DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed こころ - 夏目 漱石 のレビュー全31件 JUGEMブログ

>
[Amazon] こころ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

こころ (新潮文庫)
こころ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

こころ

おすすめ!3.6 [3.6](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:24437位
  • Amazon価格:¥ 400
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101010137(新潮社)
こころ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.6 [3.6]

こころ

21:38:By かきなぐりR

いい加減、純文学を読まなくてはと思い購入 ベタですが、夏目漱石にトライした次第です 以下、続きにて

今日の写真は、恵那川上屋の春限定 栗きんとん「里長閑」です。冬限定の干し柿でくるんだ栗きんとんも絶品ですが、春は、自然薯を使用した練り切りで包まれています。コブシの花に見立てた甘くて柔らかい皮が、お口の中で優しく溶けていきます。「音読日めくり」は、夏目漱石『こころ』よりです。▶音声ファイルはこちらから

  Amazonでの内容紹介(あらすじ) 「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」の三部からなる、夏目漱石の長編小説。 拭い去れない過去の罪悪感を背負ったまま、 世間の目から隠れるように暮らす“先生”と“私”との… このレビューの続きを見る

3.6

こころ

20:37:By トトガ御用達

 JUGEMテーマ:読書くもんのすいせん図書I-5

微BL度 ★★★☆☆ おすすめ度 ★★★★★公式HP│Wiki│pixiv私と先生派?先生とK派? *あらすじ* 親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品… このレビューの続きを見る

読書の夏

23:24:By ドリーとイナゾフ

なんです。 朝起きて、会社に行って、小一時間仕事をすると、空き時間。 最近、そんな日が続いています。 その間に、外に出て、色々用を足せれば良いのですが、 あくまでも勤務時間という名義で会社内に拘束… このレビューの続きを見る

先生

19:01:By 本のない子に海がある

 『こゝろ』を読み終える。実に六年振りの再読である。  窓を眺めながら、級友たちが『こゝろ』の一節を音読するのに耳を傾ける。段々とKの死が近づく。級友たちの声は淡々としていて、抑揚がなく、迎えたKの自… このレビューの続きを見る

3.6

こころ

19:22:By ddd

素晴らしい作品というのは、読後の感覚が文章で表すことが出来なくなるものだ。 この作品も例に洩れずそうである。 強いて月並みな言葉で表現するならば、 心にぽっかりと穴が空いたような喪失感、そ… このレビューの続きを見る

何年かぶりに再読した。真っ白な装丁になった文庫本。この内省的なところがやっぱり日本人なのか、すごく共感できた。前に読んだときも面白かったと思うがさらに深く楽しめたというか、こういう名作は読むごとに新… このレビューの続きを見る

3.6

こころ

18:20:By Hey,Doc!

JUGEMテーマ:読書 私は今自分で自分の心臓を破って、 その血をあなたの顔に浴せかけようとしているのです――。  夏目漱石の代表作となる長編小説。友情と恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人より、恋人… このレビューの続きを見る

3.6

こころ/夏目漱石

20:24:By

家の本棚にあった。 自分で買った記憶もないし、読んだ記憶もない。 暇なので読んだけど、まあおもしろい。 「先生と遺書」のとこは読んでてちょっと難しいと思った。 ある意味、恋愛小説。三角関係。 明治だから… このレビューの続きを見る

『こころ』

23:16:By つれづれぱぺり

 夏目漱石、実は「坊ちゃん」しか読んだことがなかったのです。 「学生時代に読んで影響・衝撃を受けた本」として挙げる人が 何人かいて、今さらだけど読んでみようと思い立ちました。 大学生である「私」が… このレビューの続きを見る

 Kを裏切ってまでして手に入れたお嬢さんを生涯幸せにすること、それが償いにもなると思うので幸せにしてほしかった。でも辛い、つらすぎる。 「私は貴方にきらわれているかもしれない」 「私じゃどうにもできなかった、救えなかった」 結局、彼女のこころに黒い染みを残してしまった、そう思います 過去を話してもらった方がまだ白いままでいられたのではないでしょうか ヒトらしい人間のお話

買うと、宣言してからすぐ買ってしまいました。 中学か高校の頃、一部教科書にのっていて、勉強しました。 国語のテストでは「この時のKの心境を100文字以内で表現しなさい」 的な問題が出て「んなもん知るか」… このレビューの続きを見る

アスファルトの上は暑い。天気予報の気温よりも数度は高く感じる。仕事に合間に、その暑さから逃げるように飛び込む本屋。涼しく、静かで、快適だ。こんな季節には特にありがたい存在だ。 この季節の本屋の店頭… このレビューの続きを見る

