DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ラッシュライフ - 伊坂 幸太郎 のレビュー全109件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ラッシュライフ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ラッシュライフ (新潮文庫)
ラッシュライフ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

ラッシュライフ

おすすめ!3.7 [3.7](109件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:21689位
  • Amazon価格:¥ 767
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101250227(新潮社)
ラッシュライフ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(109件) 3.7 [3.7]

再読。 伊坂氏の2冊目に刊行された作品。 あとに発売される『陽気なギャングが地球を回す』とともにとってもスピード感溢れたミステリーの秀作だと言えそうである。 小説の舞台はおなじみの仙台。 この物語… このレビューの続きを見る

ラッシュライフ

10:23:By 読書家宣言

   

【伊坂幸太郎 新潮社文庫】 ばらばらだったものが最後に収斂していくのが、作風なのか得意なのか、『オーデュボンの祈り』に続き、二作目もそんな印象を受けます。 最初は5人の登場人物が、時間軸どおりに並… このレビューの続きを見る

心に響いた格言を教えて! 伊坂幸太郎さんの作品を読むのが好きで、 人生については誰もがアマチュアなんだよ。誰だって初参加なんだ。 人生にプロフェッショナルがいるわけがない。 はじめて試合に出た新人が… このレビューの続きを見る

20LAST

20:41:By TMY blog

 ひとまずレポートが落ち着いたので今夜はのんびりしております明日は楽しい用事で遊びほうけるというのになぜかって?それは私の誕生日だから(^o^)ってわけで今はハタチ最後の夜を過ごしておくということです… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  今日も造形大課題制作なんですが出席悪いです。  さて、先日来の関西出張で読んだのがこれ。 ここのところ塩野七生さんの小説だかなんだかわからない事実にもとずく本ばかり読んでいた… このレビューの続きを見る

3.7

ラッシュライフ

22:42:By niko niko*

泥棒を生業とする男、神に憧れる青年、不倫中の女性カウンセラー、職を失い家族に見捨てられた男…。 10以上の人生が交錯して、全部がつながる。 やっぱりそのつながる瞬間が好きで、伊坂幸太郎を読みます。 今… このレビューの続きを見る

ラッシュライフ

23:38:By 蛇足

私の中では一番の長編じゃないかな、伊坂作品の中では。 『アヒルと鴨』もそんなに長い作品じゃないもんね。 初めは『グラスホッパー』にしようかなーと思ってたんですけど、ラッシュライフをぜひ!というお勧… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:読書  lash, lush, rash, rush  life。 仙台のとある町に暮らす人達の人生が、入れ替わり立ち代り描かれる。 泥棒を生業とする男。 「高橋」を神と崇める青年。 職を… このレビューの続きを見る

ラッシュライフ

22:13:By Sucre-Livre

<あらすじ>泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登… このレビューの続きを見る

 お魚物語? いえいえ『fish story』は「ほら話」という意味です(笑) え〜、気分転換に井坂幸太郎のfish storyを読んだのですが、とても面白かったです ただ、話の大半は『ラッシュライフ』という小説のサ… このレビューの続きを見る

凄い衝撃を受けた

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走す… このレビューの続きを見る

 目を覚ましてほしい。私は生きています。読み始めたら、嵌ってしまって、読み進めていくうちに面白くてなかなか本を置けなかった。普段好きなジャンルとは違うのだけれどもそれでも、なんなんだろう、本当にだまし絵みたい!バラバラの人生が面白いところで繋がっていてとにかく面白かった。

数年前に購入したんですが、出だしで躓いて放置していたので引っぱり出してきました。[ あらすじ ]泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手… このレビューの続きを見る

予定がなかったので、1日で2冊読了。ハマってます。どっちも分かりやすいし、読みやすい。印象に残るセリフも多かったけど、読む順番間違えたかな…。でもこれきっと、読む人の好き好きだろ!と、言い聞かせておく。

3.7

ラッシュライフ

00:21:By My First JUGEM

 また続けて、伊坂幸太郎さんの本。就活40連敗の中年男「豊田」と絵を描く青年「河原崎」と精神科医の「京子」と副職検討中の泥棒「黒崎」と若手アーティストの「志奈子」のはなし。またしてもエグいシーンは我慢して読まないといけないのだけれどそれを乗り越えさえすれば、最後のパズルがパチパチはまって行くようなあれがやっぱり気持ちいい。

