>
[Amazon] 屍鬼(二) (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

屍鬼(二) (新潮文庫)
屍鬼(二) (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

屍鬼(二)

おすすめ!3.3 [3.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:191304位
  • Amazon価格:¥ 825
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101240248(新潮社)
屍鬼(二) (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.3 [3.3]

屍鬼1〜2

14:56:By SATELLITE TOWN

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 【小野不由美 新潮文庫】 ―――村は死によって包囲されている。 人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習が残る外場村。 酷暑に見舞われた夏、山入で三体の腐乱死… このレビューの続きを見る

414 屍鬼〈2〉

18:04:By AW

読んだ。

「尋常でない何かが起こっている」。死者の数は留まるところを知らず、村は恐怖の連鎖に陥っていた。山々に響き渡る読経、毎日のように墓場に消えていく真白き棺。さらにそのざわめきの陰で、忽然と姿を消している… このレビューの続きを見る

3.3

屍鬼(2)

00:01:By Phantasmagoria

再読。日付適当。

屍鬼

18:20:By 受賞本

 屍鬼  著者 : 小野不由美  受賞歴 : 1999年このミステリーがすごい! 4位         1998年傑作ミステリーベスト10 4位         第12回山本周五郎賞 ノミネート

小説・屍鬼 二巻の感想です ■あらすじ 「尋常でない何かが起こっている」。死者の数は留まるところを知らず、村は恐怖の連鎖に陥っていた。山々に響き渡る読経、毎日のように墓場に消えていく真白き棺。さらに… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品