>
[Amazon] ポーの一族 (1) (小学館文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ポーの一族 (1) (小学館文庫)
ポーの一族 (1) (小学館文庫)で自分のブログにレビューを書く

ポーの一族

おすすめ!3.5 [3.5](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:3493位
  • Amazon価格:¥ 550
  • ユーズド価格:¥ 77
  • ISBN/ASIN:4091912516(小学館)
ポーの一族 (1) (小学館文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.5 [3.5]

全3巻まとめて感想。 永遠の時を生きるバンパネラのエドガーとアランの出てくる漫画。どこか儚い2人と普通の人間の生活が上手く交わらないのかなと思っていたけどそういう話ではなかった。エドガーもアランもどこか不安定な感じもしてそこがまた魅力的なのかなと思いつつ読んだ。

化学のお話ではありません。 環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Partnership) の事です。 経済に詳しくないなりに気になってはいたんですが これで、一体どうなるのか ネット上に解説されてるメリットと… このレビューの続きを見る

麗しき

21:49:By 39℃

 そういえば、やっとこさ買った「ポーの一族」 ずっと気にはなってたんだなーーーーー いやぁ、吸血鬼の話ですが・・・ 最後泣いたなぁ・・・ 切なかったわぁ。 この時代、本当名作ばかりだなぁ… このレビューの続きを見る

  ネットであすかとウメの画像みまくてったら超たのしくって!!笑 うるうるしながらニヤニヤデレデレしまくり。 かなり不気味な姿だったコトでしょう・・・・。 「かわいい〜〜〜(o´∀`o)ふにゃ」とか「… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

さすがに世代ではないんだけど・・・家にあったので読みました。 昔の名作中の名作、なんですよね。「トーマの心臓」と並んで有名なのかな? これは吸血鬼の話。幻想的な様でいて、日常的な学校のシーンもある。 小悪魔とツンデレドラキュラだな。 ・・・本当の萩尾ファンの人に睨まれませんように・・・。 どうでもいいけど、「トーマ」とこれでほんの少ぅしだけドイツ語を覚えたよw

 知る人ぞ知る名作です。 かなり古い絵ですが、そのレトロさがまたいいんです ファッションも吸血鬼と言うテーマにピッタリマッチング! 軽い感じの話しではないので元気のいいときに読むのが良いかも。 文庫版では3巻で完結です。

ポーの一族

16:41:By raibowrain's diary*

恩田陸の光の帝国が好きなら、こういうのも好きなんじゃない? と薦められて読んだ漫画。 割と古い少女マンガで、そんなにどぎつくはないけどちょっと目がキラキラしていたりもします。 でも話の内容は確かによく… このレビューの続きを見る

ドラマCDもでているらしいですね。

3.5

ポーの一族

20:21:By 肉桂と薄荷

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 言わずと知れた名作、と聞いているので、読む前から期待もやはり大きい。 期待のままに、ずんずん、3巻一気に読んでしまう。 で、読んでみてやっぱりすごいと思うので、私にしても名作… このレビューの続きを見る

血を求めバンパネラ(ドラキュラ)一族の壮絶な 何世紀にもわたるお話。 uiさんに借りた。 久々の「超 少女マンガ」w この時代のマンガってすごい「詩的」よね。 ポエムが多い。まるでディズニーのミュー… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:おすすめの漫画 これは良いですねー!! 麗しい吸血鬼のお話しです。 ファッションもさることながら、耽美な物語にうっとりです(*゚∀゚*) 名作・・・!!1 昔のマンガって、綺麗なんよね。 背… このレビューの続きを見る

お借りしている漫画 有名な漫画でタイトルだけは知っていたものの、今回初めて読みました。 時代が前後していたり、以前出てきた人の子孫やなんやで何度かページを めくりなおしちゃった(~_~; で、結局エドガーはあの時・・・なんでしょうか? 時間に取り残されることと大事な人に先に逝かれることがイヤになったのかしら・・・

3.5

ポーの一族 (1)

23:59:By minnygarden

著者:萩尾望都。 文庫版1巻・2巻まで読破。 山岸涼子から始まってレトロ街道進んでいます。 チェリッシュギャラリー作家を読むようにしています。 中野にいた頃は何故かレディースヴィンテージ本の買い… このレビューの続きを見る

人知れず永遠の時を生きつづける吸血鬼「バンパネラ」ポーの一族・・・。 その一族たちと現世の人たちとのかっとうを愛をこめて描いた壮大なドラマの幕あけです。 (コミック1巻作品紹介より抜粋) 『ポーの一族… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品