DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 夜のピクニック - 恩田 陸 のレビュー全85件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 夜のピクニック (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夜のピクニック (新潮文庫)
夜のピクニック (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

夜のピクニック

おすすめ!3.7 [3.7](85件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:1136位
  • Amazon価格:¥ 767
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101234175(新潮社)
夜のピクニック (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(85件) 3.7 [3.7]

青春小説です。 吉川栄治文学新人賞・本屋大賞作品です。 主人公は同じ高校に通う3年生の甲田貴子と西脇融。 3年生で初めて同じクラスになった2人。 実は西脇融の父が浮気をしできた子供が貴子という異母きょう… このレビューの続きを見る

484 夜のピクニック

16:32:By AW

読んだ。

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算す… このレビューの続きを見る

 作家別マイベスト第6回目です。今回は、恩田陸さんで行きたいと思います。恩田さんは…結構ミステリアスな世界観の話を書くことが多いですよね。まさに恩田ワールドって感じの。消化不良で終わってしまう作品… このレビューの続きを見る

映画化されたようで。 タイムリーなのでレビューを一つ。 高校の行事で朝から次の日の朝まで80キロ延々歩くとうい青春!って感じのお話。その間、もしこれが出来たらあれをしようと考えたり、ちょっとし… このレビューの続きを見る

レビュー用の商品画像(↑)って記事の好きなところに挿入できるようにならないかなあ。 ・輪るピングドラム(中)/幾原邦彦、高橋慶 衝撃を受けた。ひぐらし目明し編の小説版読んだ時の気分かな? 書いてあるこ… このレビューの続きを見る

すうっと、気づいたら読み終えていました。 しかし別にどこが面白いという訳でもない山も谷もないイメージのまま終了。 映画にまでなった話題作だったのに…。 夜を通してひたすら歩くだけの高校の行事、歩行祭。 この行事を通して移り変わっていく高校生四人の心情が丁寧に描かれています。 私には少し物足りませんでした。 他の恩田さんの作品の方が断然好きです。

 旅、旅、と続いててふと思い出したのは2006年の『夜のピクニック』。 恩田陸の同名小説の映画化。 『夜のピクニック』は、高校の行事:80キロを全校生徒で歩き切るという「歩行祭」に参加する貴子たちの姿が… このレビューの続きを見る

3.7

夜のピクニック

15:02:By

JUGEMテーマ:日記・一般 自分自身も女子高生時代にタイムスリップした気持ちで、一緒に歩いてしまった。 私は、高校時代付き合ってした人と途中で別れ、その後一度も口もきけず、目もまともに合わせてもらえなかったことが卒業までずっと気になっていたなぁ。 

3.7

夜のピクニック

16:46:By Phantasmagoria

日付弄り再読。何度目だ?青春もの。

3.7

「夜のピクニック」

21:14:By

 

夜のピクニック

00:41:By T_plus!

 おもしろかったですね〜! ちょっと違う角度からの青春でちょっとファンタジー。 不思議なシチュエーションでの少年少女たちが良いですね。 皆のキャラクターもおもしろい。

3.7

夜のピクニック

05:00:By Phantasmagoria

日付弄り。再読。やっぱり恩田陸作品のなかでこれが一番好き。

3.7

夜のピクニック

21:45:By 小説の名残

JUGEMテーマ:小説全般  不思議な小説でした。 特に何か主人公たちがするわけじゃありません。 何ならやることは歩くだけ。 ただそれだけなんですが。 なんとも味がありました。 でも★3じゃんって思う人も… このレビューの続きを見る

夜のピクニック

13:16:By 記憶ノート

 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清… このレビューの続きを見る

 これはノスタルジックなモノを書くことで有名な恩田陸の代表作だね!これまた非常にノスタルジックな中身になっている^^^異父兄妹の主人公2人が、今までお互いを避けていたんだけど学校行事を通していか… このレビューの続きを見る

 みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう。並んで一緒に歩く。ただそれだけのことなのに、不思議だね。立ったそれだけのことがこんなに難しくて、こんなに凄いことだったなん… このレビューの続きを見る

