DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 奔馬―豊饒の海・第二巻 - 三島 由紀夫 のレビュー全4件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)
奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

奔馬―豊饒の海・第二巻

おすすめ!4.3 [4.3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:9722位
  • Amazon価格:¥ 810
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101050228(新潮社)
奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 4.3 [4.3]

奔馬

21:46:By 活字中毒になれない

僕は幻のために生き、幻をめがけて行動し、幻によって罰せられたわけですね。……どうか幻でないものがほしいと思います。 昭和七年。 38歳、控訴院判事となった本多は飯沼勲と… このレビューの続きを見る

4.3

奔馬

11:47:By nekopage memo

「春の雪」の淡いキラキラしたせつない世界からすると、「奔馬」はギラギラした真夏の太陽のイメージでしょうか。清顕が三島さんの少年時代だとすると、勲は三島さんの青年時代でしょうか。というか、清顕も勲も三… このレビューの続きを見る

 文学シリーズ 第四弾。  今回は、前回の「春の雪−豊饒の海」の続編になります。  昭和初期の右翼思想の若者、飯沼勲を主人公にした物語です。  この勲という青年は、春の雪での主人公である松枝清顕の教… このレビューの続きを見る

親の心、子知らず。 子の志、親不知。 オトナはわかってくれない。 豊饒の海第二作。 5・15事件後の時代が舞台。 少年の純粋な想いの美しさが描かれている作品。 前半が古典引用・右翼思想で苦しめられますが、そこをなんとか超えて下さい。 後半の法廷劇から一気に面白くなりますので。 衝撃の畳がけ。

関連する商品