DB Error: connect failedDB Error: connect failed 僕の死に方 エンディングダイアリー500日 - 金子 哲雄 のレビュー全14件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 僕の死に方 エンディングダイアリー500日

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

僕の死に方 エンディングダイアリー500日
僕の死に方 エンディングダイアリー500日で自分のブログにレビューを書く

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

おすすめ!3.9 [3.9](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:84349位
  • Amazon価格:¥ 500
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:409396520X(小学館)
僕の死に方 エンディングダイアリー500日のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.9 [3.9]

人は皆、生まれた瞬間から死に向かって進んでいる。自分の死とどう向かい合い、どう自分らしく生きるか、その500日を綴った一冊。最後の瞬間まで、輝いて、自分の思うように生きること。簡単ではないけれど、とても大切なことだなと思います。 JUGEMテーマ:自分が読んだ本

死について知りたくて読書。 実は著者の映像はあまり見たことがない。亡くなってから初めて知ったに等しい程度だった。 人は目前に迫り来る死とここまで対峙できるのか。自分の抱えている悩みなんて小さなと… このレビューの続きを見る

 死神の意味は、今までのものがいったん終了するという意味ですね。これは自分で刈り取っているから、私には「自分でまいた種をかりとっている」という感じがあって、自分で決めて自分で進むというカードだと… このレビューの続きを見る

新津からの帰りの電車の中で読破。電車、新潟では滅多に乗る機会がありませんが、移動しながら読書できるのが良いですね。頻繁に利用しようと思います。本日は、午後、新津にて「新潟妊活白書」のインタビューを1件… このレビューの続きを見る

前評判通り、読み進めていくと涙が溢れてしまうので誰もいないところで読んだほうがいいですね…(´;ω;`)元気で明るい金子さんからは想像できない部分も多々あって余計に涙が出ちゃうのかもしれません。

肺カルチノイドで亡くなった金子さんの死までの500日間の事を書いた本。突然、いつ死んでもおかしくないと言われ、死と隣り合わせになってしまったのに、最後まで仕事をしていたいと思い、本当に最期の日まで仕事を… このレビューの続きを見る

 僕の死に方 エンディングダイアリー500日

 昨年、TVの取材をしておられる金子哲雄さんに会った。会ったといっても、取材しておられるところを通りすがりに見ただけなのだが。それから一年も経たないうちにお亡くなりになるとは。金子さんの生前の仕事や人への接し方を知ったのは、残念ながらお亡くなりになられてから。私人として、仕事人として、自分にできることは何か、改めて考えさせられる一冊です。

 流通ジャーナリストの故・金子哲雄氏の著書 「僕の死に方 エンディングダイアリー500日」を読みました。  実際には、買ってあったんだけど、おそらく読むにもエネルギーが必要だと感じていたのでなかなか開くに… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:健康 ワンちゃんに肉球クリーム、虫よけスプレーはいかが? 安心・安全。1つ1つ心をこめて作っています。 アロマショップ『felice フェリーチェ』リンクフリーです。 http://pekingese.cart.fc2.com/ にほんブログ村   ←↑ポチッとね。

今日から2日間タクシー会社様で模擬監査を行います。こちらの会社様春にも模擬監査を受けて頂き今回、二回目前回の改善点は整備されたものの新たな改善点も見つかりました。これは営業ではないので自社でやって頂い… このレビューの続きを見る

 着いた。長い道のり・・・美しいこの景色・・・着いたら、部屋のネット環境で苦労しています。受信してるのに、送信ができない。うぐぐ。うぐぐ。急用の方は・・・スタッフ伴までよろしくお願いします。yu_ji… このレビューの続きを見る

惜しまれながら40代の若さで亡くなった 流通ジャーナリスト金子哲雄さんの遺作となったのが エンディングダイアリー。。 『自分が生きてきた軌跡を総括して、残していく  家族へ何を伝えるか?』 エンディン… このレビューの続きを見る

肺カルチノイドでお亡くなりになられた、金子哲雄さんの本。 自殺の本ではないのですが、正直なところ、私は見られないような気がします。 ……が、手配しました。 私は「自殺」と「余命宣告されるような病… このレビューの続きを見る