>
[Amazon] もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)
もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

もし僕らのことばがウィスキーであったなら

おすすめ!3.3 [3.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11488位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 8
  • ISBN/ASIN:4101001510(新潮社)
もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.3 [3.3]

  このブログでも、ウイスキー!ウイスキー!と騒いでるオレですが まぁウイスキー好きなんだな。 好きになったきっかけ やっぱロックンローラーにはウイスキーみたいなイメージ! 酒飲み友達にウイスキ… このレビューの続きを見る

旅に出る。 一冊の本を持って、旅に出る。 そして旅先で一杯のうまい酒にありつく・・・   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 シングル・モルトを味わうべく訪れたアイラ島… このレビューの続きを見る

夜中に大叔母に頼まれたCAMUSのブランデー(コニャック?)をウェブで検索中にふと思い出した。そういや、昔になんか村上春樹氏の本でウイスキーかブランデーのエッセイ、買ったなぁ。。。やおら検索を中断し本棚へ… このレビューの続きを見る

 サントリーの広報戦略の勝利なのか、団塊世代の影響力なのか、現在、ウィスキーが復権しつつある。どこにいってもハイボールがメニューにあったりする。ウィスキーは、やはりシングルモルトでしょと思わず言… このレビューの続きを見る

せめて本の中でもいいから旅を、ということで旅行記。 ウィスキーって1,2度しか飲んだことないけど、これを読むと飲みたくなってしまう。 アイラ島にしてもアイルランドにしても、そこに住む人みんながウィスキーを家族みたいに大切にしてて、そういうのってなんだかいいなぁと思った。 奥さんが撮影した、ブタの像の後ろから覗くネコ、振り向き様のふわふわの羊の写真がかわいかった。

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください 本書は、村上春樹夫妻のエッセイと写真による、「ウィスキーの匂いのする小さな旅の本」です。写真が多く、文章も簡潔なのですぐに読み終わってしまいますが… このレビューの続きを見る

関連する商品