DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 燃えよ剣〈下〉 - 司馬 遼太郎 のレビュー全13件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)
燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

燃えよ剣〈下〉

おすすめ!4 [4](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:1596位
  • Amazon価格:¥ 853
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101152098(新潮社)
燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 4 [4]

再び燃えよ剣を読み、男は節義に生きるべきと考え直しました。 やはり、人生を生きるのにさしたる意味はなく、意味を持たせるのは自分自身なのだと、そう思うのですあります。

今日は字の練習はせずに、司馬遼太郎さんの燃えよ剣を読んでました。なんか男の浪漫があって、本当に良い作品です。京都の新撰組の名所に行ってみたくなりました。就職先が決まって、お金に余裕が有れば行ってみようと思う。

大です、こんばんは。今日は読書レビューっす。 読破所要時間:8時間 あー、なんつうか新撰組っすね。 土方歳三さん目線での、新撰組の歴史が語られるものです。 敬称はさんづけで正しいかは激し… このレビューの続きを見る

司馬遼太郎の名著、燃えよ剣を再読いたしました。土方歳三、新選組の書籍。司馬文学のなかでもかなり意義のある著書であると思う。土方が、佐幕派の下り坂の時勢の中で、心ならずも幕府と会津の配下となり恩を受け… このレビューの続きを見る

燃えよ剣

21:58:By 黒船屋

今日はこどもの日やし、かなり前に読んだ司馬遼太郎の「燃えよ剣」の感想を書こうかなと思います。 土方歳三の誕生日は旧暦だと5月5日で、新暦だと5月31日らしい。 でも個人的には新暦でもこどもの日に祝いたい。 だってあの鬼の副長の誕生日がこどもの日とか…笑← 銀魂の土方さんの誕生日も5月5日だったはず。 誕生日、銀魂たまに忠実と一緒やったりしますね。 以下だらだらと「燃えよ剣」感想。

4

さこんたすけて

21:40:By Sky Hine Memo

Xperiaさー感想書くとかいいつつなんかもう何書いたらいいのかわからん買う価値はあると思うでもこんど上位機種でるんだって?いや、別に後悔はしないさわたしいっつも奇数番を買ってしまってる人だからこういうこ… このレビューの続きを見る

4

燃えよ剣〈下〉

21:01:By

 東京旅行の前に読んでたんですがやっとレビューできます^^; あー土方歳三かっこよすぎるっっ…!!これに尽きますね感想は!!笑 沖田総司や近藤さんもいいですが、この本についてはやっぱ土方さんがめちゃめちゃ… このレビューの続きを見る

主人公:土方歳三 舞台:多摩〜箱館 好きな場面:沖田さんとの場面。おゆきさんとの場面も。 好きな台詞:土方:「新選組副長が参謀府に用がありとすれば、斬り込みにゆくだけよ」 感想:有名ですね。新選組好… このレビューの続きを見る

この作品に出会えたことで、(おおげさだけど)人生が変わった感じがします。 こんな素敵な作品には、今まで出会ったことがなかったです。 もちろん、心に残って忘れられない本は沢山あるけれど。 私の歴史(主に幕末)… このレビューの続きを見る

函館に行ったので。そしてマモが飛行機で終始読んでいたので。幕末に新撰組がどのようにして興り、消えていったのか。副長の土方歳三を中心に話は進んでいく。元々田舎から出てきた成り上がりなんだけど、最強の武… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ・出版社/著者からの内容紹介・ 幕末の日本で、敵からも味方からも最も恐れられたのがこの男。 幕末の動乱期を、新選組副長として剣に生き、剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑なな生涯。… このレビューの続きを見る

最高にカッコいい、この一言に尽きます。 歳三とお雪の関係が、好き。 最後に「新撰組副長」と名乗るところが、好き。 たとえ全てが実話でなく創作だとしても…かなり良いです。 上巻よりも下巻が好きかも。

前投稿、燃えよ剣 (上巻)に続く、2冊目の読書日記。 内容 元治元年六月の池田屋事件以来、京都に血の雨が降るところ、必ず土方歳三の振るう大業物和泉守兼定があった。やがて鳥羽伏見の戦いが始まり、薩長の大… このレビューの続きを見る

関連する商品