DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 斜陽 - 太宰 治 のレビュー全22件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 斜陽 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

斜陽 (新潮文庫)
斜陽 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

斜陽

おすすめ!3.6 [3.6](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:95552位
  • Amazon価格:¥ 367
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101006024(新潮社)
斜陽 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.6 [3.6]

680 斜陽

22:56:By AW

読んだ。

3.6

斜陽

11:15:By 図書実験室

 太宰治といえば、昔アニメにもなった「走れメロス」を挙げる方が多いと思います。あれは友情の価値を問う「人間の可能性を肯定した作品」であり、明るい作風の短編でした。しかし、かれの生涯や作品を追っていく… このレビューの続きを見る

3.6

斜陽

15:26:By 散り際に咲く華の如く

9月の100分de名著は太宰治の「斜陽」。 主人公・かず子の一人称で綴られる、戦後の混乱から没落していくとある華族の物語。かず子をして最後の貴婦人と言わしめる母、戦地から復員してきた弟・直治、妻子ある小説… このレビューの続きを見る

 今日の写真は、ひっそりと冬を待つ玉蔵院の枝垂れ桜です。毎年春になると、見事な花を咲かせて、見せてくれます。きっと来年も。今日の「音読日めくり」は、 太宰治『斜陽』より↑上のPLAYボタンをクリックし… このレビューの続きを見る

太宰治で好きというか、寧ろそれを超えた、私自身に影響を与えた作品は 「女生徒」と、「斜陽」。 中学生のときに読んで、衝撃が走ったというか。 夢中で読んでいたのを覚えている。 太宰治って、とても人間… このレビューの続きを見る

白のラナンキュラスは綺麗じゃのぅ。 中学生の頃に斜陽を読んだ記憶があるのだが、今回読み返してみて「あぁ」と思い返される箇所が全然なかった、ということは読んでなかったのか。ふむ。 主人公の弟が好きな女性の名前が「スガちゃん」で、それが「スガヤン」というおっさんくさい名前だったら自殺するほどの深刻さを伴わなかったものじゃろうて、うむうむ。

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:読書  太宰治と言えば、多くの人が教材として走れメロスを読んだことがあるだろう。 小学校だか中学校だか忘れてしまったけれど、面白怖く読んだ記憶がある。 心温まる友… このレビューの続きを見る

斜陽

22:37:By 【Pangaea】

太宰の描く人間には、完全な悪は一人もいない。 と僕は勝手に思っている。 世間を知らない、許されぬ恋を革命で叶えようとする自己陶酔する華族の生き残りの娘。 真面目さ故に不器用で、弱さ故に歪んでしまい、酒… このレビューの続きを見る

斜陽/太宰治

21:32:By

☆あらすじ 2度の大戦を終えた昭和20年頃、首長である父を戦争で失ったかず子と彼女の母は没落貴族として生きなければならなくなった。弟の直次は出兵したきり還らず、家を売り払い叔父が用意した伊豆の山荘で暮ら… このレビューの続きを見る

ご存知、太宰治の名作「斜陽」です。押し入れの入り口に毛布を用意している秋口のような安心感。

3.6

斜陽

13:00:By DoWhat10!

 中学時代?チャレンジして失敗した作品。  帰省時、母が買ってたので持って帰った(母も途中で断念 苦笑)  昔の小説は、苦手だけど意外と読めたなぁ。  直治の死生観は私と近いかも。    

太宰治といえば「人間失格」で死の印象が強いけれど、これは懸命に「生きる」という印象を受けました。 みんなどんな生き方にせよ懸命に生きていて、命を削ってるんだなって。 なんだかんだでだらだらと人生は続いていて。 たしかに自ら命を落とすのも一つの選択かもしれないけど、やっぱり自分は人生続けていくんだろうなと思った。

斜陽 (新潮文庫)

16:57:By 読log

久しぶりの太宰。読みやすかった。 緩やかに滅んでいく登場人物たちに部分的に共感したりハァ?ってなったり。 お金ないなら働けよ情緒もプライドも知らんがな、って思うのは私が貴族じゃないからだと思います。

3.6

読書三昧

20:09:By バライロノアシタ

 唯一続いている趣味である読書。 今年に入ってからほとんど本を読んでなかったので、最近は意識的に本を読むように しています。 最近読んだ本をいくつか紹介したいと思います。 まずはこれ。 初めて読ん… このレビューの続きを見る

初レビュー!!! いつも携帯からしか書かないからこんな機能があるのを知らなかった← 就活に向けて好きな本を読み返しています。 こわいこわいなんて言いながら、なるべくして選ばれたものになろうと就活してます。 … このレビューの続きを見る

 とりあえず髪の毛乾くまで読むかーと開いたら最後まで読みきってしまった本。読みやすさが異常。タニジュンがサラサラならこちらはスルスルといった感じ。ほどよく目に留まって、内容を汲み取れる感じです。文体… このレビューの続きを見る

3.6

斜陽 (新潮文庫)

17:33:By 花がたり

ここのところ忙しい日が続いて思うように本が読めない。。(><) この秋はちょっと忙しくなりそうだからペースがだいぶ落ちるかもしれないなー・・・ ま、しょーがない。 私がこの本に惹かれた一番の理由は、主… このレビューの続きを見る

斜陽

11:16:By

 

ある没落貴族の家庭を舞台に、登場人物四人四様の滅びの姿を描く。 裏表紙にはぐだぐだと長ったらしく書いてありますが、これだけでいいと思います。 何度も日記に書いていますが私は古典文学が苦手で、小学生… このレビューの続きを見る

斜陽 / 太宰治

22:50:By irving

 評価:★★★★☆ 4.5  初太宰でした。あまりに衝撃的。冒頭からなんだか滲み出る、凄み。  “そうして私の胸の中に住む蝮みたいにごろごろして醜い蛇が、この悲しみが深くて美しい美しい母蛇を、いつか、食… このレビューの続きを見る

斜陽

18:02:By たちばな

蛇は革命を起こそうとする心を表しているんでしょーか

斜陽

23:35:By .

"人間失格"は読了。 読んでおいてよかったと思う本でした。 文学では現代文学しか読んでなかったので、今回の読書においては、太宰治という人格の方に興味が湧きました。内容もそうなのですが、文体が破滅的なと… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品