DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 海辺のカフカ - 村上 春樹 のレビュー全48件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
海辺のカフカ (上) (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

海辺のカフカ

おすすめ!3.5 [3.5](48件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11590位
  • Amazon価格:¥ 767
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101001545(新潮社)
海辺のカフカ (上) (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(48件) 3.5 [3.5]

古本屋で200円であったので買い置きしてた。 やっとこ読み終わった。 「いいか、ホシノちゃん。すべての物体は移動の途中にあるんだ。地球も時間も概念も、愛も生命も信念も、正義も悪も、すべてのものごとは… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 どうやったらこういう小説を書く発想が生まれてくるんだろうか。引き出しの奥深さが凄い。 それにしても、なぜナカタさん以外が気を失ったのかがよく分からんな。

風邪を引く

08:21:By full-time life blog

風邪を引いてしまった。休みの日で良かった…。ちょっと最近「内的に」いろいろな出来事があって、それが一段落したと思ったらこのザマなので、体というのはホントに正直にできてやがると感心する。 前に風邪を引… このレビューの続きを見る

 村上春樹作品を初めて読んだ。一見関係がなさそうな登場人物達が少しずつ同じ方向に向かって行くのは面白かった。またわけのわからない設定や登場人物が出てくるにも関わらず「先を気にさせる」というのが凄かった。最終的にラストを迎えて個人的にはあまりまとまりのない作品に思えたため星を二つとした。102、103作目

海辺のカフカ

01:36:By 玉露駅

『海辺のカフカ』 村上春樹 新潮文庫春樹作品を読むと、本を投げつけたくなる、と言った友人がいたけれど、あの彼は、これを読んだら、本をほんとうに半分に捌いちゃうかもしれないと思いました。私はこの作品が… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [村上春樹] 買取価格:¥185 * 2010年4月26日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

海辺のカフカ

12:48:By 記憶ノート

 「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」―15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文 初めて読んだ村上春樹さんの作品がこの「海辺のカフカ」でした。   あまりの不思議さに2日間で 読み終えて、 そのまま上巻に戻り また読みなおしました(笑)   一体なんなの、… このレビューの続きを見る

海辺のカフカ

19:41:By

JUGEMテーマ:最近読んでる本「僕らはみんな、いろんな大事なものをうしないつづける」「大事な機会や可能性や、取りかえしのつかない感情。それが生きることのひとつの意味だ。でも僕らの頭の中には、たぶん頭の… このレビューの続きを見る

  昨日からレビュー続きですが; 村上春樹。 初めて読みました!彼の作品。 なんだかんだいって本はあまり読んだことない人だったので(/Δ\;) 「海辺のカフカ」 何故この本を選んだかというと、、、 本の中にラ・ボエームが出てくる!という情報を手にしたから! RENTーー!!と思って買ってしまいました★笑

これから読んでみます。

22:25:By

けっこう前に買っていたけど、落ち着いたのでそろそろ読み始めようと思います! 村上春樹さんの本は、IQ84が話題になった時に知りまして。 熱狂的なファンの方もいらっしゃるとか。 おお…そこまで熱狂的にさせ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 難しい本だった。 会話が精神論が多くて、なおかつ言い回しが複雑なので理解するのに時間がかかる。 私は、けっこう好きだけれど、嫌いな人は嫌いだろうな、と思う。 ストーリーも読者に推… このレビューの続きを見る

結構分厚いのですが、短い章ごとに区切られているため読みやすかったです。 また、違う場所や違う時代で起きていたことが章ごとに交互に書かれているため、この独立した話がどうつながるのだろうとwktkいたしました (下)もすぐ読みます 「ナカタは頭がわるいものですから」 これ使わせていただきます

最近読んだ本の中で一番はこれ。 いろんな意味で衝撃作だろ! 春樹らしさっていうか、色んな事に挑戦しようとしてる感がうかがえた。 アフターダークにつながる総合小説的な感じかな。 しかし、面白い。 真剣に卒… このレビューの続きを見る

父を殺し母と姉と交わるだろうと父から予言を受けた少年田村カフカは 15歳になる夜家出を決意した。行き先は香川。 甲村記念図書館に入り浸っているうちに父が何者かに殺され カフカは大島さんや佐伯さんに匿われる… このレビューの続きを見る

