>
[Amazon] パンドラの匣 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

パンドラの匣 (新潮文庫)
パンドラの匣 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

パンドラの匣

おすすめ!4 [4](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:157475位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101006113(新潮社)
パンドラの匣 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 4 [4]

JUGEMテーマ:読書感想文 偶然立ち寄ったソウルの本屋でめずらしく定価で買った本。 表題のパンドラの匣と、正義と微笑が収録。 高校のときに愛読していた雑誌オリーブで、太宰治を愛読しているっていう 読者… このレビューの続きを見る

「健康道場」という風変わりな結核療養所で、迫り来る死におびえながらも、病気と闘い明るくせいいっぱい生きる少年と、彼を囲む善意の人々との交歓を、書簡形式を用いて描いた表題作。 社会への門出に当って揺れ動く中学生の内面を、日記形式で巧みに表現した『正義と微笑』。 いずれも、著者の年少の友の、実際の日記を素材とした作品で、太宰文学に珍しく明るく希望にみちた青春小説。

 オオタの桃色MOOKを見たくて、今日も夜な夜な本屋へ出向く。 生誕100周年。映画も相次いで封切されるとかで、文庫本コーナーにも太宰本がいっぱい。 サトウエリコも、カワカミミエコも、マツさんも見てみたい… このレビューの続きを見る

4

すこやかな心

21:24:By 日々のあわ

太宰は、はたちのころに夢中になって読んでいました。 収録されている『パンドラの匣』・『正義と微笑』はどちらも 男の子が主人公のお話です。 戦争が終われば新しい日本になると太宰は信じていて、 希望を持… このレビューの続きを見る

 昭和17年・20年刊の青春小説2作。相変わらず平易で読みやすい文章です。【粗筋】 風変わりな結核療養所で、迫りくる死に怯えながらも、病気と闘い明るくせいいっぱい生きる少年と、彼を囲む善意の人々との… このレビューの続きを見る

これに収録されている「正義と微笑」が好き。 内容は中学生の日記。 太宰の作品は沈んだ時に読むとなかなか抜け出せない。 惹きこまれるものはある。 最近の小説に比べて大正文士の作品の文章にはチカラがある。 深く鋭く抉られる様な、力強さ。

関連する商品

  • 津軽

    津軽

    JUGEMレビュー件数:4

    Amazon評価平均:評価平均45

  • 惜別

    惜別

    JUGEMレビュー件数:1

    Amazon評価平均:評価平均40

  • ヴィヨンの妻

    ヴィヨンの妻

    JUGEMレビュー件数:16

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 新ハムレット

    新ハムレット

    JUGEMレビュー件数:5

    Amazon評価平均:評価平均30

  • 晩年

    晩年

    JUGEMレビュー件数:10

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ろまん燈籠

    ろまん燈籠

    JUGEMレビュー件数:4

    Amazon評価平均:評価平均35

  • お伽草紙

    お伽草紙

    JUGEMレビュー件数:4

    Amazon評価平均:評価平均45

  • もの思う葦

    もの思う葦

    Amazon評価平均:評価平均45

  • グッド・バイ

    グッド・バイ

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均35