>
[Amazon] 花神〈上〉 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

花神〈上〉 (新潮文庫)
花神〈上〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

花神〈上〉

おすすめ!3.8 [3.8](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:10954位
  • Amazon価格:¥ 767
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101152179(新潮社)
花神〈上〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.8 [3.8]

 上智大学の大阪サテライトキャンパスでの講演会参加記は少し後回しにして、今回は、「八重の桜」の冒頭シーンを半ば眠りながらみながら、思ったことを書いてみようかと。今回の八重の桜を見ながら、もっと昔の大… このレビューの続きを見る

花神の上巻を読みおえた。司馬先生は本当に素晴らしい文学を書くなぁと感心しきりです。かなり一気に読み終えました。#かたや会社の推薦図書である”ホワイトスペース戦略”は全然読み終わりませんが。村田蔵六と福… このレビューの続きを見る

3.8

花神。

20:59:By mumumu

JUGEMテーマ:読書こんばんは☆毎日暑いですね。サッカー、日本が3点先取でリードです。がんばれ日本!!さてさて久々に。司馬遼太郎、『花神(全三巻)』読破。時代は幕末。周防(今の山口県)出身の大村益次郎の… このレビューの続きを見る

3.8

おやっ

18:32:By Sky Hine Memo

上巻の感想書いたつもりだったんだけど燃えよ剣でとまってるよでも上巻はケータイ購入時期とかぶってしっかり読めなかったから、まとめて書いとくあらすじを一口で言うと山口県のとある村に住んでた医者・村田蔵六… このレビューの続きを見る

3.8

花神

10:13:By Apple JAM

 中国で言う花神とは花咲か爺のことだが、司馬氏曰く革命の初期段階には思想家が出、次の段階には行動家が活躍し、最後の段階で実務家が革命を完成させるという。大村益次郎が活躍するのは上記の過程でいえば… このレビューの続きを見る

まーあの幕末が好きで。 あの時代っていうのは本を読めば読むほどに面白いんですが。 この本も幕末のお話。 大村益次郎さんという方が主人公です。 長州藩の医者であり、学者であり、軍の総司令官になった人… このレビューの続きを見る

ずっと気になっていた本があったことを思い出して、調布市中央図書館で借りた。以前NHKの大河ドラマにもなったことがある。幕末の長州軍、明治新政府の総司令官として活躍した大村益次郎(村田蔵六)を描いたものだ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品