 編みぐるみの本を探していたら 1年ぐらいすんごく探していたものが出てきた!!!!! う・れ・し〜〜 探しているときは出てこないのにこんなもんですね〜〜〜。 でも助かった〜。なかったら仕事クビになる… このレビューの続きを見る

夜のピクニック

11:43:By thunderstruck

こんな高校生活を味わいたかった。読み終えた後の第一声。若さとはこんなにももどかしくて、切なくて。だけど愛しくて。私には訪れなかった甘酸っぱい時間のひとかけらが刻み込まれていました。悔しい。戻れるもんなら過去にタイムスリップでもして、体験出来なかった青春とやらにダイブしたいものだ。

今朝読み終わった「夜のピクニック」 本屋でこの本を見つけて気になったので学校の図書館で借りてきた。 図書館で借りると文庫本サイズじゃないのがダルい。 内容は、高校最後の行事の「歩行祭」での出来事。… このレビューの続きを見る

book

20:58:By メランコリーなこころ

きのう、読み終わった。 とにかくさわやかな本、青春だな〜と思いました。すてき 映画も見てみたいと思いました。 つぎは、だいすきなえくにさんの東京タワーを読もう

JUGEMテーマ:読書 恩田作品の中でも名作と言われるこの作品。にもかかわらず、旦那が読んだ後、そのまま引越しダンボールに詰め込まれ、その中から取り出されることなく2年(- -;) 他の恩田作品を1つ読み、な… このレビューの続きを見る

きのう、古本屋さんで買ってきた古本たち。 江國香織の「東京タワー」と、恩田陸の「夜のピクニック」はずっと読んでみたかった、作品。よしもとばななの「なんくるない」は、題名と表紙に惹かれて買った いまはまだ、太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んでるとこだから、読み終わったらつぎに読もう、うひひ また、いくえみ綾やジョージ朝倉の漫画も買いにいきたいな、3月のライオンが読みたい

面白かったよう。歩いているといろいろなことを考えると思うなあ。私もそんな時間があればちょっと違ったかなあ。(いやでも、実際に24時間も歩くのはきついぞ)とにかく進むしかない、一歩一歩進めばゴールに着く… このレビューの続きを見る

夜のピクニック

17:29:By 受賞本

 夜のピクニック  著者 : 恩田陸  受賞歴 : 第26回吉川英治文学新人賞 受賞         2005年本屋大賞 大賞

3.7

夜のピクニック

23:30:By memo

内容(「BOOK」データベースより)高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、… このレビューの続きを見る

今日紹介する小説は、恩田陸の「夜のピクニック」です。 この本は題名で予想できる通り、高校生の開く年に一度の夜通し歩くイベントを中心にしたお話です。主人公は女子校生一人と男子高生一人の二人です。恩田陸の… このレビューの続きを見る

恩田陸著の夜のピクニックを読みました。 高校の歩行祭のお話です。 ただひたすら歩く行事、歩行祭。 その中で登場人物達の会話で話は進んでいきます。 主人公の貴子と融、そしてその友達達。 たくさん登場… このレビューの続きを見る

 青春物語。自分的にはどこが面白いのか分からなかった。大きな事件もこれといった謎もない。表現力が豊かなのかな?景色や真情移行の描写が優れてるのかもしれない。たしかにうまいなーと思う表現は散見された。でも私的にはあんまり…。ひねくれてるのは自分の方だと思うけど。

一限、生化に三十分ほど遅刻、色々ホルモンの話。二限人類遺伝、血液型。鳥取のkji先生だった。三限組織学講義、食道と胃。実習がなかなか大変そうで竸々として帰る。 ckちゃんに「夜のピクニック」(恩田陸)借り… このレビューの続きを見る

 これ、高2のとき、学校の先生に勧めてもらって読んだ本。といっても、読んだのは大2のときで、三年くらい間隔があいてる。なんでかわからんけど、人に勧めてもらった本とかCDって、手に取るまでに時間かかると… このレビューの続きを見る

【粗筋】 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩 行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘… このレビューの続きを見る

★★☆☆☆ *あらすじ* (「BOOK」データベースより引用) 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行… このレビューの続きを見る

青春を謳歌したい!自分の高校生活を思い出してしまいました。私の通っていた高校では、歩行祭のようなイベントがなかったので、うらやましく思いました。全国でみると、歩行祭のような伝統ある妙なイベントのある… このレビューの続きを見る

