>
[Amazon] 関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

関ヶ原〈中〉

おすすめ!3.8 [3.8](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:6658位
  • Amazon価格:¥ 810
  • ユーズド価格:¥ 114
  • ISBN/ASIN:4101152136(新潮社)
関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.8 [3.8]

今年の初書き込みが遅くなりました。いよいよ放送が迫った大河『真田丸』は実に楽しみですが、そのなかでも中盤のクライマックスとなるだろう関ヶ原前後の場面がいまからまちどおしいです。真田氏が親子兄弟でわか… このレビューの続きを見る

「関ヶ原 中」

20:00:By moji*lib

なんか家康のほうが一つも二つもウワテだあ〜(汗 それよりもお家安泰を願う日和見大名のなんと多いことよ・・・。人心って、いつの世も利益と自己保身でなりたっているのかしら(涙 日和見の大名、家康に味方して… このレビューの続きを見る

 「関ヶ原の合戦」を石田三成vs徳川家康視点で描いた小説。全三巻というボリュームながら、面白すぎてあっという間に読むことができました。 言われているとおり、関ヶ原の合戦は謀略戦であったんだなぁとい… このレビューの続きを見る

真ん中の中巻読み終わりました。 石田三成と直江兼続の約定を始め いよいよ関ヶ原戦に向けて全国的に動き始めてきた感じです。 そんな中で有名な「直江状」のエピソードが熱いですね。 豊臣家につくか、徳川… このレビューの続きを見る

この中巻は上巻とややことなり、家康と三成という東西両軍のトップよりも、全国各地の大名諸侯が、野心や保身や日和見に右往左往するさまが詳細に描かれてるのが読みどころではないでしょうか。 まずは上杉家に… このレビューの続きを見る

関連する商品