DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 六番目の小夜子 - 恩田 陸 のレビュー全43件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 六番目の小夜子 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

六番目の小夜子 (新潮文庫)
六番目の小夜子 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

六番目の小夜子

おすすめ!3.5 [3.5](43件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:15742位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101234132(新潮社)
六番目の小夜子 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(43件) 3.5 [3.5]

この頃は新潮文庫のマークを集めて、グッズゲットを狙っていました(笑) そんな不純なキッカケで手にした作品以下、続きにて

3.5

全てのはじまり

22:43:By おひさま

 お久しぶりです。ここ最近色々なことがありました。そのことについてはまたの機会においといて...確かに少し関連性はあるのですが、今回は私の大好きな本の紹介をしたいと思います。学生時代の長期休暇に本の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  その学校に、3年ごとに現れる「小夜子」、それは学園伝承なのか、単なるイベントなのか?最初の引きこみ方は上々。なんだろう、どうなっていくんだろうという展開もテンポよく、ますま… このレビューの続きを見る

あらすじ: 「私には話しかけないでください。この学校で友達を作るつもりはありません」季節はずれの転校生・昭島こころは、クラスメートを前にいきなり宣言した。自分を押し込め周囲に合わせることで、自らの居場… このレビューの続きを見る

地方の高校にあるゲーム、それは3年に一度、サヨコと呼ばれる人物が選ばれるというもの。 今年は6番目のサヨコの年でした。 サヨコに選ばれた人物は自分がサヨコだとばれなければOK。 そうするとその年は進学率… このレビューの続きを見る

3.5

「六番目の小夜子」

20:15:By

  ―

3.5

Another

11:02:By The Samantha Times

あらすじ: その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミ… このレビューの続きを見る

 10年近く前にドラマを見た覚えはあったのですが、その当時の記憶も曖昧です。ただなんとなく、怖かった小夜子のイメージだけはあります。今更ながらに小説を読む機会があったので読んでみました。サヨコを取… このレビューの続きを見る

あらすじ: 「さくさくとクリスピーでリズムよく読ませる文体。これは天性のものだ!」――石田衣良氏絶賛。横浜の女子高生の切ない三角関係を描く学園ファンタジー。 読みやすかった・・・。 でも、「名門女子校を… このレビューの続きを見る

 「六番目の小夜子」 恩田陸 著 学校に伝わるサヨコの伝説。

六番目の小夜子

19:23:By クオリア

本屋さんで見つけました。 昔、テレビでやってたのを思い出して買ってみた。 正直テレビの方はあんま覚えてない。 学校に伝わる小夜子伝説のなんとなくと 栗山ちあきさんが出てた事しか記憶にない。 本を買っ… このレビューの続きを見る

 中学生の時に読んで以来でした。NHKの夕方のドラマでやっていたように思います。 ドラマの怖さもさることながら、当時中学生だった私には小説も十分恐怖を感じるものだったのですが、年を取ってから読んでみ… このレビューの続きを見る

六番目の小夜子

11:39:By 受賞本

 六番目の小夜子  著者 : 恩田陸  受賞歴 : 第3回ファンタジーノベル大賞 ノミネート

 昔、NHKでドラマがやっていたのですが、そのときの主人公が鈴木杏で、小夜子が栗山千明でした。なので、小説を読んでいても、ずっと、頭の中で小夜子=栗山千明が動いている映像が流れていました。 小説では、ドラマよりも小夜子が普通の女の子として描かれていて、好感がもてました(ドラマはとてもミステリアスに描かれていました)。

JUGEMテーマ:小説/詩 JUGEMテーマ:読書 これも105円で購入。 最初、不気味だな〜と思う内容ですが、学園生活の様子とかは中々楽しい。 自分もこういう経験できたら良いな〜と思うような生活ぶりで^^… このレビューの続きを見る

読書感想文用のオススメ本としても昔からずっと紹介されているし、ドラマ化されていたことも知っていたのだけれど、ちゃんと読んだことはありませんでした。チラっと見たドラマの雰囲気が何となく不気味な印象で怖… このレビューの続きを見る

とある進学校では、 三年毎に「小夜子」なる存在が全校生徒の中でひそかに受け継がれ、 そしてその存在はその年内に誰にも気づかれず、 何か「行動」を起こさなければならない・・・ そんな変な風習があった。 … このレビューの続きを見る

 ☆7 こ・・・怖かった。なにあの云い知れぬ恐怖。 でも面白いところは面白かったんです。 謎な部分も多いなあ。。。でも考えない方向で。 ずっと読もうと思っていた恩田さんのデビュー作でした。 あとがきがビックリしました。酷評、そして一度絶版・・・

 ジャケ買い。タイトルと表紙がずっと気になっててついに買った。けど…腑に落ちない点が多々あり。何故川辺で野犬が出てきたのか。学園祭マニュアルを書いたのは誰か。津村小夜子に手紙を送ったのは誰か。etcエピソードが活かし切れてない気がした。設定は面白くて引き込まれるのに、読後感はよろしくない。と思た。