こころ

10:13:By 金魚のアレコレ

限定カバーの映像が アマゾンでUPされていたので 改めて。

3.6

こころ

03:27:By Phantasmagoria

中学生か高校生のときに読んで以来、久し振りの再読。 やはり漱石の文章は好きだ。 人間の利己。 『彼岸過迄』『行人』に続く後期三部作の第三作。

3.6

こころ

23:21:By Shima-cogi on the Masuroom

中学のときかな?教科書に第三部だけのってて、Kという人物が特に印象に残ってた。 なんかね、おれにしてはとっつきにくいんだけど、なぜか三島由紀夫だとか夏目漱石とか昔の有名な人(書き方が小学生みたいw)… このレビューの続きを見る

3.6

こころ

03:12:By my日記

学校の教科書にも載ってましたよね、夏目漱石の「こころ」。 この話は上中下から成っていて、それぞれに「先生と私」、「両親と私」、「先生と遺書」とつけられています。 当初は短編集の題名を「心」とする予… このレビューの続きを見る

親友の想い人を掠め取ってしまう男の話。 青空文庫で一気読みしてしまった。 それから、君は今、君の親戚なぞの中に、これといって、悪い人間はいないようだといいましたね。しかし悪い人間という一種の人間が… このレビューの続きを見る

☆あらすじ☆ 親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品。鎌倉の海岸で出会った“先生”という主人公の不思議な魅力にとりつかれた学生… このレビューの続きを見る

心情がとても繊細に描かれていて、痛々しいくらいにせつない。 そんななかでの「先生」の決断にハッと息を飲んでしまう。 苦悩を描いていて読み進めるのは大変だったけれど、珠玉の名作だ、と頭で感じました。

いやぁ、この話はすごいね。 図書館で見つけて久しぶりに読んでみたくなり読みました。 高校の時かな?夏休みの宿題かなんかで出されて読んだの。 これがおもしろいんだよね。 いや、おもしろいって言葉で… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読んだー。 なんか前に読もう読もうと思って途中で放棄してた気がしたんだが、なんだか読んでみたら読んだことあるような気もしてもしかしたら読んだことがあったのかしらんとも思う。 … このレビューの続きを見る

尊敬する先生は、過去にこころに大きな傷を負っていた。その過去を知りたいと願うわたしに、送られてきた長い先生からの手紙。 「読書会」の8月の課題図書です。 8月に一度借りてきたのですが、体調が悪く読… このレビューの続きを見る

前に読んだけど更新し忘れてたやつです(笑) 夏目漱石、初めて読みました。 前の現代文の時に、教科書をなんとなく見ていたら読みたくなって、本屋で文庫を買ってきて読みました(文庫が意外と安くてびっくり… このレビューの続きを見る

3.6

こころ

23:38:By Girlish Book Diary

現国で読むのが課題だったので読みました。 今まで、つまらなそうだと思って敬遠してたけど、 以外と面白かったです。 特に後半の、先生の手紙部分が良かった。 恋と友情のジレンマに陥った先生は 結局友人… このレビューの続きを見る

親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品。鎌倉の海岸で出会った“先生”という主人公の不思議な魅力にとりつかれた学生の眼から間接… このレビューの続きを見る

こころ

21:53:By 東風ロケットマン

ニートという言葉がない時代がうらやましい。 ******************* 寝る前にアイスを食べるかプリンを食べるか迷います。 メタボリックがとまらない☆☆ 最近、授業で… このレビューの続きを見る

3.6

こころ

02:10:By chibi/sun

週に1度のオフ どこか行くのもいいけど、今日は1日読書をした −−−うーん、何読もうかなぁ? −−−久しぶりに小説でも読んでみたら?一度読んだやつとか。 この会話をきっかけに、本棚から「こころ」… このレビューの続きを見る

夏目さんの最高傑作といっても過言ではないかと。 言わずと知れたこの話、高校の教科書に載っていましたね。 凄く好きなんです、ブログのためにまた読んでしまったくらいです。 人間の心が揺れ動く様を、ここ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • 門

    JUGEMレビュー件数:8

    Amazon評価平均:評価平均30

  • 三四郎

    三四郎

    JUGEMレビュー件数:12

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 坊っちゃん

    坊っちゃん

    JUGEMレビュー件数:18

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 人間失格

    人間失格

    JUGEMレビュー件数:56

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 彼岸過迄

    彼岸過迄

    JUGEMレビュー件数:2

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 行人

    行人

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均35

  • それから

    それから

    JUGEMレビュー件数:7

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 草枕

    草枕

    JUGEMレビュー件数:8

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 吾輩は猫である

    吾輩は猫である

    JUGEMレビュー件数:7

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 明暗

    明暗

    JUGEMレビュー件数:2

    Amazon評価平均:評価平均30