>
[Amazon] 出星前夜

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

出星前夜
出星前夜で自分のブログにレビューを書く

出星前夜

おすすめ!3.7 [3.7](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:97188位
  • Amazon価格:¥ 5,957
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4093862079(小学館)
出星前夜のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.7 [3.7]

3.7

出星前夜

01:39:By ほんのひとこと

島原半島の南目地域ではここ数年の凶作にも関わらず表高の2倍もの年貢を取られて農民は困窮し、近頃では子どもたちの間で傷寒が流行り出した。庄屋の甚右衛門は長崎まで名医の恵舟を迎えに行くが松倉家の手代から薬… このレビューの続きを見る

  この本を読み伝えてくれた方々へ感謝   人生で一番小説をたくさん読んだと思われる2009年の大晦日に この作品を読み終えることになりました。   人生で一番心を奮わされた作品。   生… このレビューの続きを見る

例えば仕事だとか、プロジェクトだとかが上手くいっていなかったり とんでもなく残業してたり、炎上してたりするのは どこかで誰かが大バカなのだ。 というのが最近の私の持論。 炎上してみんなで徹夜とかしちゃ… このレビューの続きを見る

出星前夜

22:19:By 受賞本

 出星前夜  著者 : 飯嶋和一  受賞歴 : 第35回大佛次郎賞 受賞         2009年本屋大賞 7位         2008年キノベス 1位

飯嶋和一という作家は以前から気になっていた一人である。私は若い頃転勤で短い期間であるが、長崎に勤務していたことがある。その時に長崎が日本史上にはたした大きな役割を、肌身で実感した。史跡等を巡らなくて… このレビューの続きを見る

今までに何度も書いてきていますが、私は歴史オンチで歴史小説に強い苦手意識を持っています。去年『のぼうの城』と『テンペスト』(これは歴史ファンタジーと言ったほうがいいのかしら?)を読んでみたけれど、世… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/1/23〜2009/1/30 [小学館HPより] 4年ぶりの新刊は、読み応え十分の大傑作! 飯嶋和一にハズレなし! ――前作『黄金旅風』から4年ぶり、ファン待望の新刊である。舞台は肥… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品