>
[Amazon] ぐるりのこと (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ぐるりのこと (新潮文庫)
ぐるりのこと (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

ぐるりのこと

2.8 [2.8](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:137832位
  • Amazon価格:¥ 506
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101253382(新潮社)
ぐるりのこと (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 2.8 [2.8]

JUGEMテーマ:読書 

「西の魔女が死んだ」に続いて2冊目の梨木香歩さんです。 前作のお話があまりに自分にぴったりきたので、今回もかなり期待度は高めでした。 こちらはセッセイ集ですが、「ぐるりのこと」というタイトルにすごく惹か… このレビューの続きを見る

旅先で、風切羽の折れたカラスと目が合って、「生き延びる」ということを考える。 沼地や湿地に心惹かれ、その周囲の命に重いが広がる。 英国のセブンシスターズの断崖で風に吹かれながら思うこと、トルコの旅の… このレビューの続きを見る

【★★★☆☆】 ーーー自分のいる場所からこの足で歩いて行く、    一歩一歩確かめながら、    そういう自分のぐるりのことを書こう、と、    私はこの連載のタイトルを決めたのだった。        … このレビューの続きを見る

ぐるりのこと

13:55:By よそゆき

自分の周囲―ぐるりのこと―世界について独自の視点で語るエッセイ。 人の世界はいつか滅びる…。 それは止められるものではないから 自分にできることをしつつ見守っていこう。 全編そんな意見が貫かれています… このレビューの続きを見る

 評価は600円。  ジェンダーや宗教や中学生が起こした殺人事件やアメリカについて、ちょっぴり小説風に書かれたエッセイ。  個人的には非常に落差の激しいエッセイ集だなと感じました。鋭い考察をしてい… このレビューの続きを見る

関連する商品