DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 東京奇譚集 - 村上 春樹 のレビュー全28件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 東京奇譚集 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

東京奇譚集 (新潮文庫)
東京奇譚集 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

東京奇譚集

おすすめ!3.4 [3.4](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11961位
  • Amazon価格:¥ 464
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101001561(新潮社)
東京奇譚集 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.4 [3.4]

JUGEMテーマ:読書    今日一日は名城大の日。モデリングしたコルビジェの小さな家(母の家)に各自が増築するというバーチャルな課題です。    で実は正確には読了は次の日なんですが、… このレビューの続きを見る

村上春樹氏の作品では失われたものを慈しむシーンが度々登場する。『風の歌を聴け』で自殺した恋人の思い出や主人公が知り合った女性の欠けた指の存在。『1973年のピンボール』の冒頭で記される直子との思い出や、… このレビューの続きを見る

東京奇譚集

06:56:By 金魚のアレコレ

読んだ。 最後の品川猿が好い。 嫉妬の感情について考えてみる。

実は村上春樹という小説家を最近まで食わず嫌いしていて、二ヶ月前やっと「ノルウェイの森」を読んだ。結論から言うと、凄く引きこまれたし、今まで読んでいなかったことを後悔したと同時に、これからこの作家の文… このレビューの続きを見る

『『大切なものを失って、その後どう生きるか』』そんなことを問いかけられているような 5つの短編集

   大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きに満ちた世界だった…。 不可思議な運命を辿る5つの物語。 何気に感動した。 「偶然の旅人」が良かった。 (26日読了)

* 同じような短編集に『回転木馬のデッド・ヒート』がありますが、こちらはその「不思議な話版」でしょうか。 私は、動物が話をしたりするような不思議な話はあまり好みではないですが、それを苦痛なく読ま… このレビューの続きを見る

54 東京奇譚集

22:51:By KiLL TiME

 一度は読んでみたいと思ってた本。やっと読めました。 冒頭から作者が登場してちょっと久しぶりの春樹本なのにどきどきしちゃったよw 一番好みだったのは、階段とエレベーターのやつかなぁ・・・雰囲気が好… このレビューの続きを見る

肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却・・・・・・。 大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。 孤独なピアノ調律師の心に兆した微かな光の行方を追う「偶然の旅人」。 サーファーの息子を喪くした母の人生を描く「ハナレイ・ベイ」など、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な運命を辿る5つの物語。

お久し振りの村上春樹。 ? この人の文章はメロン、かウニだ。 (さっそく、メタファーっぽくw) それは両者共、 好き嫌いが“ハッキリ”とわかれるから。 メロンやらウニは美味しいという人もあれば、 … このレビューの続きを見る

日常に起きたちょっとした偶然のようなものや 日常に非日常が紛れ込んでくるようなものを描いた短編集。 最近の村上春樹の長編小説は 個人的にはちょっと物足りないところがあったけど この短編集は偶然性に… このレビューの続きを見る

久しぶりの村上作品です。 これ、タイトル読めますchiakiは勿論読めませんでしたがね笑 「とうきょうきたんしゅう」っていうんですって。読めるか笑 この本は、こないだ神奈川の友達(りなちゃん)と電話したトキに「… このレビューの続きを見る

東京奇譚集

17:29:By RRRR!!!!!

りさの真似っこして買ってみました 変わったことが身の回りに起こる人たちのお話 名前が思い出せなくなる話には若干の無理を感じましたけど 村上春樹の本はたいてい無理があると思う あたしはそれをさらって受け入れられません 嫌いじゃないんだけどさ。 あたしも名前奪われたい

奇譚(きたん)。それは、不思議な、あやしい、ありそうにない話。 しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語-。 --------------------------- れーなの真似してレビューデビュー 海辺… このレビューの続きを見る

不思議な話が詰まった短編集。 偶然の重なりだったり、 少しココロが温かくなったり、 逆に少しヒヤリとなったり。 映像の見える文章。 不思議な感覚のまま読み終わった。 JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:読書 村上春樹の短編小説。これぞ村上春樹といった小説の連続。『アフターダーク』で??ってなっていたけれど、この小説は面白い。 第一編目は村上春樹自身のシンクロニシティ体験。いや、ほんとあるよね。そういうこと。個人的には、全編に渡り、あぁそういうのってあるねぇという心の内部をつつかれているような感覚になりました。

3.4

東京奇譚集

00:56:By

JUGEMテーマ:読書 『鴨川ホルモー』『夜は短し〜』『阪急電車』のほんの少し前に読んでいたのが本作。短編集ですぐに読み終えてしまったのと、後味を味わう時間を空けずに良く言えば個性的な、悪く言えば少々うるさめの本を読んでしまったので、実はすっかり内容を忘れてしまっていた。

昨日から新潮文庫のマークを集め始めました(今更) で、図書館も延滞中で新しい本を借りられなくて 買ってみました村上春樹!!生まれて始めて村上さんの本読みました。 とりあえず図書館の本をさっさと読むところ… このレビューの続きを見る

3.4

東京奇譚集

22:55:By くねくね式

不思議なお話特集らしいです。 最初は、「それってあるある!!」っていうレベルのお話からです。 例えば私で言えば、滅多にテレビに出ない大好きな芸能人がたまったまちょっとだけテレビに出てるのを、ちょう… このレビューの続きを見る

村上春樹の短編集。冒頭に、筆者である村上春樹が登場する。筆者が友人から聞いた話として、物語が始まる。作品ごとに、フィクションの濃度が高くなっていく構成だ。 ゲイのピアノ調律師が、魅力的な中年女性と… このレビューの続きを見る

 前ほどじゃないよね、なんて言いながらもやはり読んでしまう。  ある意味、安心して読めるのです。品川に猿かあ… JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:読書 久しぶりに春樹本(笑) なんで読んじゃうのかね〜好きじゃないのに。 太宰治と一緒か。天才ゆえの吸引力? 結論から言うと、この作品は凡打。 まぁ、春樹氏らしいといえば、非常にらしい… このレビューの続きを見る

個人的には、 「どこであれそれが見つかりそうな場所で」 でお気に入りです。

きたよー!村上春樹の新刊だよー! 今回は短編集。東京って名前がついてるけど短編の舞台全てが東京って訳でもない。 このタイトルだけ見るといしいしんじさんの『東京夜話』を思い出すのですが、あっちは結構舞… このレビューの続きを見る

3.4

東京奇譚集

23:53:By OKULO

 久しぶりに読んだ村上春樹の小説。高校生のころは短編全集を読破して単行本をあらかた読んでしまったくらい傾倒していた。でも春樹くらいになると図書館や図書室で事足りるので家にあるのは『アフターダーク』『… このレビューの続きを見る

おもしろい。 さらっとよめちゃう。 回転木馬と同じ感じかな。 「偶然の旅人」がすき。

 思えば、最近の読書はビジネス書ばかりを読みあさってまして、小説を読むのは久しぶりの感じ。久しぶりの小説といっても、村上春樹さんの短編集ということで非常に読みやすくさらっと読めましたねぇ〜。やっぱ、… このレビューの続きを見る

3.4

東京奇譚集

00:26:By 記録

JUGEMテーマ:読書

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品