>
[Amazon] 100回泣くこと (小学館文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

100回泣くこと (小学館文庫)
100回泣くこと (小学館文庫)で自分のブログにレビューを書く

100回泣くこと

3.1 [3.1](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:210050位
  • Amazon価格:¥ 494
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4094082190(小学館)
100回泣くこと (小学館文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.1 [3.1]

                                    JUGEMテーマ:読書… このレビューの続きを見る

3.1

「100回泣くこと」

19:30:By pooooon !!

中村航さんの小説は、1度、読んだことがあります。「あのとき始まったことのすべて」。とっても読みやすくて、こざっぱりした、大人のみずみずしい恋愛を書くんだなという印象があった。 中村さんの代表作といえば… このレビューの続きを見る

幸せの連続線はどこまでも続くんだ、と思っていた。 ずっとずっと続くんだと思っていた…。 最初から悲しいラストを連想させる感たっぷりなのは好きじゃないな。 でも、「ここが、頂点でもいいな」ってとこ、好きだな。 なんとも言えないモヤモヤを残してくれる1冊だった。 (17日読了)

うーん。これじゃ泣けない。 泣ける話ってこういう内容でしょ、みたいなありきたりな 感じに感情移入は出来なかった。 文体もイマイチ。 ほらうまいこと書いてるでしょ、みたいな感じが 出すぎてる気がする。 でもこの話に出てくる彼女はいい感じ。 そこだけはすごくよい。

だいぶ前に買ったまま読んでなかった本。 最近引っ越しやらなんやらでバタバタしてて本読む時間が無かったけど久しぶりに何か読みたいなぁと思って。 新しいの買う前にこれ読もう。 JUGEMテーマ:読書 

内容(「BOOK」データベースより) 実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何よ… このレビューの続きを見る

毎日、持ち歩いて居たのに、一ページ目すら読まずに一週間ほど過ぎて、 ようやく、ページを捲りました。 想像を膨らませて、読みました。 部屋の色を形を、匂いを、築年数を、思い浮かべて。 出てくる人物達を芸能人に当てはめて、  そこに浮かびあがった世界は、まるでノンフィクションのようでした。 以下、ネタバレです。

愛犬・ブックが死にそうだと実家の母から連絡を受ける。実家には就職以来帰ってない。 犬は浪人時代、図書館で拾った犬だ。バイクの2ストロークの音に反応した。四年眠っていたバイクを蘇らせ、犬に会いに行くこ… このレビューの続きを見る

100回泣くこと

13:23:By

読み終わりました。 何となくしっくりこない。 期待しすぎたかな? 読みやすい文体ではあるんだけどな。 かわいそう、とか、感動とかとは違う感じ。

JUGEMテーマ:読書実家で飼っている愛犬のブックが、危険な状態だと連絡を受けた僕は、彼女の薦めもあり、4年間乗っていなかったバイクで実家に帰ろうと決める。それはブックの大好きだった、2ストロークのバイク。… このレビューの続きを見る

 以前から気になっていたのですが、なんとなく手に取ることがなかった中村航さんの小説。淡々と描かれているからこそ、登場人物の心や感情の揺れ動きが効果的に表現されているように感じました。また、違う作品も読んでみたいと思います。

私が生まれて初めて買った文庫本。 友達と1冊ずつ買って 読み終えたら交換ね! という約束で、私が買ったのが『100回泣くこと』だ。 以下、ネタバレも含みまーす。

−−−−−−−− 実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より大好きだった。四年近… このレビューの続きを見る

3.1

100回泣くこと

14:06:By Phantasmagoria

つまらなかった。 文章も好きじゃない。なんかぼんやりとしている。

3.1

100回泣くこと

04:13:By ETHNOCENTRISM-R

犬が死にそうだ、という連絡が実家から入り、彼女の助言で犬が好きだったバイクを直す事にした主人公。文庫本を本屋で何冊か一気に買ったうちの一冊で、買ってからけっこう時間がたってて、何でこの本を手に取った… このレビューの続きを見る

3年の交際の後、1年間結婚の練習をすることにしたぼくたち。 こんな幸せな生活がいつまでも続くと思っていたのだが・・・。 病気や死が出てくるお話は、それが本当に必要だったのかを 考えてしまうのですが、これはタイトルとラストが良かったですし、 愛する人のために何ができるのかを考えさせられました。

犬が死にそうになっている。 知らせを聞いて、一緒に暮らした思い出を振り返り犬が好きだったバイクを直す。 キャブレター越しに彼女にプロポーズ。 犬も持ち直して、彼女との結婚練習も順調だったとこま… このレビューの続きを見る

読書、再開しました。もうね、ぶわっと読んじゃってますね。 年末に買った3冊のうち、ラストに残しておいた本。 イニシエーションラブにがっとはまって、ガールズブルーはもっかい読まないと感想もかけないな…… このレビューの続きを見る

うーん、 なんだかすーっと読めるのね。 藤井くん、よく頑張ったよ。 ほんとこの世にぽっかり残されるほうは辛い。 たくさんの後悔と生きなきゃいけない。 自分の無力さを痛感しなきゃいけない。 でも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 なんとなく昔読んでた片岡義男風? なんて思いながら読みはじめました。 綺麗で、優しくて、悲しくて、 いろんなところのバランスがとれてて、 まだ本当に大切な人を失った経験がない僕に… このレビューの続きを見る

関連する商品