>
[Amazon] 黒祠の島 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

黒祠の島 (新潮文庫)
黒祠の島 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

黒祠の島

おすすめ!3.4 [3.4](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:69497位
  • Amazon価格:¥ 767
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101240280(新潮社)
黒祠の島 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.4 [3.4]

21:36:By cherish*

 黒祠の島は読んだ 面白かった

黒祀の島

13:59:By SATELLITE TOWN

JUGEMテーマ:読書 【小野不由美 新潮文庫】 ふと、屍鬼のような地に足の着いたホラーが読みたくなりまして。 きちんと構築された独自の世界観と骨太な物語で期待通りの面白さでした。 調査事務所を営む… このレビューの続きを見る

買った本。

19:33:By cherish*

 読み終わってない本が増えていく

「そう―ここは黒祠なのですよ」近代国家が存在を許さなかった“邪教”が伝わる、夜叉島。式部剛は失踪した作家・葛木志保の姿を追い求め、その地に足を踏み入れた。だが余所者を忌み嫌う住民は口を閉ざし、調査を妨… このレビューの続きを見る

 地図にも載っていない奇妙な風習がある閉鎖的な島で知人が行方不明になったという状況設定から、最初はなんとなくホラーアドベンチャーゲームの『サイレン』を連想してしまったが、主人公の調査が進むに連れて… このレビューの続きを見る

3.4

黒祠の島

22:45:By Photogenic Log

 小野不由美 黒祠の島読了。小野不由美はこれでほとんど読破したと思います。相変わらず冒頭は本当にドキドキさせるんだよなあ、この人の期待のさせる表現はすごいんですよね。オドロオドロしさ、不気味さ、… このレビューの続きを見る

 「帰省する」そう言い残したまま失踪した作家の葛木志保。知人である探偵・式部は葛木を追って彼女の故郷である夜叉島を訪れた。島には、明治政府の国家神道政策において禁じられたはずの独自の信仰が未だ根… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書<前々回(黒祠の島 【BTAB 5th -1】)を読む< 前回(黒祠の島 【BTAB 5th -2】)を読むあのスーパー探偵は、女の子でいいのか? Zhi-Ze: あのスーパー探偵は、女の子でいいのか? 実は… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書< 前回(黒祠の島 【BTAB 5th -1】)を読む『ポートピア』世代の思い込みZhi-Ze: あ、そうだ。一つ思い出した。俺、わりと早い段階でさ、泰田先生が犯人か?と思ったんだよね。ちょうど、主人… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書「ナナヨン・ナナゴ・ナナロク」のメンバーが課題図書を読んで、意見を戦わせるチャット読書討論会「Battle Talk About Book」(略称「BTAB」)。第5回は小野不由美『国祠の島』を取り上げます。

黒祠の島

23:15:By eika's diary&amp;novels

いい本です。読み応えもあるし、内容が薄っぺらくない。さすがです。

黒祠の島

11:34:By 受賞本

 黒祠の島  著者 : 小野不由美  受賞歴 : 第2回本格ミステリ大賞 ノミネート         2002年本格ミステリ・ベスト10 3位         2002年本格ミステリこれがベストだ! 選出

 小野さんはそれぞれのカテゴリの体裁を借りながら、普通に暮らしている私達が「前提として疑わないこと」を掘り下げてくるから、大好きです。人物の感情や背景の描写に力が入っている中で幻想も時折顔を出してき… このレビューの続きを見る

3.4

黒祠の島

13:06:By SHIKI NOTE

ホラーっぽい印象だけど 中身はミステリー なんとなくだけど 最後のオチが 弱いような… そういえば 彼女の待望の新作(しかも十二国記)が 発表されたようだ。 うわぁ もう少し待てば 本が読めるかも! http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品