幾度目かで読む。台風の影響で外出を控えて、お風呂で読書。カフカ少年の心の中も陽射しいっぱいというよりはこのような暗い雨が降りつづいているように思う。整頓された文章って、心地いい。あたしの喋り言葉は思… このレビューの続きを見る

「ねえ大島さん、ひとりでいるときに相手のことを考えて、哀しい気持ちになることはある?」 「もちろん」と彼は言う。「おりにふれてある。とくに月が蒼く見える季節には。とくに鳥たちが南に渡っていく季節には。… このレビューの続きを見る

 この村上春樹原作の『海辺のカフカ』という作品は、書店でみるたび気になっている作品でした。 今回の『1Q84』の報道に触発されて読み出したのが本当のところです。 この作品は想像力を豊かにして読まな… このレビューの続きを見る

今更読んだ

22:40:By 活字中毒

  

昔に、村上春樹先生の「ノルウェーの森」が出た時、早々に読んだのですが、う〜ん私には合わなかったんです。 だから、その後ずっと読まず嫌い状態で過ごしてきました。 最近、「1Q48」が出版されて、あまりに人気… このレビューの続きを見る

なんだか読書ネタが流行ってるみたいで。このへんとかこのへんとか。こんな具合に僕も長風呂するついでに本読み、本読むついで長風呂を最近してます。で、最近読み始めたのが村上春樹さんの「海辺のカフカ」です。… このレビューの続きを見る

村上春樹の本の中でも読んでおきたい一冊 「海辺のカフカ」 この本を読み始めた頃は、色々な話や登場人物 がでてきて、話が全く繋がらないのだが 下巻を読み始めると話が色々と繋がってくる 読んでいて素直な… このレビューの続きを見る

3.5

海辺のカフカ

00:35:By *tumu

 今まで村上春樹を読まずに生きてきたのだけど、つい最近読みました。 海辺のカフカです。 私は小さいときから、本が好きでした。 本の中を旅するのがすきでした。主人公になったつもりで、本の中を探検して… このレビューの続きを見る

p137 生き霊 p238 クロスロード 古い曲 p431 『夢の中で責任が始まる』イェーツ p432 仮説に対する反証のないところに科学の発展はない    仮説というのは頭脳の戦場

「海辺のカフカ」を読み終わる。非常に面白く、ページをめくるのが楽しみな、先を急いでしまいたくなるような、そんな本だったのだけれど、結末にいささか混乱している。悪いとか納得出来ないとかではなくて。うーん。なんだか置いてきぼりをくらった気分だ。田中カフカくん、わたしももっと強くなりたいよ。

以前おともだちにかりてよんだ。 そのときはじめて村上春樹っていう作家に出会って、 すごい衝撃的だった。 なんの接点もない、あったとしてもどうやってつながっていくんだ、 っていうふたつのはなしが、 別… このレビューの続きを見る

3.5

海辺のカフカ(上)(下)

01:42:By Maybe

 全部で5日間ぐらいで読んだと思います。 ノルウェイの森(これは人生で一番衝撃を受けた本だから恐れ多くてレビュー書けない)よりは 終わったあとすっきりしてる。 途中怖くなるところもあったけど、やはり村上氏はすごい。 そして複雑である。 文章が、とかではなくて、もっと内面的なところが。

★━━━━━━…‥・ ■村上春樹 新作について語る■ ・‥…━━━━━━★ ◆作家・村上春樹さんのインタビュー(2008年春)からです。 「『羊をめぐる冒険』を書き終えて、すぐ走り出したんです。  これを書いて… このレビューの続きを見る

★★★★★ 聞き慣れぬ言葉がわんさか レトリック?メタファー? でもおもしろい 『世界の終わり‥』『ねじまき鳥‥』に続くマイヒットの予感 続きが楽しみ♡♡

うちの塾には、約1万冊の本が置いてある。1万冊もあると、私の家から間違って持ってきた、子供には読ませられない怪しい本も何冊かまぎれ込んでいる。 しかし、塾の本棚の中で一番子供に読ませたくない本は、… このレビューの続きを見る

09:21:By y i p

きのうは17時からバイト 久々に家に1人で、久々に図書館でも行こうかなって思ったんだけど 花粉がイヤで外に出る気力もなく てっとりばやく家にある本を読むことにしました。 そして見つけたのが 村上… このレビューの続きを見る