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算する… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review  恩田陸作品でオススメは?と友人に尋ねると殆どの人がこの作品を挙げてくれました。 しかし、なっかなかこの作品を読む気にならずしばらく後回し気味でした。恩田陸の本でもわざわ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 恩田陸さんて人気があるんですよね。 わたしは全然知らなくて、なにしろ名前だけを見て男の人だと勘違いしていたぐらいです 今回、誰かがブログに書いていたレビューを読んでいて面白そ… このレビューの続きを見る

評判が良いので買い。

恩田陸の代表作的な小説。 ただひたすら歩き続けるだけの行事。 その行事に複雑な兄弟や男女の人間関係や悩みが交錯して、単調な筈のものがとても生き生きとして学校生活がちょっと懐かしく思えてくる作品。 私も学校の行事とかでただひたすら歩いた経験があるから余計に思い出すことが沢山あって面白かった。 ゾンビ君面白くていいねw

3.7

夜のピクニック

20:55:By Phantasmagoria

うーん、本屋大賞。 面白かった。 一昼夜歩くだけの行事、の中の青春。 いいなあ青春(´∀`)

年に一度の「歩行祭」。 決められた80kmのコースをゴールに向かってひたすら進む。 これは本当にどこかの学校で行われている行事とのことですが。。。 まさに青春です。 それぞれにいろんな悩み、葛藤が… このレビューの続きを見る

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算する… このレビューの続きを見る

これを読むと心が澄む感じ。 仕事の帰りにこれを読んで、スイッチを切り替える。 物語は、大袈裟でなく美しい起伏がある。 ちょっと疲れ気味の時に、ほっとできるお話。

夜のピクニック

00:37:By Mak World Blog*

丸1日かけて80キロを歩き続けるという学校イベント「歩行祭」の1日が舞台の学園モノ。舞台設定としては、高校3年生が休憩を挟みながらただひたすら歩き続けるというだけ。事件も起きない。その代わり、歩き続ける間… このレビューの続きを見る

評価:★★★★★ 【あらすじ】 高校生活最後のイベントは、修学旅行の代わりに行われる「歩行祭」だった。朝八時から翌朝まで、ただただ歩き続けるのだ。 貴子はこの歩行祭で小さな賭けをしていた。異母兄弟でクラ… このレビューの続きを見る

と、いうわけで(?)青春小説第2弾(・∀・) 青春といえばこれだよねぇ、というわけで今まで図書室で何回も何回も買ってたんですが(図書の先生に「よく借りるねぇ」とよく笑われました 笑)とうとう買ってしま… このレビューの続きを見る

夜のピクニック 恩田 陸 映画にもなったし、本屋さんでも話題だったこの一冊。 映画も大変素晴らしかったのですが、原作もかなりの面白さです。 歩行祭と言う、高校生がただひたすら、てくてく一日中歩き続け… このレビューの続きを見る

青春小説と呼ばれるものは数多あれど、ここまで巧みな作品も珍しい。修学旅行や文化祭といった有り体なイベントではなく、ただ歩くだけの行事を設定したのが面白い。そこには大きなストーリーは生まれない。だが、だからこそ個々のキャラクターが持つそれぞれのストーリーといったものが現われてくるのだ。非常に自然な物語が構築され、読後には爽やかな幸福感が訪れる。絶妙な作品である。

2008年.16冊目  チョコレート  疲れのたまった体で、出発の準備のあいま、みわりんが夜明けに貴子の口に入れてくれるひとかけのチョコレート。 あえて言葉に出さないやさしさが、伝わる。 差し入れシリーズ、草もち、らくがんときて、どこまで気がきくんだ、みわりん!

