DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 恋愛写真―もうひとつの物語 - 市川 拓司 のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 恋愛写真―もうひとつの物語

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

恋愛写真―もうひとつの物語
恋愛写真―もうひとつの物語で自分のブログにレビューを書く

恋愛写真―もうひとつの物語

おすすめ!4.1 [4.1](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:268375位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4093861196(小学館)
恋愛写真―もうひとつの物語のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 4.1 [4.1]

あの… こんな素晴らしい小説に こんな私が出会わせて頂いても よろしのでしょうか? ラスト50ページで ここまで泣かせる小説って なかなかないよ? もう夜中に読んでるのに 一人でわんわん声出して、 泣いたんで… このレビューの続きを見る

4.1

☆BOOK

23:14:By Fearless

レビュー省略 でもこの3冊は とってもおもしろいし 好きな作家さんです^^ 

映画『恋愛写真』へのオマージュとして話題の実力派新鋭が書き下ろしたラブ・ストーリーの奇蹟。うーん、男の人の書く恋愛小説が苦手だったのをすっかり忘れていました。 映画の脚本を元に書いた小説らしいけど、ちょっといろいろ無理がありすぎだろうと思ってしまいました。主に静流の事なんですがね…。 静流とのシーンよりもみゆきや関口といった大学の仲間たちといるシーンの方が個人的には好きでした。

 ≪内容≫ 出版社/著者からの内容紹介 堤幸彦監督作品『恋愛寫眞』との共作として、話題作『いま、会いにゆきます』の著者が書き下ろした「もうひとつの恋愛寫眞」。恋をすれば死ぬ運命にありながら、初恋の相手… このレビューの続きを見る

 市川拓司先生の恋愛写真。心が温まる、大学生の恋愛をそのまま純心で味わえる一冊。 大学生のみなさんや、入社1・2年目のOLさんなどへおススメです。 それと、映画化されているので、そちらを見てから、本を読むのもいいかもしれません。 とても泣けます!途中から、涙が止まりませんでした。 気になる方は↑のレビューからamazonへ。

映画の脚本を市川拓司が書き下ろした作品。 映画の影響もあるのか、会話中心なのですぐ読み切れる。 表紙に書かれている文章が印象的。 市川作品すべてに通じるものがあると思う。 別れはいつだって思いよりも先に来る。 それでもみんな微笑みながら言うの。 さよなら、またいつか会いましょう。 さよなら、またどこかでって。

「世界が片思いだけでできていたらこんなに苦しい想いはしないで済むのに。」 まさにこれこそが[恋愛小説]だって思いました。 人よりオリジナルな静流、 コンプレックスのせいで人との距離を常に気にする誠人… このレビューの続きを見る

ずっと前に映画で見て大好きなお話。 今回は原作本読みました。 やっぱ、この話いい! 素敵な話ですよー JUGEMテーマ:読書

堤幸彦監督作品『恋愛寫眞』との共作として、市川拓司が書き下ろした「もうひとつの恋愛寫眞」。 恋をすれば死ぬ運命にありながら、初恋の相手に一途な片思いをつらぬいた切ない愛の物語。 ○●あらすじ●○ カメ… このレビューの続きを見る

4.1

透明感。

00:39:By kaleidoscope 

うん、まさにぴったりだ。 この作品を形容するのにぴったりのことば。 原作も映画も透明で繊細な仕上がり。 市川ファンタジー 『恋愛寫眞−もうひとつの物語−』 『ただ、君を愛してる』 … このレビューの続きを見る

これぞ純愛  あ〜胸が苦しくなる。 それもまたみ〜んないい人で。 こんなに悲しくて、美しい嘘も始めてです。 以下、ネタバレ注意です。 最初は、みんな片思いだったのよね。 切ないくらい。 あ〜… このレビューの続きを見る

映画で見たくて仕方がなかった!!! でも見れなくて残念だった奴。 で、原作を図書室で発見!!!!!! 中間が終わってから行ったら・・・・ 借りられてたー(。□。 ) だから予約したのね?? でもね、2週間以上たっても本… このレビューの続きを見る

先に映画を観ていたので話に入り込みやすく、観ただけじゃ理解しきれなかった部分も描かれていたので読んでよかったです

これも図書室で借りた本 正直、大塚愛がテーマソングを歌ってて、あまりいい印象がなかった映画の小説バージョン でも、読んでよかったって思ったし、そのあとにあの曲をきいてもっとよく思えた:) 最初はな… このレビューの続きを見る

やっとこさ読めました。映画がとてもよかったので、読みました。 最近、映画の原作ものをせめてましたが、どうしても映画と比べてしまって善し悪し感じるところがありますが、これは、小説としても完成されてい… このレビューの続きを見る

静流の一途な思いと不器用な想い。 こんな恋愛がしたい。

「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」 そのためだけに生まれてきた静流(しずる)。 背が低くて、おそろしくきゃしゃな身体の、お世辞にも美人とは言えない女の子。彼女が恋の相手に選んだのは、瀬川誠人、このぼ… このレビューの続きを見る

高校時代、読んだ本。 広末亮子がヒロインやってた同名映画の共作本です、確か。 うろ覚えでスミマセン^^; □あらすじ(アマゾンより)  カメラマン志望の大学生・瀬川誠人(まこと)は、  個性的でとて… このレビューの続きを見る

関連する商品