DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 神の子どもたちはみな踊る - 村上 春樹 のレビュー全23件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

神の子どもたちはみな踊る

おすすめ!3.4 [3.4](23件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:40053位
  • Amazon価格:¥ 529
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101001502(新潮社)
神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(23件) 3.4 [3.4]

聴き続けてきた『英語で読む村上春樹』も、「かえるくん、東京を救う」の解釈はこれで最終回。マシュー・チョジック氏による解釈ではかえるくんも片桐も死んでしまったことになっているけれど、そんな風には受けと… このレビューの続きを見る

神の子どもたちはみな踊る 著/村上春樹 P237   ≪37文字×15行≫ 自己評価:★★★☆☆ 【あらすじ】  1995年、自身はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小… このレビューの続きを見る

地震が引き起こした6つのお話。 『神の子どもたちはみな踊る』 村上春樹 初・村上作品です。 読みやすいってお勧めしてもらったので読んでみたんですが… 確かに文章は読みやすかったです^^; でも、意… このレビューの続きを見る

人って哀しい。 新潮文庫で翻訳本のデザインと同じものを購入した。 なかなか好い絵。

 レビューをしてみました。

のんびりと過ごしております。何事も長続きしない性格。またバイトやめた、い。朝早いのと、3回生なったら全然行けないのと、もろもろ。役立ててないなあとか。3回生になるってことは、就職しようとかする子も周… このレビューの続きを見る

映画化されるというので、まだ原作読んでいないしと思い買ったものの、 どうやら映画が公開される場所が限られている? 大阪なさそう? いずれやってくるのか? よくわからないんだけど、読書がはかどらない秋で… 積読書が増えるな。

村上春樹の短編集「UFOが釧路に降りる」妻に突然捨てられた男が、友人に頼まれて秘密の荷物を釧路に届けたところ、空港に迎えに来た女の子とラブホテルに行く話。夜には安らかな眠りを楽しむことができた。以前のよ… このレビューの続きを見る

<阪神大震災から15年、節目に読むことによってより感慨深いクオリティの高い作品集だと言えそうです。切ない話ばかりですが、読み終えるとなぜか勇気を少し分けて貰った気がするところが素敵なのでしょう。全6篇… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「神の子供たちはみな踊る」村上春樹/新潮文庫  そう言えば「かえるくん、東京を救う」以外を読んでいなかったなと思い出し、上下組みの長編「1Q84」に取り掛かる前の助走として手に取ったら、一… このレビューの続きを見る

今日の一冊は、村上春樹の「神の子ども達はみな踊る」です この小説を読んで、あ〜こういう構成の小説も面白いな〜と 思った 色々な人の視点から、それぞれが抱えた問題や人生について 書かれている小説で、読んでいて面白かった

アメービックが全く読み進まないので、 もう、こっちにも手を付けてます。 アメービックは主人公が錯乱状態に陥ったときにパソコンに 自分に向けての文章を残すという設定なので、 本編の多くを、読み辛い言葉… このレビューの続きを見る

わたしも「かえるさん」って何回も呼んでしまいそう。

どんな物事にも人は少なからず重要にかかわっており、 どう考えても、なにも考えなくても前に進まなくてはいけない。 あらかじめ決められた順番で永遠にそこなわれていく。 それに無理としてもあらがうと 世の中に完全や完璧性を求めては意識下の不合理がおこってしまう。 でもそれでも人は生きるんだとおもう。 夢と現実のバランス。 それが、きっとすばらしいく甘い毒なんだろう。

JUGEMテーマ:本の紹介【以下、2004年5月12日の感想】 これまた短編集の中では異質な作品となっている。 1995年1月17日阪神淡路大震災が起きてから、どこかで地震と関係をしている6人の、震災後が語られる… このレビューの続きを見る

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ どれだけ遠くまで行っても、自分自身からは逃れられない。        (村上春樹) _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_… このレビューの続きを見る

村上春樹さんを好きになるきっかけになった本です。 短編集なんだけど、どの話も凄く素敵です♪ 中でもお気に入りは最後の『蜂蜜パイ』 あっ、でも『タイランド』も好きだなー。 やっぱり全部好きです(笑) 春樹さんは特別ですね。 文章がとても綺麗だと思います。 是非読んでみて下さいね☆

のちほどかきます すごくよかった

地震という要素があるからこその短編集なのだが、そこまで拘らなくても良かったのではないかと思う。まるで取ってつけたような印象を持ってしまい、その時点で感動を呼ばない。「蜂蜜パイ」という書き下ろし短編は秀作だった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ どれだけ遠くまで行っても、自分自身からは逃れられない。        (村上春樹) _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_… このレビューの続きを見る

32冊目の読書日記は、村上春樹の短編集。書下ろしを含む6作品。 内容 1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえ… このレビューの続きを見る

「私はとても平凡な人間です。(中略)ひどい人生です。ただ寝て起きて飯を食って糞をしているだけです。何のために生きているのか、その理由もよくわからない。」 (村上春樹「かえるくん、東京を救う」より) … このレビューの続きを見る

書き下ろしの蜂蜜パイが好き。 どうしようもない人間の心が救われたり 救われなかったり。 でもそれでもいいかなって思える。 結果がどうであれそれも一つの事実。

関連する商品