>
[Amazon] 影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)
影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

影武者徳川家康〈上〉

おすすめ!3.7 [3.7](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:69229位
  • Amazon価格:¥ 853
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101174156(新潮社)
影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.7 [3.7]

3.7

影武者徳川家康 上

13:34:By keynote

本当は平谷美樹さんの『義経になった男』が 読みたかったのだけれど、図書館になくて断念。 新聞広告の一文を思い出す。 隆慶一郎『影武者徳川家康』以来の傑作歴史小説だ! そうか・・・ではやはり読まな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  舞台は関が原の合戦から始まる。石田三成方の島左近配下にある忍、甲斐の六郎が合戦の最中、家康暗殺を命ぜられる。首尾よく暗殺を果たす六郎。自らも傷を負いながらも、陣に戻って報告をする… このレビューの続きを見る

小学校の頃に、なぜかクラスで伝記が流行ったことがあって 図書館の伝記をみんなで競うように読んでいた。 もちろん小学生向けの簡単なヤツなんだけど、 戦国武将も一通り読んだはずなのに 内容はすっかり忘れて、… このレビューの続きを見る

影武者徳川家康

10:10:By 受賞本

 影武者徳川家康  著者 : 隆慶一郎  受賞歴 : 1989年このミステリーがすごい! 9位

 一気呵成とはいかず2ヵ月近くかかりました。  ほかに色々借りたり買ったりで、時々思い返した読んでたせいもあるんですが。 流石に関ヶ原→家康死去までのアウトラインはうっすらでも記憶にあるのと。また本書… このレビューの続きを見る

「影武者徳川家康(上)」隆慶一郎 544p新潮社 関が原で、家康が討たれてしまう。とっさに、影武者だった二郎三郎が 家康に成り代わり、何とか 勝利に導く。 二郎三郎という影武者 と家康を討った武田の忍び六郎の話なのだが、なかなか入り組んでいて面白い。 大阪の陣まで どんな風に なるか楽しみ。

1989年版(平成元年)このミステリーがすごい!【国内編】9位作品 JUGEMテーマ:読書

関連する商品