3.7

ラッシュライフ

21:36:By 子供と読書

  伊坂さんの本を読むのは 「重力ピエロ」に次いで2作品目。   今回は伊坂作品の中でも 人気の高い「ラッシュライフ」を読んでみたのですが、 個人的には文章のかっこよさで 「重力ピエロ」の方が… このレビューの続きを見る

ラッシュ時に読む

15:37:By かさかさ

  急いて読む感じの本じゃないけど 十分私の電車ライフを楽しませてくれました。 5人ぐらいの視点、物語があってどの視点も とても興味をそそる。 巧みだと思いました。 フシギと会話や考え方に思うことが多… このレビューの続きを見る

  さぁ! 初、伊坂幸太郎。 読み終えた〜。。。

文庫裏表紙より、 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ… このレビューの続きを見る

3.7

先日

22:39:By 1、2の3、でっ!

 携帯をトイレに落としてションボリしました。やまぐちです。 なんか落としそうな気はしてたんですよ・・・そしたら案の定だよ! 救出が早かったおかげか一命を取り留めました。三秒ルールだな!(違) なんだか… このレビューの続きを見る

3.7

ラッシュライフ

17:51:By Gen's Blog

  技巧は本当にすごいなぁ。 もともと遠藤周作の「深い河」にはじまり、映画の「バベル」 そして、その監督作品の「アモーレス・ペレス」とどれも好きで、 この「ラッシュライフ」も様々な人生が交錯していく… このレビューの続きを見る

4人の主人公。カッコいい泥棒、リストラされたおじさん、新興宗教にハマった青年、不倫する二人。ばらばらだった彼らが知らず知らずのうちに関係しあっていく。世の中、意外なところでつながってたりする。老夫妻… このレビューの続きを見る

   obiword   交錯する十余の人生 併走する五つの物語 歩き出すバラバラ死体    収斂するは、一枚の壮大な騙し絵  「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎 ((再読))  出演  泥棒を稼業としている… このレビューの続きを見る

食わず嫌いよくないー。 『重力ピエロ』が好きじゃなかったので人気あるよねって頷くだけでうっちゃってた伊坂氏。 これは面白かった。 家のどっかに『死神の精度』があるはずなので、探してみようかな。

くもり

00:47:By とろとろ

ひとつひとつ別の線が交差して1つの線になる なんだか凄いとしか言い様がなかった。 エッシャーの無限階段はずっと見てると不思議な気分になる。 個人的に黒澤の人生観が凄く好きかもしれない。

まだまだ伊坂熱は冷めず。 今はグラスホッパーを読んでるー ラッシュライフは、心温まったなぁ。 つながりをついつい探って読んでしまったけど、 たのしかった。 オーデュボンの祈りは、 ハッピーエンドでうれし… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の作品に触れるのはこれで2度目。 早くページをめくりたくて仕方がない。 けど、しっかりと脳裏に焼き付けておかないと、 追いつけない。 そんな一冊です。

3.7

ラッシュライフ

17:38:By かたくりこ

暇すぎて、家の中で小説読んだー; 本来なら電車の中で読むはずなのに 家ではなるべくTV見ようっと・・・ ということで、 伊坂幸太郎さんの小説 ラッシュライフ でございます イイ!これイイ(・∀・)!! もう… このレビューの続きを見る

 「特別な日に」

3.7

ラッシュライフ

18:40:By

 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。… このレビューの続きを見る

3.7

ラッシュライフ

01:45:By memo

ラッシュライフ単行本版の表紙エッシャーの騙し絵のごとく騙された。最後は騙し絵の正体を見破った時みたいに思わず息を漏らして納得する感じ。登場人物が多く、物語とキャラクターを把握するのにちょっと苦労したけど、伊坂節でやっぱり読まされる。伊藤のその後をちょっと知ることができて嬉しかった。伊藤かわいい。黒澤は重力のときのほうが謎めいててかっこよく感じてしまった。

