>
[Amazon] 桜嵐恋絵巻 ~水底の願い~ (ルルル文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

桜嵐恋絵巻 ~水底の願い~ (ルルル文庫)
桜嵐恋絵巻 ~水底の願い~ (ルルル文庫)で自分のブログにレビューを書く

桜嵐恋絵巻 ~水底の願い~

おすすめ!3.7 [3.7](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:603038位
  • 定価:¥ 565
  • Amazon価格:¥ 565
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4094521771(小学館)
桜嵐恋絵巻 ~水底の願い~ (ルルル文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.7 [3.7]

JUGEMテーマ:本の紹介雅遠の両親は、詞子の存在を一向に認めようとしない。ある日、敵対する右大臣と左大臣家の勢力争いに終止符が打たれる事件が起こる。運命に翻弄されてきた雅遠と詞子に、一筋の光明が見え始め… このレビューの続きを見る

平安くくりの三冊でGO! 「姫君の妖事件簿 ふたご姫の秘密 裏検非違使庁物語」/長尾彩子 時は平安――。椿木は、妖の取り締まり専門組織・裏検非違使庁の紅一点。身寄りがなく、幼い頃の記憶が一切ないものの、… このレビューの続きを見る

桜嵐恋絵巻〜水底の願い〜 深山くのえ 小学館ルルル文庫 桜嵐恋絵巻第8弾。 雅遠と詞子の結婚に山積していた問題が次から次へと解決されていった…。まさか雅遠の父親がこうもころっと陥落してくれるとは予想外。雅遠母と詞子の邂逅もあったし、こちらも時間の問題。 そんな感じで次巻は最終回。

 シリーズ八巻目。  収まるべきところにちゃんと収まりそうでよかったなーと思いながら、にこにこして読んでました。  左大臣が思いの外いい人で、よかったです。考えてみれば雅遠の父親なので、悪い人である… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ルルル文庫総合 雅遠と詞子は、親の反対を押し切り結婚。雅遠の両親は、詞子の存在を一向に認めようとしない。それでも二人は、互いを愛し、慈しむ日々を過ごす。そんなある日、敵対する右大臣と… このレビューの続きを見る

待ちに待った新刊〜♪でも・・次で終わりなんですねぇ・・ちょい寂しい・・JUGEMテーマ:ライトノベル

関連する商品