>
[Amazon] 壁 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

壁 (新潮文庫)
壁 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

おすすめ!3.7 [3.7](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:10958位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101121028(新潮社)
壁 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.7 [3.7]

壁 (新潮文庫)

13:28:By C'est moi !

  

お腹すいた。とにかくパスタ作ろう。ユカリを混ぜるだけ。実家がに子供用ミシンをXmas贈り物に。ピンク色の土台に羊がまんまミシンになってる。袋を作る母とのシーンを姉が実況中継写メールにて。愉しそうやん。良かったね。沢山遊んでもらうんだよ。

3.7

11:54:By GRICO'S DIARY

グッときました。 グッとくる要素しかなかった。 一ヶ月ほど前に 「The museum "BABEL" 」というタイトルの絵を描いたので、 二話目にバベルの塔の美術館というのが出てきて おわぁっ と思った。 なんだか得意なきぶん。 たまにあるよね。 この本は宝物にしよう。(ブック○フで買ったけど) まさに、こんな絵が描きたいんす。

 壁 S・カルマ 氏の犯罪  著者 : 安部公房  受賞歴 : 第25回芥川賞 受賞

JUGEMテーマ:読書 ある日突然、自分の影を妙な動物に持っていかれてしまった詩人の男。 影を奪われ、実体をなくし、透明人間になってしまった。 目玉だけの透明人間である彼は、人間に迫害され、妙な動物に連… このレビューの続きを見る

3.7

安部公房/壁

00:10:By 快天BOOKS

「壁」=「ある空間を遮る絶対的な概念」を発見したことが、安部公房の出発点なのだと思う。それは例えば読者と作品との間の「壁」であったり、主人公と物語世界との間の「壁」であったりする。非常にナンセンスだが、どこかリアリティを失わない。SFのような論理性と、ファンタジーの幻想・奇怪な要素も備える。一言でカテゴライズし難いが、少なくとも完成された小説という感じはする。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品