3.7

ラッシュライフ

22:38:By 結跏趺坐

最初は、コロコロ変わる登場人物に誰が誰だか捉えるのに気を取られていたが、 段々誰が誰だか分かってくると、 ひとつひとつのエピソードの面白さ、 そして、終盤にかけて各エピソードの絡み合い具合に感服。 &nb… このレビューの続きを見る

3.7

「ラッシュライフ」

14:56:By Book Cafe

泥棒を生業とする男・黒澤。神に憧れる青年・河原崎。不倫中の女・京子。 失業中の男・豊田。並走する4つの物語の果てに待つ意外な未来とは。。 ひとつの物語だけ読むとナゾであることが別の物語で解決したり、 この人とこの人がつながっていたのかと気が付いたり、とにかく4つの 物語のつながり方が見事!!で星5つにしました。

冒頭に挿入されているエッシャーの騙し絵「上昇と下降」のような物語。 一気に物語が進行していって、ページをめくる手が止まらなくなる感覚が爽快。 「ラッシュライフ」を読んでから「上昇と下降」を見ると … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 あんまりおもしろくない

様々な人物が繋がっていく。 かつ時間軸が複雑。 最後の最後でパズルがはまる。 実際にありそうな、あったかのようなストーリー。 いろんなものがいろんな風に絡み合う現在のお話。 彼の作品はとてもはまり… このレビューの続きを見る

グラスホッパーの後に読んだ作品なのですが、これは面白かったーーー ガシガシ読んでしまいました。 グラスホッパーもそうだったけど、ひとつひとつ孤立した物語を最後に交差させるのが伊坂さんの特徴というか… このレビューの続きを見る

ちかごろ。

21:53:By alley

今朝、『ラッシュライフ』を読み終わりました。 なんかあっけなく終わっちゃった感じもあったけど楽しかったです。 今月は年に一度の読書月間。この熱が冷めないうちに読もう。 次は『オーデュボンの祈り』を読んで… このレビューの続きを見る

(2005/07/19) 伊坂氏の2冊目に刊行された作品。 あとに発売される『陽気なギャングが地球を回す』とともにとってもスピード感溢れたミステリーの秀作だと言えそうである。 小説の舞台はおなじみの仙台。 こ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「グラスホッパー」から伊坂幸太郎ワールドにはまってしまって、 他の作品も読んでみよう!と言うことで選んだのが この本。 「う〜 なかなかです」  主役は不在!というか、登場人物全… このレビューの続きを見る

3.7

暇を持て余すよりは

00:51:By even

ヒマだヒマだと言って一日中YouTubeにかじりついているのにも疲れたので、本を読みました。 大好きな、伊坂幸太郎のラッシュライフ。 伊坂さんの本に読む順序があるとしたら、この本やオーデュボンの祈りを先… このレビューの続きを見る

 ≪内容≫ 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。 アマゾンより

んー、おもしろかったー! 単行本発売時に新潮社の担当編集者が書いた、 「小説、まだまだいけるじゃん!」という宣伝文があるらしいのですが、 まさに!といった感じ。 中盤以降、ストーリーや人物がリンクしていくところは興奮したー。 「こんな風につながるのか!」と思ったら、読むのが楽しくて楽しくて。 何度読んでもきっと引き込まれて、どきどきする。 こりゃー見事だ。

いさかこーたろーーーーーーーー!!! ・・・・私は死神の精度とか魔王とか重力ピエロとかのが好き ちょっとこわめ、すっごいうざい人が出てくる でも、… このレビューの続きを見る

ここらで映画はお休みしまして、トラックバックBOXを活用してみたいと思います! 「2008年おすすめ小説ベスト3」ということで、私も書いてみました。上から順番に1、2、3位となっています。今年も相変わら… このレビューの続きを見る

 さすが、伊坂さんですね。 楽しみました。 文庫版の最後の 解説で 池上冬樹さんが書いておられるのですが オーデュポンや重力ピエロなど 他の伊坂作品を読んでいる方は、特に 伊坂ワールドを堪能でき… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎「ラッシュライフ」読了.あー蟹のカノンなのね,というのが読後の感想.蟹のカノンというのは前後で対称となる作品のこと.もとはバッハの楽曲(だったような). 発想は面白いんですが,ひとつひと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ… このレビューの続きを見る

