>
[Amazon] 東亰異聞 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

東亰異聞 (新潮文庫)
東亰異聞 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

東亰異聞

おすすめ!3.4 [3.4](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:50637位
  • Amazon価格:¥ 737
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101240221(新潮社)
東亰異聞 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.4 [3.4]

発売された時にすごく気になりつつ、文庫で出たら読もう〜と思って忘れておりました。 先日100円本で見つけて購入してきました。 小野さんは「魔性の子」「黒祠の島」「屍鬼」だけ読んでます。 そして「十二国記… このレビューの続きを見る

小野不由美『東亰異聞』 (新潮文庫、1999年)読了。 この作品は筋だけを説明してもあまり意味がないだろうと思う。 いるのかいないのかわからない「あいまい」な存在としての異形たち。しかし、心にちらりと… このレビューの続きを見る

東亰異聞

21:40:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  いや、そう来ましたか!!!!!というか、いんですか、そのラストで!! これ、とーきょー ではない。とーけー である。そこがミソだわね。 昔読んだような記憶があったけど、どうやら学生時代だったんじゃないのかなあ。ミステリとみせかけて、いや、そういうラストですか、そういう種明かしですか、そういう   ぎゃああ。 というわけで、これは良い。

  初めて読んだ高校生の時、その世界観と展開と結末に衝撃を受けた一冊! 当日の美術部仲間みんなでドはまりして、 映画化するなら誰をキャスティングするか、このシチュエーションならアノ人はなんて言うか、… このレビューの続きを見る

【読了】小野不由美「東亰異聞(単行本版)」(新潮社)          文明開化後の「東亰」の闇に現れる、「夜の住人」たちが引き起こす     無差別連続殺人事件。… このレビューの続きを見る

東亰異聞

11:32:By 受賞本

 東亰異聞  著者 : 小野不由美  受賞歴 : 第5回日本ファンタジーノベル大賞 ノミネート

東亰異聞 (新潮文庫)

20:09:By T_plus!

個人的にはあんまりテンポよくなかったかなと。 読んでは寝てを繰り返して無駄に読むのに時間がかかってしまいました。 時代の取り入れ方が中途半端な気がしないでもない。 っていうか重要キャラがあんな遅くになって出てくるなんてずるい(笑)

著作は屍鬼を読んだだけなのにすっかりファンになってしまった小野不由美さんの本。93年初出。東京異聞東京異聞と呼んでいたんですが、東亰(とうけい)異聞でした。現実っぽい仮想物語って感じかな。明治が早くに… このレビューの続きを見る

東亰異聞

22:02:By mutter

明治29年の帝都。そこは魑魅魍魎が跋扈し、 人殺しが徘徊するもう一つの東京。その夜闇に繰り広げられる、 公爵家の次期当主をめぐるお家騒動。 人の心に巣食う闇を怪しく艶やかに描く伝奇ミステリー。 オ チ … このレビューの続きを見る

帝都・東亰、その誕生から二十九年。夜が人のものであった時代は終わった。人を突き落とし全身火だるまで姿を消す火炎魔人。夜道で辻斬りの所業をはたらく闇御前。さらには人魂売りやら首遣いだの魑魅魍魎が跋扈す… このレビューの続きを見る

東亰異聞

22:13:By たちばな

『屍鬼』を借りパクしたの誰ですか('A`)

思ったんですが、そうか、レビューにすればいいのか!! というわけで、読了しました。ネタバレ含みます、多分。 これは、上條氏から借りたんですが、素敵過ぎます。 帝都、東亰の闇を跋扈する魑魅魍魎たち。瓦… このレビューの続きを見る

十二国期とか屍鬼と比べるといまいち。 ちょっと読みにくいかなぁ。

誰も犯人でありませんように・・・と願ってしまうくらい、登場人物たちに 悉く惹かれました。 そして、美しすぎる結末に、何に対してなのかはわかりませんが、 無条件降伏したい気分になりました。

帝都・東亰、その誕生から二十九年。 夜が人のものであった時代は終わった。 人を突き落とし全身火だるまで姿を消す火炎魔人。 夜道で辻斬りの所業をはたらく闇御前。 さらには人魂売りやら首遣いだの魑魅魍魎… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品