも先が気になって良かった。

 やめてー、せっかく書いた長文が消えてしまったよー。 これも経験か・・・でもさっきみたいな長文は書けそうにない。すまない・・・。 でもさっきよりはすっきりまとまった文章が書けそうな気がするよ。 … このレビューの続きを見る

『 ぼくは ほぼ半年のあいだずっと考え続けていた  ぼくの生と死と それからひとりの友人について 』 以下、文庫版裏表紙より引用しています――――― 冬の終わりのその朝、1人の少年が死んだ。 トーマ・ヴェ… このレビューの続きを見る

 ドイツのギムナジウムを舞台にした、少年から青年へと変化する途中の、思春期そのものの男子たちの物語。  男子校であるギムナジウムにおいて、上下関係や友人関係、グループ、縄張り、命令系統、その当時の… このレビューの続きを見る

* 「死をもって、誰かに伝える」 とは、こういうことなんだなぁ・・・と。 長い一冊を読み終えて思いました。 死んだ人は、残された人の中に生き続ける。 だから誰も、私のために死なないでほしい。 … このレビューの続きを見る

4.2

トーマの心臓

13:13:By 本の虫

何回も読んでやっと、なんというか、納得できた。 読もうと思ったのは、みんながあんまり「すごくいい」って言うからて安直すぎな理由。 あと題名が好きやった。『心臓』って音だけが医学的でかっこいいなぁと。 … このレビューの続きを見る

男子寮の同性愛の話なのに、 そんな次元の問題を超えた人間の愛の話だと思った。 不朽の名作と言われる理由がようやく分かった。

寄宿学校で繰り広げられる、  純真な少年達の愛の物語。

4.2

トーマの心臓

00:14:By LILYROSE Cafe

見つけて衝動買いしました。 この時代のボーイズラブは BLとかの単純なことばで括れるものじゃなくて、 いわゆる俗世的な愛をを昇華させた愛を描きたいから あえて少年愛のカタチをとってるのかなって思っ… このレビューの続きを見る

感情のうごきが好きです。

竹宮恵子と比べながら読むとおもしろい「トーマの心臓」。 ヘルマン・ヘッセの少年文学と比較する人も多いです。 主人公ユリスモールに憧れたのはわたしだけではないでしょう。

萩尾望都の超有名大傑作漫画。 少年の純情さにくらくらしてしまう! ドイツのギムナジウムもの小説を元にしていると聞いてもっかい読み返しました。ヘッセとか、そのヘンの小説が日本のこの手の漫画の基になって… このレビューの続きを見る

☆あらすじ☆ 冬の終わりのその朝、1人の少年が死んだ。トーマ・ヴェルナー。そして、ユーリに残された1通の手紙。「これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音」。信仰の暗い淵でもがくユーリ、父とユーリへの想いを秘… このレビューの続きを見る

4.2

トーマの心臓

14:01:By パン屋再襲撃

イギリス。男子寮のとあるアイドル生徒が事故死した。 後日、優等生で名前を博していた少年の元に 遺書が届く。事故死ではなく、彼は自殺であったのだ。 自殺した彼の幻影に悩まされる。。。そんなある日、 自… このレビューの続きを見る

トーマの心臓に出会ってから萩尾さんの作品をいくつか手にとってみたんですが、やっぱりこれが最高傑作だと思います。 私が無事結婚できて、娘ができたなら、ぜったい読ませたい作品。 帯 ⇒ 『少年の死。ギムナジウムに刻まれた愛と永遠!』 「続きを読む」以下若干ネタバレです。

「聞いた?トーマが死んじゃったって」 誰もが愛した、天使のような少年トーマ。彼はある冬の朝、陸橋から落ちて死んでしまう。 悲しい事故だったと悼まれる最中、ユーリの元に一通の手紙が届いていた。 差出人はトーマ・ヴェルナー。 それは、告白のような遺書だった・・・ 『―神さま― あなたは ごぞんじでしたか』

4.2

トーマの心臓

22:02:By 文法ノート

何度読んでも難しい。 ラストでユーリと同時に明快に「わかった!」となったためしがない。 でも、何度読んでも 学校の雰囲気やユーリの苦悩やオスカーの世話焼きには魅了されっぱなしです。

関連する商品