>
[Amazon] きいろいゾウ (小学館文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

きいろいゾウ (小学館文庫)
きいろいゾウ (小学館文庫)で自分のブログにレビューを書く

きいろいゾウ

おすすめ!3.7 [3.7](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:33956位
  • Amazon価格:¥ 710
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4094082514(小学館)
きいろいゾウ (小学館文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.7 [3.7]

きいろいゾウ

13:32:By nhosan's works

『きいろいゾウ』 映画の方から見たので 内容はちょっと重いと思いながらも 気に入った言葉や映像の部分もあって 意外に数回見返しました 宮韻△いが重くさせない? 向井理も胸に重い物を抱えているけど つ… このレビューの続きを見る

 今年の春に就職した娘が、学生ラストの自由な生活を京都で謳歌してた頃に、読んだ本とのこと。「面白かったから、読んでみれば?」というので、3月に預かったまま・・、本棚に積んでありましたら、7月連休の… このレビューの続きを見る

3.7

きいろいゾウ

22:17:By NaoLOG

絵本「きいろいゾウ」を縦糸に、ツマのモノローグとムコさんの日記を横糸にファンタジーな世界が紡がれ穏やかな時間が流れるが、終盤は一転して鈍い光が差し込み、ムコさんの背中の刺青の謎に迫る胸のざわつく展… このレビューの続きを見る

西加奈子さんの『きいろいゾウ』を読みました。 ストーリーは夫の名は無辜歩(むこ・あゆむ)、妻の名は妻利愛子(つまり・あいこ)。 お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う若夫婦が、 片田舎にやってきたところか… このレビューの続きを見る

 今日は、予定通り、美容院に行ったんだけど、 死ぬかと思ったね…(暑さで…) というか、出かける前にすでに体調悪めでした… 遮光カーテンしてれば、エアコンいらないやって思っていたんだけど、 だめだぁ… このレビューの続きを見る

その昔。少女は、病室できいろいゾウと出会った。青年は、飛ばない鳥を背中に刻んだ。月日は流れ、都会に住む一組の若い夫婦が、田舎の村にやってきた。妻の名前は、妻利愛子。夫の名前は武辜歩。ツマ、ムコさんと… このレビューの続きを見る

今日はちょっとミスをたくさんしていそうで怖いです;; しかも明日嫌な人と一緒なので余計気が重い… 明後日からは連休なのですが予定も無い〜 今日の一冊は西加奈子さんの【きいろいゾウ】です。 【さくら】同様… このレビューの続きを見る

964

21:01:By tubutub u

このお話 好きだ。

3.7

75

17:10:By mezase500

 その昔。少女は、病室できいろいゾウと出会った。青年は、飛ばない鳥を背中に刻んだ。月日は流れ、都会に住む一組の若い夫婦が、田舎の村にやってきた。妻の名前は、妻利愛子。夫の名前は武辜歩。ツマ、ムコさんと呼び合う、仲のよいふたりだった。物語が、いま、はじまる。最新にして最深の、恋愛長編小説。

せかいでいっとう

22:39:By DIARY.jp

今週はレポートをやる以外、ほとんど机に向かっていない……。 反省。 来週はテストがあるよー。 原稿?書いて暗記しなければ。 本がないと書けなさそうだから、明日は図書館に行こうっと。 またまた本です。 また… このレビューの続きを見る

本博士の、お友達推薦の本。 ほのぼの読み進んでいると、最後の方、あわあわさせられます。 登場人物は、ツマさんとムコさんのご夫婦。 ツマさんからみた日常と、ムコさんの日記、きいろいゾウの物語です。 ツマさ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:私の本棚  夫婦ってなんだろう? 子供のいない夫婦にとって 家族って言い切れないところもあるし、 だからと言って恋人というには ちょっと違う気もする。 兄弟でもないし、 友達でもない。 「… このレビューの続きを見る

けっきょく・・・あたしは こういうのがすごく 好きなんだろう。わりと細かでどこか ファニーでかわいくて多少 メルヘンだけどかといって 甘すぎずちょっと 痛くてどこか 寂しくてかなり曖昧で 微妙なことにつ… このレビューの続きを見る