途中、目を覆いたくなるシーンもあったけど、最後まで吸い込まれるように読みふけった。 そして、自分もこの小説の世界観の中に入り込んでしまいそうになった。 一種の現実逃避のような。 この小説にでてくる人… このレビューの続きを見る

最近読み始めました。 村上春樹さんの作品は好んで読んでますが、 今更ながら、此れを読み始めました。 今更!!! なんとなく、避けて通ってきました。 ちょっとした反抗期。 メジャー処は読まない精神。 … このレビューの続きを見る

カフカに出てくる図書館に行ってみたい! と言うと、中学生の娘が「本当にあるんだよ〜川村記念図書館」と、言うではないか・・ 検索、検索・・・・ (-_-;ウーン でもなかなか自分のイメージとは違うような。。… このレビューの続きを見る

暗記、暗記、暗記

05:54:By Study

子供の風邪がうつったのか週末は具合が悪かった…。 長男に続いて次男が嘔吐をしてきっとウイルスだろうなと思っていましたが、やっぱりきました私にも…。いつも順番にやってきます…。嘔吐はなかったけどそれに近い… このレビューの続きを見る

『なんか変な本やったわぁ。へぇ。』 おばあちゃん家にお土産を持っていった帰りにその感想と共にこの本を手渡されました。 主な舞台は私の生まれ故郷の四国は高松。 時差ぼけの私は2日で上下巻読んでし… このレビューの続きを見る

夏休み村上春樹企画(?)第二弾★ 難解な本かと思って読んだけど、意外とさらっと読めました。 たぶん汲み取りきれてない示唆も多々…笑 村上春樹おもしろいわぁ。 次は下巻です♪

最近思うんですよね。世間で流行ったものは、目を通しておくべきだって。 図書館に行ったら、普通に本棚に並んでたので、もう世間のみなさまは読み終わられたのでしょうかね。キリン、得意の乗り遅れですね(笑) … このレビューの続きを見る

カフカ少年の日々と、ナカタさんの謎に満ちた旅が交錯して描かれ、ミステリアスで抽象的な物語が紡がれていく。物語の最後で「この世界はメタファーだ」という発言もあるように、村上の作品は押しなべて「メタファ… このレビューの続きを見る

現在の位置

17:11:By ねずみの図書館

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 意識の視野の白濁をぬぐいとりながら、君は懸命に現在の位置を見いだそうとする。 流れの方向を見さだめようとする。 正しい時間の軸… このレビューの続きを見る

...........................  田村カフカはカラスと読んでいる声と共に僕は家出をした。  行き先は四国と決めてある。夜行バスの中で夜中の十二時を迎えた。僕は十五歳になった。  バスの中で知り合ったさ… このレビューの続きを見る

買ってから4年以上も放置してたのをようやく読んだ。 上下巻合わせて800ページを越える大作。 「メタファー」という言葉がキーワードになっていて 何度も何度も繰り返し登場するし 登場する様々なものがメタフ… このレビューの続きを見る

わざわざ文庫本が出てから読むあたしはけちんぼなんだろうか。。 ハードカバー出たときに読みたかったんだけど・・・ なんせ重いし・・・もちあるくのに。 で、ひさびさの村上春樹w 猫ちゃんいっぱいでてきて… このレビューの続きを見る

海辺のカフカ (上)

19:09:By Ocean Fruits

 GW中に『海辺のカフカ』読みました。姉貴が村上春樹が大好きなので、本はいっぱいあるんですが、なかなか手を付けれなかった。今回思い切って読んでみました。とても難解で感想は書けそうにないです。頭が悪いからしょうがない。あっちの世界とこっちの世界。文学的で、言葉のひとつひとつ、言い回しすべてが村上ワールドだった気がします。  小説を読んで疲れたのは久しぶりでした。

16冊目の読書日記は、家出をした15歳の少年と、猫と話ができる謎の老人の話。 内容 「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」―15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き… このレビューの続きを見る

最近読んだ本。 やはり村上春樹は不思議な人だなぁって思ったね。

3.5

本ログ3

15:48:By

きちんとレビューを書いてなかった気がするので書こうと思います。めて読んだ村上春樹の長編です。 やっぱり村上春樹はすごい。その一言に尽きます。少しずつ繋がっていく二つの物語、「僕」の心、そして「カラス… このレビューの続きを見る

関連する商品