>
[Amazon] 氷壁 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

氷壁 (新潮文庫)
氷壁 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

氷壁

3 [3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:23828位
  • Amazon価格:¥ 907
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101063109(新潮社)
氷壁 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3 [3]

3

まずは二冊

21:26:By @ぽーちゃ

 偶然に図書館で手に取っただけで、つながりは全くないの あるキング・・・、一番伊坂さんの著作のなかで入り込めなかったもの。 氷壁・・・、井上靖さんの作品は、私に合うのかな、時代を超えて、その作品へ入り込むことができる。これも他の作品と同じでした。

3

氷壁

19:50:By 何番目かに大事なもの

いろんな角度から楽しめて、けっこう厚い本だけど、ぐんぐん引き込まれて、あっという間に読めてしまう。 企業と企業の関わりの問題。 製品の性能と欠陥。 事故の原因究明と実験の限界。 エンジニアの立場、報道の… このレビューの続きを見る

氷壁

15:13:By 受賞本

 氷壁  著者 : 井上靖  受賞歴 : 日本芸術院賞 受賞

登山

19:10:By 金魚のアレコレ

登山にあこがれて 体力ないので とりあえず 読書から。 んが、 ほとんど山には登らず。 ひたすら死因を探ってる。

0158. 09035. 氷壁

15:45:By Cool Mouse

もう少し、山の話が欲しいなぁ。山に登りたいと思ったかもしれないのに。 そして、ザイルで引っ張り過ぎだ、変化ある展開が欲しい。 それに結論がどうもなぁ。 常盤さんの人間性が好感。 --- 「登山は単なるス… このレビューの続きを見る

奥穂高の難所に挑んだ小坂乙彦は、切れる筈のないザイルが切れて墜死する。 小坂と同行し、遭難の真因をつきとめようとする魚津恭太は、自殺説も含め数々の臆測と戦いながら、 小坂の恋人であった美貌の人妻八代… このレビューの続きを見る

氷壁

13:39:By 金魚のアレコレ

以前にも記事にしましたが やっとこ読み終えました。 これ、登山小説というより恋愛小説なんですね。 職場の登山家から聞きました。 なるほど〜。そう言われればそうかも。 井上靖は「あすなろ物語」を読んだくらいなのですが 静かな文体が好いなあと。 たくさん話す上司でさえ 私には静かと思えてしまう。 無駄が無いからかなあ。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品