DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 春の雪―豊饒の海・第一巻 - 三島 由紀夫 のレビュー全13件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)
春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

春の雪―豊饒の海・第一巻

おすすめ!3.7 [3.7](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:4486位
  • Amazon価格:¥ 767
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410105021X(新潮社)
春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.7 [3.7]

春の雪

14:02:By 活字中毒になれない

こんなに生きることの有難さを知った以上、それをいつまでも貪るつもりはございません。どんな夢にもおわりがあり、永遠なものは何もないのに、それを自分の権利と思うのは愚かではございませんか。私はあの『新し… このレビューの続きを見る

3.7

綺麗な物語

15:38:By Amber

 恋愛小説なだけじゃない・・・  ・・・ベタな恋愛小説としても面白い  続編はやく買わなきゃ  

 PHP友の会に1年ぶりに参加してきました。東京支部はすなお塾という名前で運営されています。久しぶりにお会いする方々は、それぞれお変わりなくお元気な様子。40代が一人、60代が数人で、他10数名は70代、また数… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 大好きなChikirinさんのブログで紹介されていた1冊。「日本語ってこんなキレイな言語なんだ!」と、しばしページを繰る手が止まるほど感動しました。美意識の固まり。三島由起夫氏の遺作です。 … このレビューの続きを見る

さとこです。

01:50:By めがねかけて

  今日はひさしぶりにひとり横浜まででかけてきました。 こないだオープンしたばかりの神奈川芸術劇場 のこけらおとし作品「金閣寺」をみに。 http://www.kaat.jp/pf/kinkakuji.html 原作は三島由紀夫… このレビューの続きを見る

3.7

春の雪

16:04:By nekopage memo

今ごろ三島由紀夫の代表作、「豊饒の海」四部作を読んでいます。。やっぱり三島さんの文章は美しいよなぁ。。。そして清顕は三島さんの少年時代なんだろうな、、と読みながら感じました。私も若かったときの無知な… このレビューの続きを見る

3.7

MANSHIROW乱読記6-春の雪

17:45:By

春の雪 (新潮文庫―豊饒の海) 最初に映画観て、なんじゃこりゃ!と落胆したので原作を読んでみました。 あ、映画じゃ無理だわ、と納得の内容です。でも映像にしたくなる気持ちもわかる。 やたらと美辞麗句が… このレビューの続きを見る

 文学シリーズです。  今回読んだのは、三島由紀夫の春の雪(豊饒の海)です。  大正時代の上流階級や皇族を舞台にした転生の物語。    物語としては、超単純化すると、ずっと好きだった聡子という女性… このレビューの続きを見る

★★★★★ 「君はのちのちすべてを忘れる決心がついているんだね」 「ええ。どういう形でか、それはまだわかりませんけれど。私たちの歩いている道は、道ではなくて桟橋ですから、どこかでそれが終って、海がは… このレビューの続きを見る

石油ストーブで不正改造・東芝製、安全装置働かず   東芝製の家電を修理・補修する東芝テクノネットワーク(東京・台東)は5日、1987―2001年に東芝が製造した石油ストーブで、修理・点検の際、安全装置を… このレビューの続きを見る

3.7

春の雪

18:57:By 後光の擦り切れ

自業自得。 タイミングがずれてしまうと悲劇になるということ。 今まで読んだ作品(「仮面の告白」「金閣寺」しか読んでないが)よりは読みやすい。 そして文章・表現が美しいなと思った。 多分この作品に三島由紀夫は彼なりの美意識で美しい表現を紡ぎだそうとしたのではないかと。 少なくとも読んでるときにそう感じた。 豊饒の海シリーズの続きが読みたい。

三島文学の代表作、豊饒の海の第一部。 華族松枝家に生まれた清顕。 清顕の恋と転生の物話。

感情の機微が見事に詰め込まれた、綺麗で儚いストーリー。 日本語が元々持っている美しさ・繊細さを最大限に引き出して描かれた作品だと思います。 詳しくはそのうち書きます。たぶん。

関連する商品