Lash=(名)むち打つこと、(動)激しく動かす、(金などを)濫費する Lush=(形)豊富な、華麗な、(名)酒、飲んだくれ Rash=(形)無分別な、せっかちな、(名)発疹、吹き出物 Rush=(動)突進する、むこうみ… このレビューの続きを見る

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する… このレビューの続きを見る

  きっかけは「死神の精度」から伊坂幸太郎にはまってしまって、他の作品も読んでみよう!となったところに友達からこれを借りれました。友達も大絶賛だったため、これは読んでみるしかないでしょとはりきりまし… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎さん人気ですよね〜 ちゃんと読みきったの初めてだったりします。 前借りたの読みきる前に返しちゃってた^^;

「ラッシュライフ」(伊坂幸太郎) lash, lush, rash, rush. 人々はどこかで繋がっている。信念に近いこだわりも持つ泥棒も、リストラ親父と相棒の野良犬も、殺人を企てる不倫仲の男女も、神を解体する青年も。 … このレビューの続きを見る

ラッシュライフ面白ーーーー!!! なんかすっげー面白かった。 騙されまくって騙されて騙されました。 詐欺に合った気分だよもーー(何 残りの夏休み時間を賭けて読もうとか思ってたら一日で読み終わっちゃった… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 このつらなりすごい 若干時間の感覚が難しかった 結局宝くじは… 女性の存在感も少し気になる 犬は神? 伊坂さんはどんどんほかの作品が読みたくなる

JUGEMテーマ:小説全般 時間がかかりましたが、読み終わりました。 (少し前ですが) これは中盤以降、物語が繋がったとき爽快です。

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 駅前をうろつく野良犬。 その犬と何故だか、拳銃を手に入れたリストラ男。 空き巣を生業にする男、黒澤。 愛人とその妻を殺そうと画策するカウンセラーの女。 教祖を「解体」しようと… このレビューの続きを見る

結構前に購入していたのに、 なかなか読めずにいた一冊です。 尊敬してる作家、伊坂幸太郎さんの作品、 「ラッシュライフ」! 伊坂さんの書き方というか、 それは読み手を引きこんで、 ワクワクさせてくれ… このレビューの続きを見る

登場人物が多いのにかなり面白く読めました。 泥棒、無職、サッカー選手、カウンセラー、画商と女性画家、 新興宗教の教祖、それに救いを求める青年と指導役。 いくつものストーリーが時間軸を巡って繋がっ… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎さんの「ラッシュライフ」です。 伊坂さんの作品は映画「アヒルと鴨のコインロッカー」ですでに知っていたのですが。 それもみて「面白いなぁ」と思った作品でしたが。 小説で初めて読みましたが、面… このレビューの続きを見る

今日読み終わりました!!!!!! すっごかった…超大作すぎる…もうこれ凄い好き。 伊坂さんは読めば読むほどどんな作品も外れが無くてすごい。 ほんと面白かった。。。 もう伊坂ファンの友人と学校で語り尽くしたから感想は無しww 次はオーデュボンを借りる予定だったんですが、 見つからないみたいなのでチルドレンを借ります。楽しみ^^

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 繋がってるのはわかるが、そんだけだ。 エンターテインメントとしては良いのかもしれん。 俺にとっては何も残らないな。

無職の犬を連れた男。 浮気相手の妻を殺しに行く女。 泥棒の男。 「神様」の解体のスケッチを頼まれた男。 金が世界一だと信じている男。 そして、マスコミを騒がせているバラバラ殺人事件。 このバラバラ… このレビューの続きを見る

ラッシュライフ 伊坂 幸太郎 私が多分はじめて手にとった伊坂本であり、私の伊坂好きの原点だと思います。 この一冊に伊坂先生のすべてが詰まってるといっても過言でない!!! この、すべてがくるくるとつ… このレビューの続きを見る

伊坂氏の小説にハマりつつある今日この頃。 読む時間ができたので一気に読み切ってしまった。集中すると案外すぐに読めるもんだなぁと感心。そうか、集中力が足りなかったのか…。 登場人物がゴロゴロ出てきて、う… このレビューの続きを見る

やっぱ伊坂さんはすごい人だと思う! いままで読んできたなかで買って損した本はないな 伊坂さんの本に出会って色々変わった 考え方とか・・ 絶対読んでみるべきだと思う

3.7

(本)ラッシュライフ

23:41:By books.