3.7

読書

18:30:By モーモー生活

本を読んでも、読み終わってしばらくたつと、題名がちっとも思い出せないことがすごくたくさんあります。内容は覚えてるのに、なんて本だっけってことが。だから読んだ本はメモしよう。このまえ読んだ本は西加奈子… このレビューの続きを見る

 と、切り替えの早さもウリです、imoame です! 思い返してみれば、僕はずーっと男の人の書いたばかり読んでいました。というわけで、これ。僕はブックオフで800円くらい出してハードカバー版を買ったんですが… このレビューの続きを見る

久々に大好きな本に出会ったので紹介しようと思います。 読み終わった後、『星の王子様』を読んだ後のような、少しせつなくて、あたたかくて幸せな気持ちになりました。

<究極の夫婦愛を描いた作品。作中の童話も楽しめます。>(2006/07/19) 作者の西加奈子さんは1977年生まれ。昨年2作目の『さくら』がベストセラーとなったのは記憶に新しい。 本作が3作目となる。 読… このレビューの続きを見る

久しぶりに、衝撃作。 なんていったらいいか。。 別格。 ファンタジー、ともいえるけど、 素晴らしい。 ムコさんと、ツマ、 夫婦の物語。 繊細な二人の、大きな物語。 大好きな、よしもとばななさんと 同じステージに立ってる作品、そんな感じ。 スケールがでっかいよ。。すてき。

西さん、ちょっと私には合わないかなって思ってたんです。 前に、代表作の『さくら』を読んだときに。 でも、このたびオススメされていたのを見て、図書館で借りてみました。 いやぁ、ビックリですね 面白いじゃ… このレビューの続きを見る

きいろいゾウ

01:18:By mariblo

 西加奈子シリーズ第3弾。ムコさんとツマみたいな夫婦になりたい。ほっこり田舎で暮らしながらも、みんな幸せそうに見えてても、みんなどっかで辛い過去を抱えてる。おもしろかったけどね。穿った見方をすれば、ココねらってます〜ってところが伝わってきちゃったがために、感動半減しちゃった。

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/8/13〜2008/8/16 [文庫裏表紙より] 夫の名は武辜歩、妻の名は妻利愛子。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会の若夫婦が、田舎にやってきたところから物語は始まる… このレビューの続きを見る

西加奈子『きいろいゾウ』(小学館文庫)

西加奈子さんの本は、2冊目。 【さくら】に衝撃をうけて、好きになった作家さん。 へこまされるところではすごくへこまされるし、でも最後にはからっと笑える。 【さくら】もそうだけど、関西弁がいい味出して… このレビューの続きを見る

きいろいゾウ

20:21:By ++MILMEMO++

むねに刺さる、というのはこういう小説のことだ。 久々にぐっときた

ずっと前に、この作者の西加奈子さんのインタビューをテレビで見た気がして、 なんとなーくぼんやりと頭の片隅にあって、気になる人でした。 いつか読んでみようと思っていたような気がして、読んでみました。 (なんて曖昧な・・・) Link

3.7

きいろいゾウ

13:21:By in a drowse...

最近読んだ本。 ここ最近、雑誌等で著者の西 加奈子さんがよく取り上げられているので、私も興味を持って手に取りました。 ちょっとだけあらすじをば。 東京から田舎に越してきた若い夫婦の『ムコ』と『ツマ… このレビューの続きを見る

「東京→移動→電車→暇→読書」 と、一つの方程式(独自)から、もともと読書好きの私はもっともっと読書に熱中してしまうようになった。(毎日、五反田までの約45分は行きも帰りも読書三昧だ) 薄めの文庫なら二日… このレビューの続きを見る

関連する商品

  • あおい

    あおい

    JUGEMレビュー件数:14

    Amazon評価平均:評価平均30

  • しずく

    しずく

    JUGEMレビュー件数:3

    Amazon評価平均:評価平均25

  • ふくわらい

    ふくわらい

    JUGEMレビュー件数:1

    Amazon評価平均:評価平均30