本屋大賞だったり映画化DVD化でもうだいぶ内容は知っている人多いみたいだけど 高校生が1日かけてただただ歩く小説です。 どうせ修学旅行の恋とかそんな青春があったりするんじゃないの〜〜?と めちゃくちゃ… このレビューの続きを見る

みんなで夜歩く。 ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろうね。 高校生活最後を飾るイベント 「歩行祭」 それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、 北高の伝統行事だった。 甲… このレビューの続きを見る

私は映画化になった本をよく読むんだけど、 この前本屋で買って読んだら結構おもしろかった♪ 高校最後のイベントで「夜皆で歩く」っていう変わったテーマ。 ある目的をもって参加した美和子の心の動きを描く(だったような・・・ 映画が見たい!! 本屋大賞受賞作。

前から気になっていたこの本。 高校生活の一大イベントである歩行祭の1日での友情とか、異母兄弟の隠れた絆、みたいな所を書いていく。 が、、、かなり読みづらかった。 なかなか話が展開しないし、いい歳したオッサンが懐古できるほどのものでも無かったし、、、残念。 ★★☆☆☆ 月1480円で見放題 人気blogランキングへ JUGEMテーマ:読書

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算する… このレビューの続きを見る

通称「夜ピク」待望の文庫化・・・ てわけで旅行直前に発見し空港の本屋で購入。 話には聞いてたけど、「歩く会」そのものです。 恩田さんは水戸一高なんだけど、水戸一にはまさにこれと同じ、 夜通し歩き続… このレビューの続きを見る

大好きな恩田陸作品。 久しぶりに一気読みしちゃいました。 高校生とか甘酸っぱいね。 因みに今回の感情移入所は西脇融。 同じような設定なのに貴子の思考回路は理解しかねる。 ついでに言うと、遊佐美和子が好き。 美和子って名前可愛いよね?娘ができたら美和子って付けたい(笑)

孤独と言う名前のレースを行く僕たちは、 この世で最もいらない存在なのかもしれない。 夜空を見上げてふと、そう思った。 と言うのは冗談で、

『みんなで、夜歩く。たったそれだけのことなのにね。 どうして、それだけのことが、こんなにも特別なんだろうね。』 (『夜のピクニック』31ページより) 第2回 本屋大賞受賞の小説。(昨年9月映画が公開された… このレビューの続きを見る

『人間は、歩くときに一番考える』 って言うのをどこかで聞いて、それがずっと心のどこかに残ってた。 こういうことかもしれない、って思えた作品。 24時間ただひたすら歩くだけのストーリーに組み込まれ… このレビューの続きを見る

二日にわたって夜通し行われる歩行祭、というのを聞いて、すぐさま S・キングの「死のロングウォーク」を思ったのですが。 「死のロングウォーク」というのは、アメリカとカナダの国境から 100人の少年た… このレビューの続きを見る

本書で楽しむべきポイントは、「歩行祭」というイベント、そして、友情・恋愛・血縁関係などの人間関係のドラマの2点だと思います。双方のバランスがとれていて読者を飽きさせないところが、名作と言われる所以だ… このレビューの続きを見る

何となくamazonで無作為に選んでみたんですが、面白かった!! ある高校で修学旅行の代わりに行われる行事 『歩行祭』 全校生徒により、20時間ひたすら歩き続ける、というだけのこの行事。ボロボロになりなが… このレビューの続きを見る

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算する… このレビューの続きを見る

「並んで一緒に歩く。ただそれだけのことなのに、不思議だね。たったそれだけのことがこんなに難しくて、こんなに凄いことだったなんて。」 始めから泣きそうになりながら読んでました。 最後は泣いた。 私が大事に思っていることを友達にも解ってもらいたくなった。 てゆか、解ってください〜。私信(笑) 淡々としているんだけど、なんだか凄く、この物語にありがとうといいたい。

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。 それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。 甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。 三年間、誰にも言えなかった秘密を清… このレビューの続きを見る

なんとなく思い出す、遠い日のこと。 最近この年齢になり高校時代の友人と再会することが増えてきた。 そのたびに気持ちは当時にタイムスリップ。 中学でも大学でもない高校時代。 なんでもないことに悩み、… このレビューの続きを見る

3.7

夜のピクニック

19:39:By 悠久の旅路

前回の記事で寸評を書いたのですが、再度登場です。 第二回の本屋大賞を受賞したのがこの作品。 ちなみに第一回は小川洋子の『博士の愛した数式』。 夜のピクニックという毎年恒例の学校行事でのお話。 … このレビューの続きを見る

[夜のピクニック/恩田陸著] 学校行事の80キロ歩行祭。昼夜を通して歩き続けるなかで主人公たちの感情のドラマが生まれます。とにかく80キロという長い距離が想像つかないのだけれども、丁寧な描写で体の重み、苦… このレビューの続きを見る

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算する… このレビューの続きを見る

すごく爽やかという評判の本、本屋で見かけて思わず買っちゃった。 丸一日掛けて80kmを歩き通すという高校の伝統行事、歩行祭は 主人公・貴子にとって高校生活最後の行事。 貴子はある誓いを立てて臨んだ。三年間内に秘め続けた思いを 清算するために。 その結末は…?