物語の終わりに近付くにつれて徐々に謎が解き明かされていく感じがたまらない。 (持)

ようやく読みました。 なんだか、不思議な感じではありました。 「ふ〜ん」という感じ。 でもつまんなかったわけではありません。 なんだろう? でも、村上春樹氏の影響が深く見て取れるような気がして… このレビューの続きを見る

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。 父に自殺された青年は神に憧れる。 女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。 職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。 幕間には歩くバラバラ死体登場―… このレビューの続きを見る

ラッシュライフ

14:36:By M's DIARY

『ラッシュライフ』伊坂幸太郎 読了。 二作連続伊坂作品読了です。すっかりこの人の書く話にはまってしまいました。 この話は、時間がポイントになってくる。 全部で五つもの視点が描かれていて、大きな流れ… このレビューの続きを見る

ど〜も文体が好きになれない。。。が、読んでしまう(笑) まったく別々の、何の接点もないと思われる人間同士が微妙にリンクしていく。そこを仙台の中心地を舞台に数人を切り取った感じの作品。 「神の存在」と… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎さんの本(◆*'v`*)ゞ これゎやばいよ!?マジでめっちゃくちゃ面白い!!!! こんなに面白い本を読んだのゎ初めてだった(d'V`●d)=3 あらすじゎ-?人の人物が始めゎばら?に描かれているンだけどそれが… このレビューの続きを見る

あらすじ(アマゾンより引用) 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。 父に自殺された青年は神に憧れる。 女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。 職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う… このレビューの続きを見る

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。 父に自殺された青年は神に憧れる。 女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。 職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。 幕間には歩くバラバラ死体登場――… このレビューの続きを見る

----- 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。 … このレビューの続きを見る

図書館貸し出し(→1/29)

★★☆☆☆ 金で人を裏切った女性、プロの空き巣、高橋という男を神と崇める宗教団体の信者、殺人を企てるカップル、リストラされ無職の男たちのそれぞれの話が繋がっていく話。 最後はどーん!な感じを考えていたのですが、始終ローテンションで終わりました。 かなり展開が読めます。 点と点が線で繋がっていく様は流石伊坂さんだなぁと思いました。

ラッシュライフ

14:41:By 記憶ノート

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走す… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。 アマゾンから転用

色々読んだから、記録。

ヤバス みんな不幸で腹立たしい奴がのさばっていて どこで読むのを止めていいかわからない もぅ!早く繋がってくれヨ ストーリー 1番嫌いな人物は京子 河原崎が1番かわいそう あ!!高橋は教祖タカハシから?? 繋がりだしたところらへんからは一気に読破 そして最後にはやばいなぁ伊坂幸太郎☆★☆ ざまぁみろ戸田

バラバラがちょっとだめでした… 空き巣の黒澤さんがかっこいいですね。

【★★★★☆】 『チルドレン』に続き、二冊目に選んだのがこの『ラッシュライフ』。 文庫の扉にある、エッシャーのだまし絵に惹かれて、この挿画になんの意味があるのか気になって読んで見ようと思った。 そした… このレビューの続きを見る

『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎

test

僕が敬愛するスピッツの「俺のすべて」という曲の歌詞に「俺の前世は たぶん詐欺師か まじない師」という歌詞がある。恐らくこの話を書いた伊坂幸太郎さんも、前世は詐欺師か、まじない師なのではないだろうか。ま… このレビューの続きを見る

a life

02:07:By .uoo*blog

●これもまた、面白かった。個人的には『アヒルと鴨の〜』の世界観のほうが好きだが、偉そうなことは言えない。 それにしても、本を読んだ後の感想が「面白かった」しか出てこない自分が情けない。 まあ仕方ない。

初☆伊坂氏

23:44:By 我侭な思考回路

は実はこれでしたよ〜 っていう主張。 ちょっと、最近本読んでるのにココで書いてないなぁっていう反省。 先日読んだグラスホッパーにすればよかったかしら?

