>
[Amazon] 金閣寺 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

no image
金閣寺 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

金閣寺

おすすめ!3.3 [3.3](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:1792位
  • Amazon価格:¥ 693
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101050082(新潮社)
金閣寺 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.3 [3.3]

金閣が燃えたら綺麗だと思いませんか。 炎と金が、ゆらゆらとゆれて まるで地獄の業火のように そう言われたとき、想像してしまうであろう。 火のなかの金閣寺を。美しき地獄ではないか…と私は思います。 人がほんとうに美しく感じるものは、美の破壊なのではないのか?一瞬、そんな考えが頭をよぎります。 それこそ禁忌なのでしょうね。

 私の想像する、三島由紀夫の作品でした。燃え上がる男臭さ。 昔、海外の友人に、「日本人なら『キンカクジ』を読まないと」と言われたのですが これを英語で読んで面白かったのか聞いておけばよかったです。… このレビューの続きを見る

夏休みに買って、つい先日読みました。 川端康成の『瓢箪とこま』を読んだときに近い読後感でした(私の場合)。 自分に何か執着するものを持って、ときに自分を苦境に立たす。 それとどう向き合うのか。 な… このレビューの続きを見る

3.3

最近読んだ本

17:26:By sweet lemon tea

金閣寺 人に借りなければ、三島由紀夫の本に出逢うことはなかったと思う。衝撃を受けました。難しい文章でわからない所が多くてもおもしろかった。ショッピングの女王も借りなければ、読まない部類の本だと思ってた… このレビューの続きを見る

ミシマですよ~。御本人は有名なのでよく知っていながら、小説の方は難しそうなので避けてました。この金閣寺の放火事件もテレビでは見たことあって、興味があったので三島さんの1冊目に選んでみました。ということ… このレビューの続きを見る

look at me, look at me

21:52:By 日日淡淡

  ようやく全試験が終わった。不思議な1週間だった。初日から最終日まで、ただただ毎日朝を迎えてはいやな気分になっていた。「嫌」というより「厭」って漢字の方が、しっくりくる。朝も、夜も、試験も、食… このレビューの続きを見る

3.3

金閣寺

15:49:By うちゅうへびゅーん

  図書館で借りて読みました。 実際に借りたのは1960年のものなのだけど 画像がでないので、画像は新しい方で 難しい作品でした

  今日はひさしぶりにひとり横浜まででかけてきました。 こないだオープンしたばかりの神奈川芸術劇場 のこけらおとし作品「金閣寺」をみに。 http://www.kaat.jp/pf/kinkakuji.html 原作は三島由紀夫… このレビューの続きを見る

あちい

14:52:By

 買ってしまったヽ(^o^)丿 動機は不純だけど久々に本買ったのう。 メモ:あさイチ11日

ふと、ここのところ何か読んだかなあと思って思い返したら、ここ三カ月で読んだ文庫本、たった三冊…しかも内一冊がっつり自分の趣味方向の専門書じゃないの!そして暗い本ばっかり!(笑) 最近本当にまじめな本・自… このレビューの続きを見る

これを読んでいる時程、読書を面白いと感じた事は過去にないと思う。 知性によって文章を読み解いて、感性によってその内容に浸る。 哲学的思弁と芸術的感受性の両方を主体的にフルに使って読まなければ、この作品… このレビューの続きを見る

こんばんわ。木曜日ですね。 木曜担当のゆりちゃんこと副部長です。 前回は、一つ前のブログにあるよう、学外オリエンテーションに 参加したため、やむなくお休みさせていただきました。 さて、今回のお話は、歌… このレビューの続きを見る

私が気やすく★5とか付けるのがおこがましいと感じるほどにすごかった。 私はまだきちんと理解できていない。難解であるし、不親切だ。でもだからこそもっと理解したいという気持ちがある。三島せんせいは、本当に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ・この本を読んだ理由・ 今学校で「近代文学を読む」という、週1で1冊近代文学を読んでみんなで報告しあうみたいな授業をとっていて(受講者5人)、その授業のためっていう理由がひとつ。 あ… このレビューの続きを見る

3.3

三島由紀夫【金閣寺】

14:16:By

 難しい。理解しがたい思想だと思った。大江健三郎よりは読みやすかったけど、主人公には全く共感できず。悪…?思い込みが激しい狂人としか思えず…。彼固有の美意識、金閣寺の恐ろしさ美しさみたいなのんは感じられた。

金閣寺

13:09:By ザ・4ビート

 こないだ三島由紀夫の「金閣寺」を読みました。 金閣寺のお坊さんが金閣寺好きすぎて燃やしちゃうっていうあの有名な金閣寺ですね。実際にあった事件をもとにして作った小説です。おもろいやつです。 実際にあ… このレビューの続きを見る

3.3

金閣寺

01:12:By ほんのひとこと

吃音で貧弱な私は父から聞かされる金閣寺に至上の美を想像していた。 父に連れられて見に行った最初の金閣は煤けた三階建てにすぎなかったが その前を離れると金閣は再び美化されるようになる。 父の死をきっか… このレビューの続きを見る

3.3

金閣寺 (新潮文庫)

06:01:By 花がたり

三島作品を読んだのは、「潮騒」に続いて2作目。 「潮騒」があれだけこざっぱりした純愛小説だっただけに、「金閣寺」のくどくどしさには何度となく狼狽しました。 本作品は実際にあった事件を基に描かれたもの… このレビューの続きを見る

「金閣寺」読了。 1950年の金閣放火事件に題材を取って。 放火犯の青年の独白という形で書かれた小説です。 このボキャブラリーの豊かさはなんなんでしょう。 普通使わないよね、という言葉が続出。 宮城… このレビューの続きを見る

3.3

金閣寺

05:53:By ByeByeGerman

1ユーロ

久しぶりに純文学なんて読んでみようかと思い 手に取った作品。 三島由紀夫読むのも初。 自意識が強くて屈折した主人公で 読んでいてアクが強くて辛い時もあったけれど。。 すばらしいのは情景描写。 そこにある景色をたくさんの表現を使い、 豊かに伝えてくる。 美しいものを愛して求めている主人公。 美しいものを愛して描いている作家。 とても鮮やかな色彩を感じる作品。

JUGEMテーマ:Book review 三島由紀夫代表作『金閣寺』 いろいろ迷ったあげく、あえてこの本を最初のBook Reviewに選びました! 読む難易度「難しい」

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品