吉川英治文学新人賞 2005年本屋大賞 以前から気になっていた一冊。 読んで良かったー。 友情、嫉妬、勇気、恋愛と非常に懐かしくなれる。 繰り返し読みたい一冊に仲間入りですね。 この人の本、色々読ん… このレビューの続きを見る

本題からはずれますが。 読書をする楽しみの詰まった小説でした。 とにかく読むのを止められなくて、結局6時。。。 次の日も自転車をすっとばして家に帰ってすぐに本を開きましたとさ。 おもしろかった! そ… このレビューの続きを見る

想像以上に面白かった今作。面白い本には迷わず★5つつけてしまえ。↑のAmazonレビューでは★4つが妥当な様子。しかし、一気読みしてしかも読了から1日経ってなお面白いならいいだろう。たまに過大評価と思われるよう… このレビューの続きを見る

第二回の本屋大賞作品。 恩田陸さんの中では、一番の出来でしょう。 たった一晩の出来事を、こうまでうまく長編小説に仕上げるあたり、作者の力量が伺えます。 甘酸っぱい時代が、よみがえってきます。 歩行祭というイベントを通しての、心の動きが見事に表現されています。 どんどん引き込んでくる魅力に溢れた作品。 おすすめです。

風邪で暇なんで、これ見たよー なんかいいっすねー うちも歩行祭出たいなぁ・・

3.7

夜のピクニック

17:54:By At 6:66 pm

夜ピク! よろピク? ううん、違う、 夜ピク! 読み終わった。 最初 「ぶっあつっいな〜・・・」 て思たけど、 読んでみたら、 「あらまあ、もう終わりなの!?」 何か、「自然体」な本でしたね(… このレビューの続きを見る

3.7

夜のピクニック

23:55:By mignon mimosa

今時の高校生は! なんて言っているオジサン・オバサンも、かつては高校生だった。 現在の自分がそのまま高校生だったはずはない。それにそれは、コワイ。 その頃は、大人たちに眉間にシワをよせられるような発… このレビューの続きを見る

ドミノに続く2作目の恩田作品 あ、私が読んだって意味のねw 設定がとても上手いと思った。 一昼夜全校生徒がひたすら歩くなんて 思いつかないww 毎日一緒に居る仲間の筈なのに 極限の状態になったから… このレビューの続きを見る

小説「手紙」のおかげで、自分の中に「国産小説ブーム」が生まれましたw (まだ続いてたのか「言葉にできない」w) 普段読まないジャンルや作家もいいもんだなと思いながら、 出張の合間に読む本を探して… このレビューの続きを見る

自腹購入本第二段。 めちゃくちゃ簡単に言うと 高校三年生の、最後の歩行祭というイベントを巡る青春小説です。 図書館にはまだ学生証が無い為入れないので本は入学まで自腹 お金が無いのでゆっくり読むようにし… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/3/17〜2007/3/19 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年… このレビューの続きを見る

3.7

夜のピクニック

20:35:By

「引き算のやさしさ」 これが、一番印象に残りました。

夜のピクニック

09:24:By duffer日記

今さらですが読みました。久しぶりにメチャクチャ楽しく読書しました。純粋に良いです。 主人公の2人のお話と、他のクラスメイトの関りやサイドストーリーが非常によく描かれている名作でしょう。読んでいる間は… このレビューの続きを見る

読書感想

19:07:By リリィ

友人お勧めの一冊。 久しぶりに出会った、読み終えたくない本。高校生活最後のイベント、その重要性と意味。それはこれからの人生も左右するよ。 ページを読み進めるごとにやってくる充足感と寂しさ。 第二回本屋大賞受賞。

関連する商品