>
[Amazon] 華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)
華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

華麗なる一族〈上〉

おすすめ!3.5 [3.5](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:264910位
  • Amazon価格:¥ 961
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101104123(新潮社)
華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.5 [3.5]

山崎豊子さんが亡くなったのを契機に読んでみました。 最近の小説のような軽妙さもなくズッシリとした小説でした。 久しぶりに読後残る感がありました。 関西にいると距離感がわかって面白い。 しばらくこの人を読んでみようと思います。

「華麗なる一族」が面白い。 山崎豊子は良い作家だと思う。「大衆文学」のお手本のような小説を書く人だ。 「白い巨塔」や「大地の子」や「沈まぬ太陽」では、長大な文庫本を一気に読んでしまった。読者を本に吸引… このレビューの続きを見る

 一年前くらいでしたか、これのドラマ化は。 作者はきらいじゃないので、購入して読んでみました。 最近、移動が多いので、かなり体に負担きてるなあって感じなのですが それでもそんな移動の中の唯一?とも… このレビューの続きを見る

3.5

華麗なる一族 上巻

16:11:By Monkey Walk

重くのしかかるような内容の分厚さで読み応えがありすぎるくらい。 木村拓哉さん主演のドラマを一話目をみたことがあったので、万俵鉄平が話のメインで物語が進むのかと思いきや(上巻を読んだかぎりでは)阪神銀行頭取である万俵大介(鉄平の父親?)視点や万俵銀平(鉄平の弟)視点であるなど場面ごとに話の中心人物の視点に目まぐるしく変わっていくので、内容を追いかけるのに結構苦労したものの読んでいても退屈しなかった。

JUGEMテーマ:読書の楽しみ  最近、読書してる心的余裕がない。なんてこった! ゆえに、本屋にすら行ってません。ほしい、というか買うと決めている本はあるんですが。 それはさておき、今月読んで衝撃だった小説はやはり「万俵家の一族」とつい言ってしまう「華麗なる一族」だ。 ぐだくだ感想記は続きから。

JUGEMテーマ:読書の楽しみJUGEMテーマ:日々徒然   雪もちらついて、冬らしく寒いですね。寒いのはそんなに嫌いではないのですが、今年は身にしみます。辛すぎるぜ。 しょんぼり目な日々をしょんぼりしつ… このレビューの続きを見る

相当前に一度読んだことがあるが再読。 中堅銀行を司る華麗なる一族とは、まさに血とカネ、権力、策略が渦巻く世界。その世界は一族の繁栄と権力を握った藤原氏の閨閥を再現するようなものだ。ただ、女性の地位… このレビューの続きを見る

業界ランク第10位の阪神銀行頭取、万俵大介は、 都市銀行再編の動きを前にして、 上位銀行への吸収合併を阻止するため必死である。 長女一子の夫である大蔵省主計局次長を通じ、 上位銀行の経営内容を極秘… このレビューの続きを見る

ドラマと平行して読みました。 原作を先に読んでしまうと、キムタクが鉄平だということに、少なからず違和感を覚えます。 本格銀行小説!! 山崎豊子の小説は、初めて読みました。かなり時間がかかった…。 内容… このレビューの続きを見る

..................................................  万俵大介は亡き父の後を継いで阪神銀行の頭取になり、今では全国第十位の都市銀行にまで発展させ、万俵グループである万俵鉄鋼も阪神特殊鋼と改称し、近… このレビューの続きを見る

大長編! 文庫で,3冊。 通勤時間にじっくりと読みましたさ・・ なれない金融系や鉄鋼の名前が多く いつも以上に時間がかかってしまったのよ。 うーん, 華麗なる・・だったよ。 読む前はさほど興味なか… このレビューの続きを見る

Drama

13:18:By Tsurezure-Naru-mamani

友達に借りた本をやっと読み終えました。 今、話題の「華麗なる一族」全3巻。 長かった・・。そして、経済に疎い私にとっては、チンプンカンプンな所も多々あり・・・。 要するに「小が大を食う銀行の合併」と… このレビューの続きを見る

木村拓哉主演で本日最終回のドラマ『華麗なる一族』 冬のシーンの一部が、富良野ロケというのは、富良野好きの方なら ご存じかと思います。 みなさんは、富良野の何処かはもうご存じですか? ブログランキングに登録しています。 富良野情報発信のために1日1クリックお願いします。 ありがとうございました。

『華麗なる一族』 今期、最も期待していたドラマだったのですが…。 私は、山崎豊子さんは結構好きです。 何冊か読んでいます。 勿論筆頭は『白い巨搭』『女の勲章』『暖簾』『ムッシュ・クラタ』… どれ… このレビューの続きを見る

 なんで句点使わずに読点ばっかり使うんだろうこの人。。。  山崎氏の本は『白い巨塔』以来2作品目です。そのときは特に気になった記憶は無いんですが、今回はとにかく読点が気になって気になって(−−;)一般… このレビューの続きを見る

関連する商品