>
[Amazon] 桜嵐恋絵巻 ~ひととせめぐり~ (ルルル文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

桜嵐恋絵巻 ~ひととせめぐり~ (ルルル文庫)
桜嵐恋絵巻 ~ひととせめぐり~ (ルルル文庫)で自分のブログにレビューを書く

桜嵐恋絵巻 ~ひととせめぐり~

おすすめ!4.1 [4.1](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:628283位
  • 定価:¥ 545
  • Amazon価格:¥ 545
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4094521372(小学館)
桜嵐恋絵巻 ~ひととせめぐり~ (ルルル文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 4.1 [4.1]

暑いうちからやらなくてはならないことをする気になれなくて だらだらと本を読んでいたら 母から 「何を読んでいるの?」 と聞かれたので 「その辺にあった本」 と答えたら 「は?」 と言われた。 本当に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本の紹介 詞子と雅遠が桜の下で出会ってから一年。秘する恋とはいえ互いに愛しさは増すばかりで、雅遠は本気で結婚を申し入れていた。だが、詞子は鬼の呪いがある以上結婚は無理だと頑ななままで…。二… このレビューの続きを見る

桜嵐恋絵巻〜ひととせめぐり〜 深山くのえ 小学館ルルル文庫 桜嵐恋絵巻第5弾。 雅遠と詞子が桜の下で出会ってから1年。ようやく二条の家を捨てる決心をした詞子の一歩前進に拍手。ようやく詞子の名前を教えてもらった雅遠にも拍手。2人が桜の下でもう1度出会う場面が好きだ。あと表紙の絵が透明感あって綺麗で好きだ。

JUGEMテーマ:ルルル文庫総合 詞子と雅遠が桜の下で出会ってから一年。秘する恋とはいえ互いに愛しさは増すばかりで、雅遠は本気で結婚を申し入れていた。だが、詞子は鬼の呪いがある以上結婚は無理だと頑なな… このレビューの続きを見る

結婚おめでとう!! めでたいですねーでももとから結婚してたようなものですから、変わったといえば…詞子が妻として意識しはじめたことでしょうか。 とてもとても可愛かったです。 表紙も内容と合っていてすご… このレビューの続きを見る

 シリーズ五巻目。ふたりの出会いから丸一年。ひとつの山場を迎えました。  前巻の感想に書きましたが、艶子がいいです。艶子と詞子が対峙するシーンがとても好き。母親の身分が低い艶子は公卿の娘であることを… このレビューの続きを見る

※ネタばれ含みます Story 詞子と雅遠が桜の下で出会ってから一年。秘する恋とはいえ互いに愛しさは増すばかりで、雅遠は本気で結婚を申し入れていた。だが、詞子は鬼の呪いがある以上結婚は無理だと頑ななままで……。その頃、宮廷では左大臣と右大臣の権力争いが激しくなり、詞子と雅遠の家の確執は深まる一方。そんな中、雅遠は詞子を呪いから解放すべくある秘策を講じた! 二人に幸せな愛の進展はあるのか……!?

関連する商品