タランティーノの「パルプ・フィクション」のような巧妙な群像劇。自分の中でカット割りやカメラワークまで考えてしまうくらい鮮明な映像が広がっていく。エッシャーの騙し絵に関するエピソードが、5人のキャラクター像を個別のものにしており、造形の妙が垣間見れる。予想外の展開には舌を巻いた。

ぐるぐるぐるぐる・・・。読み終わった直後は、頭の中ぐるぐるしてました。 文中に何度となく出てくる、エッシャーの騙し絵そのものが小説になった・・・そんな感じです。 この作品は4つの物語(人生)が語られ… このレビューの続きを見る

.............................  駅前には展望台があり「何か特別な日に」と垂れ幕がかかり、「エッシャー展」のポスターも貼られ、野良犬がウロウロし、白人の女性はプラカードを持ち「好きな日本語を書いてく… このレビューの続きを見る

【rush】1.忙しい、あわただしい 2.(a〜)つまらないもの 【lush】豊潤な、豪勢な、ぜいたくな 同じ場所・同じ時間に偶然に居合わせたそれぞれの人生の1コマを切り取った物語。

いい!これ面白い!! という訳で早速二巡目いってます。 前作の主人公もちらっとでてきたり、次の重力ピエロに出てくる人もほぼメインキャラとして出てきます。 複数人の主人公の短編集が結局は最後全部繋が… このレビューの続きを見る

はじめはよくわからない5人の物語が交互に進んでいくので 頭が混乱してしまいそうですが… ラストに向けて少しずつ収束されていきます。 おちは…なかなか面白かったです。 ちょっとびっくりです。

3.7

ラッシュライフ

23:53:By 7話目

自分 良い本に出会うと読んだあと心の中がその話の感動でじ〜んといつまでもしびれる感覚になるんですが、まさにこの本がそれでした!!! 無職の人(もう名前忘れとる笑)のストーリーにすっかり励まされました。犬がイイ味出してる!笑 郵便局強盗関連の場面が一番笑いました。あーあいつらね!みたいな いやー読書って スバラスィーーーー

たくさんの登場人物たちの、交差する物語。 今まで見守ってきた、全然関係なさそうな登場人物が、 ある日つながる瞬間があります。これが快感。 登場人物によって、不倫な話だったり、ヤクザものっぽかった… このレビューの続きを見る

 評価:★★★★☆ 4.5  伊坂幸太郎の作品は読む前にあんまりレビューだとか感想だとか見るもんじゃないね。どの作品もそうだ、と言われるしれないけれど、この人のは特に、という意味で。  たとえば、ある… このレビューの続きを見る

ラッシュライフ

22:08:By reading diary

 伊坂作品第2弾です。個人的にはオーデュボンの方が好きかなぁ、でもこの作品も面白いのだけれど。この作品の方がトリック重視ですね、途中で何となくトリックが分かってくるのだけれどそう気がつくとどんどん読… このレビューの続きを見る

3.7

ラッシュライフ

23:47:By Licht und Nacht

読書中。 アヒルと鴨〜は先が気になって仕方なくて一気に読んじゃったけど、 これは毎日お風呂でちまちま読んでます。 登場人物もラッシュ状態で場面がよく変わるから止めやすいんです。笑 でもこれもなかなか面白い♪ (今の時点ではアヒル鴨のが好き) 今半分くらいなんだけど、これがどうまとまるのかとても気になります。 期待〜★ これが終わったら次はオーデュボンの祈りか、重力ピエロ予定。

3.7

ラッシュライフ

15:43:By For no one

父に自殺された河原崎は、一種の新興宗教の教祖に憧れていた。ある日、幹部の一人に誘われて“神”の解体を行う計画を立てる。独特の美学を持つ泥棒の黒澤は、とある部屋で思わぬ旧友と再会する。心理カウンセラーで… このレビューの続きを見る

途中から話の予測がついたのですが、 それにしても話と話の絶妙な絡まり具合、最高でした。 うーん、これは面白いのか、と聞かれると答えに困りますね。 じゃあ、これは凄いのか、と聞かれれば迷わず「うん」と… このレビューの続きを見る

何しろ初期の作品であるので、それ以後の作品を読んでいると、 「え? あれ? これが評価高いの???」 ということをまず思ってしまいます。 しかし、ちょこちょこと読み返すと、「なるほど」と唸ってしまい… このレビューの続きを見る

関連する商品