随分話題になった本のようですが、やっと読みました。 恩田陸さんの本は『ユージニア』に続いて2冊目ですが・・・。 すごく面白いんですよ・・・9合目まで。 もう続きが読みたくて読みたくて、翌日の朝の辛さ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 期末が終わったのと同時に友達の恩田陸ファンが大量に貸してくれました。 こんなんじゃ、冬休みは恩田陸だけで終わっちまう、とおもったのですが、他の友達が伊坂幸太郎も貸してくれ、学校では冬… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 とある高校に代々伝わる「サヨコ」の伝説。 それは、3年毎に先輩より「サヨコ」を指名された生徒が 誰にもばれないように「サヨコ」を演じるというものであった。 そして、今年もまたその「サ… このレビューの続きを見る

津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。 高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。 三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。 そし… このレビューの続きを見る

あ〜あ、ついに読み終わってしまった。 読み終わりたくなかった。このまま、ずっと続いて欲しかった。 久々に本を読むためだけに喫茶店に入ってしまいました。 この興奮(ドキドキ感)はなんだろうか? 今更の作品かもしれないが、いい本に巡り会えたと思う。  #テレビよりも本のほうがいいね。

3.5

六番目の小夜子

14:11:By my日記

恩田陸さんのデビュー作。 恩田作品の中で一番好きかもしれないです。この本の入りとか好きです。 あと雰囲気がある!実際雰囲気終わりな感じなんですけど… 学校祭の全員参加型の劇とか鳥肌もんです。 全校生徒の緊張感が伝わってくる感じ。 あと登場人物たちの会話とかも何気なく面白い。 なんか懐かしい気持ちになれる、青春要素がいっぱい。 小夜子っていうしきたりも魅力的!

coming soon...

3.5

六番目の小夜子

14:35:By Phantasmagoria

なかなか面白かった。 後半は一気に読めた。 変わらない日常を繰り返しているようで、時は確実に進んでいるんだよなあ…

JUGEMテーマ:読書 津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ば… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  ホラーファンタジー、なのかな。これがデビュー作なんですね。  読もう読もうと思いつつ、なんか表紙でしらけちゃって、手に取らなかったのですが、やっと読みました。  なにがどうって上… このレビューの続きを見る

今度から観たり、聴いたり、読んだものの感想をきちんと書いていくことにしました。 でも、レビューというレビューも書けないので、メモ程度なので、 カテゴリ名も「へっぽこレビュー」から、「みた・きいた・よ… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる… このレビューの続きを見る

恩田陸さんは『ドミノ』に続き2冊目。 って今なら応募券を送って抽選でYonda?福袋があたると知ったから。 確かにこの人の作品はほかにも読んでみたいとは思ってたんだけど。 なんだか、ページは進むんだけど、… このレビューの続きを見る

「あなたも赤い花を活けに来たの?」 ■あらすじ  津村小夜子―――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。  高校には十数年にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。  三年に一度、サヨコ… このレビューの続きを見る

いくつかの作品を読んで、気になる作家さんのひとりになりましたので、 デビュー作を読んでみました。 どうやら少し怖い話で、私の苦手とする分野なのですが、 大丈夫でした(^^; 学校という舞台はこういう… このレビューの続きを見る

会社から帰って来ていま読了。 地方の高校に伝わるサヨコという伝説とそれに関わった主人公たちの1年間の話。 とにかく、学生時代の期待と不安の中で起きる不思議な出来事と 謎の転校生が広げる疑惑がグイグイ… このレビューの続きを見る

六番目の小夜子

13:56:By ほ  ん

−あらすじ− 津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。 高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。 三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。 そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。

好きな本

21:32:By hand-in-hand3

私は恩田 陸さんの大体の作品は好きです。 プチ・ミステリーでプチ・ホラーなのがいい感じです 笑 その中での私のおススメは、デビュー作でもある六番目の小夜子です。 他の作品で最近映画になった夜のピク… このレビューの続きを見る

久々のレビューです! くねさんから借りたやつの一冊目ー。 うーん…有名どころに手を出しましたが、やっぱり面白いですね! あえていうなら、結局どうなったのかよくわからないところもあったし(私の頭が悪い… このレビューの続きを見る

学際の劇のとこどきどきだった〜 小夜子がふつうの子だったのは残念だったな

恩田さんいいよ〜とお薦めいただいたので、初めて手に取った本。 たまたま読んでみたら、なんとデビュー作だった! しかもこれを1週間で書き上げたなんて、ビックリですよ。 読み始め、「うわぁ・・・オカル… このレビューの続きを見る

3.5

六番目の小夜子

23:23:By

恩田さまの小説で 初めて読んだ本ッ ちょっと怖くて すごく不思議で 恩田さんにはまる きっかけになった本ッ 読んだあとも 六番目の小夜子の話が 頭からずっとはなれなぃ 何度読み返しても 新しく楽しい どきどきはらはらの 素敵なおはなし

関連する商品