DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 春になったら苺を摘みに - 梨木 香歩 のレビュー全11件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 春になったら苺を摘みに (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

春になったら苺を摘みに (新潮文庫)
春になったら苺を摘みに (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

春になったら苺を摘みに

おすすめ!3.6 [3.6](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:12609位
  • Amazon価格:¥ 464
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101253366(新潮社)
春になったら苺を摘みに (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.6 [3.6]

春になったら苺を摘みに (新潮文庫) 梨木香歩著 新潮文庫 僕は春になったら毎年この本を読みます。毎年続けてきたし、これからも続けていくでしょう。 これは梨木香歩さんの最初のエッセイ集です。… このレビューの続きを見る

梨木香歩さんの著作の中で、 一番何度も読み返した本だと思う。 イギリス留学時代のエッセイなのだけど、 違う文化、背景を持つ人々とのあまりの隔たりに 読んでいて、とても切なくなってしまうことがある。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

梨木香歩「春になったら苺を摘みに」。エッセイです。 著者が英国留学中にお世話になったという、ウェスト夫人との 交流を中心に、英国や米国での出来事を綴ったもの。 タイトルだけでものすごく惹かれるも… このレビューの続きを見る

これは西の魔女が死んだとかで有名な梨木香歩さんのエッセイ。 イギリスに留学?してたときのお話。 イギリスでの生活とか食文化とかの描写がいっぱい出てきてそれだけでなんだか幸せになります。 でも何よりほ… このレビューの続きを見る

著者のペンネームや著書の題名から、若めで乙女な人を想像していたため、食わず嫌いでした。何冊か読んでみて、そうでないことは分かったのですが、自分の中のイメージがなかなか覆らず中途半端なままです。本書の内容は、興味深く読みました。でも、他人の感情を読もうと必死になりすぎて、多少的外れになってないかな?と心配になるくらい真面目。肩に力が入ってます。

『裏庭』・『家守綺譚』などの著者の、初のエッセイ。 エッセイというのが何なのか、私は未だにうまく定義することができないのだけれど、 この本は著者がイギリスで出会ったウエスト夫人や、彼女をとりまく人… このレビューの続きを見る

3.6

春になったら苺を摘みに

23:36:By

梨木香歩の文章はとても綺麗だ。周りにいる人とモノを大事にしている、自分と他の関係性を大切にしている、そんな気がするのだ。 「春になったら苺を摘みに」は作者がイギリス留学しているときの下宿先の主人だ… このレビューの続きを見る

関連する商品