>
[Amazon] 海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
海辺のカフカ (下) (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

海辺のカフカ

おすすめ!3.4 [3.4](29件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:4760位
  • Amazon価格:¥ 810
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101001553(新潮社)
海辺のカフカ (下) (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(29件) 3.4 [3.4]

* 村上春樹の小説を、   読んでいるときは面白くて、引き込まれて、   「上手だなぁ、すごいなぁ」と思ったり、にやっとしたり、しているんですが   読み終わって、レビューを… このレビューの続きを見る

古本屋で200円であったので買い置きしてた。 やっとこ読み終わった。 「いいか、ホシノちゃん。すべての物体は移動の途中にあるんだ。地球も時間も概念も、愛も生命も信念も、正義も悪も、すべてのものごとは… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 どうやったらこういう小説を書く発想が生まれてくるんだろうか。引き出しの奥深さが凄い。 それにしても、なぜナカタさん以外が気を失ったのかがよく分からんな。

海辺のカフカ

01:36:By 玉露駅

『海辺のカフカ』 村上春樹 新潮文庫春樹作品を読むと、本を投げつけたくなる、と言った友人がいたけれど、あの彼は、これを読んだら、本をほんとうに半分に捌いちゃうかもしれないと思いました。私はこの作品が… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [村上春樹] 買取価格:¥230 * 2010年4月26日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

これも冬休み中に読了。不思議ワールドは最後まで続いたけど、なんだかちょっとわかった気もした。わたしには難しかったです。

  昨日からレビュー続きですが; 村上春樹。 初めて読みました!彼の作品。 なんだかんだいって本はあまり読んだことない人だったので(/Δ\;) 「海辺のカフカ」 何故この本を選んだかというと、、、 本の中にラ・ボエームが出てくる!という情報を手にしたから! RENTーー!!と思って買ってしまいました★笑

JUGEMテーマ:読書 難しい本だった。 会話が精神論が多くて、なおかつ言い回しが複雑なので理解するのに時間がかかる。 私は、けっこう好きだけれど、嫌いな人は嫌いだろうな、と思う。 ストーリーも読者に推… このレビューの続きを見る

これは難しい。いや、もうこの物語に意味を求めることが間違っているような気もする いや話の大筋はわかるし、だいたいは呑み込めるが、言葉で説明できるようなものではないし、してはいけないような気もする 露… このレビューの続きを見る

最近読んだ本の中で一番はこれ。 いろんな意味で衝撃作だろ! 春樹らしさっていうか、色んな事に挑戦しようとしてる感がうかがえた。 アフターダークにつながる総合小説的な感じかな。 しかし、面白い。 真剣に卒… このレビューの続きを見る

 この村上春樹原作の『海辺のカフカ』という作品は、書店でみるたび気になっている作品でした。 今回の『1Q84』の報道に触発されて読み出したのが本当のところです。 この作品は想像力を豊かにして読まな… このレビューの続きを見る

  

色々な話が上巻の後半から徐々に繋がりだし、 下巻は、次はどうなるんだ?と気になって 一気に読んでしまった ネットの書き込みを見ていると、村上作品の中で 海外で評価が高いのがこの「海辺のカフカ」らしい … このレビューの続きを見る

3.4

海辺のカフカ

00:35:By *tumu

 今まで村上春樹を読まずに生きてきたのだけど、つい最近読みました。 海辺のカフカです。 私は小さいときから、本が好きでした。 本の中を旅するのがすきでした。主人公になったつもりで、本の中を探検して… このレビューの続きを見る

 久しぶりにレビューを書くよ。 ちょっと懐かしいものをねwww

p31 詩と象徴性は古来、切り離すことのできないものだ。海賊とラム酒のように

異なる別々の方向を向くベクトルが、次第に1つの点に向けて収束する。 そして交錯したその点が物語の終結点になる。 「狙った作品」 それが本書の印象だ。 平易な日本語で語られ、物語の展開も分かりや… このレビューの続きを見る

やっと読み切った。 長かった。 「あれ、こんな展開だったっけ」 ってびっくりすることも何回もあって、 わたしがいかに読み飛ばしていたかが身にしみた。 なんとなくだけど、 表現の仕方がまあるく、やさ… このレビューの続きを見る

3.4

海辺のカフカ(上)(下)

01:42:By Maybe

 全部で5日間ぐらいで読んだと思います。 ノルウェイの森(これは人生で一番衝撃を受けた本だから恐れ多くてレビュー書けない)よりは 終わったあとすっきりしてる。 途中怖くなるところもあったけど、やはり村上氏はすごい。 そして複雑である。 文章が、とかではなくて、もっと内面的なところが。

《ライブスケジュール》          2008/7/8 19:30            新宿SACT! 新宿区, 東京都                                             … このレビューの続きを見る

★★★★☆ 途中までかなり面白かったんだけど、私的にオチが消化不良気味‥ というわけで星4ツ

「普通のどこにでもある風景、そうよね?」 「そうです」 「でももしそれが明日にはもう見られないかもしれないとしたら、それはあなたにとってすごく特別で貴重な風景になるんじゃないかしら?」 「そんなふうにも… このレビューの続きを見る

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 意識の視野の白濁をぬぐいとりながら、君は懸命に現在の位置を見いだそうとする。 流れの方向を見さだめようとする。 正しい時間の軸… このレビューの続きを見る

村上春樹ファンの管理人としましては、ねじまき鳥の次に好きな作品です 謎に包まれた二つの物語が後半一つの糸で繋がる。 戦争というキーワードはねじまき鳥にも共通するところがあります。 本当に、不思議不思議ワールド 読む度また違った感動を得られる作品です。 高知の図書館もまた、現実にありそうな気がしてくるので不思議ですね。

下巻も読み終えました。う〜んちょっと今まで読んだ村上春樹作品とはちょっと違うところも。作家のその時の心情などで、作品はこうも違ってくるのかな…と思いました。 やっぱり不思議な世界が漂っていて、最後まで… このレビューの続きを見る

難しいね、この本… でもすっごいキレイなはなし。

前に読んだけど、2回目。 読み返すと、ほとんど忘れてた。 謎が多い。 考えても自分なりの結論は得られないのが解っているので深くは考えません。 答えもないと思うし。 文章と世界観を楽しめればいいのさ… このレビューの続きを見る

17冊目の読書日記は、前作海辺のカフカ (上)に続く下巻。 内容 四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女―。一方、猫と交流ができる老人ナ… このレビューの続きを見る

実は初めて読んだ春樹さんの本。 いや〜衝撃的でした、こんな素敵な文章があるだなんて・・・!って。 あ、私の春樹ファンはここから始まったといっても過言ではないです。 最後まで意味が分からない・・・っ… このレビューの続きを見る

関連する商品