>
[Amazon] 羅生門・鼻 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

羅生門・鼻 (新潮文庫)
羅生門・鼻 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

羅生門・鼻

おすすめ!3.8 [3.8](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11356位
  • Amazon価格:¥ 400
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101025010(新潮社)
羅生門・鼻 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.8 [3.8]

「羅生門」作・芥川龍之介   ■あらすじ  主人から暇を与えられ、無職になってしまった男の話   ■感想 有名なお話ですが、実は最近になってやっとこ読んだ物語です。 何… このレビューの続きを見る

僕ももうかれこれ24年生きている24年もこの体と付き合っていると体にもおかしなところが出てくる僕が自分の体の中で一番困っているのは鼻だ鼻の穴だ自分で書きながら恥ずかしいけれど、書かずにはいられない僕の鼻… このレビューの続きを見る

 「羅生門」「鼻」「芋粥」は、「蜘蛛の糸・杜氏春」同様、 小学校高学年〜中学生の授業や課題図書で、ほとんどの人が読んだことがあると思う。 だからって子供向けの本ではなくて、「運」以降は大人っぽいお話も入… このレビューの続きを見る

3.8

羅生門・鼻

23:39:By 我は人である

48冊目の読書日記は、芥川龍之介の初期に描いた作品が多く収録されている、『羅生門・鼻』。 内容 京の都が、天災や飢饉でさびれすさんでいた頃の話。荒れはてた羅生門に運びこまれた死人の髪の毛を、一本一本と… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品