>
[Amazon] レインツリーの国 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

レインツリーの国 (新潮文庫)
レインツリーの国 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

レインツリーの国

おすすめ!3.8 [3.8](45件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:16698位
  • Amazon価格:¥ 464
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101276315(新潮社)
レインツリーの国 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(45件) 3.8 [3.8]

3.8

レインツリーの国

13:50:By my favorite

有川浩の「図書館戦争」の中に出てきたので読んでみた。このブログのように本の感想をブログにしている「ひとみ」のサイトに共感した主人公・伸行がメールをしたところから物語が始まる。よくある話だが、メールのや… このレビューの続きを見る

 

283 レインツリーの国

00:53:By AW

読んだ。

20.1

14:54:By たすわり

 先日レインツリーの国という本を読みました。有川浩が著者の本。 インターネットで出会ってその後恋愛に発展する話、基本的に嫌いなので、読み始めた時買う本間違ったな〜と思ったのですが、なかなかよい話でした。

3.8

レインツリーの国

18:16:By moon story

私にとっては初めての有川浩の作品です。 思い出の本で出会う二人という設定は好きだと思いました。 序盤まではメールのやりとりとか微笑ましくて良いと思います。 でも二人が現実で出会って以降、どうも伸行が… このレビューの続きを見る

3.8

息子の乱読日記

10:40:By Film Rider

また、恋愛もの…

最近よく目にする作家サン 確か、この人の作品ってLaLaでマンガ化されていたよね? ここのところ、コルダパラ見しかしていないんだよね〜 それはさて置き、タイトルに惹かれました ぱっと見で、乙女センサー反応しました☆ タイトルの意味は、最後まで読めば分かりますよ 他のシリーズとリンクしているようですが、コレだけでも十分通じます 以下、続きにて

 前回も書きましたが、とにかく読み終わった本がたまっているので、質より量で書いていきます。最近止まらぬ有川病です。有川浩作品を読みまくっています。今回は『レインツリーの国』『図書館内乱』で小牧さ… このレビューの続きを見る

 24時間テレビのスペシャルドラマ。嵐さんがメインパーソナリティと決まった時くらいにはにのちゃんが主演するって決まってたのかな?にのちゃんのインタビューを読むと、原作ありきではなく二宮和也ありき… このレビューの続きを見る

昨日書いたブログが操作ミスによって見事に消えたので思い切ってもう一回書き直しますその時の気分で書いてるから、多少昨日書いた記事と違うかも知れませんが、他意はありませんそして、感情にまかせて書いた昨日… このレビューの続きを見る

3.8

どくしょ。

18:30:By だめだめ日記

JUGEMテーマ:読書 最近読書熱再燃 今日から読書関係のこともかこっかなーって! それは大好きな作家 '有川浩’さんの本  「レインツリーの国」を読んだから っていいたいけど 自己満です 今はねぇ「菊と刀」が読みたい!!!!

有川浩さんの『レインツリーの国』を読みました。 ストーリーはきっかけは「忘れられない本」。 そこから始まったメールの交換。共通の趣味を持つ二人が接近するのに、 それほど時間はかからなかった。 まして、… このレビューの続きを見る

3.8

雨木

22:25:By koopot

最近マイブームの有川浩。短かったので二時間くらいで一気に読み終わりました。ざっくりあらすじを言うと「とある共通の話題から、ネットで知り合った男女の物語」なんですけど、話自体の展開は全く違う方向へ短い… このレビューの続きを見る

(「BOOK」データベースより)きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。まして、ネット内時間は流れが速い。僕は、あっ… このレビューの続きを見る

シンクロ

20:53:By Milk tea ...

  この本 凄いなあと。 物語は 一冊の本から始まります ネットでその本の感想を言い合うようになり 徐々にそれは恋愛へと発展する。 会いたいという主人公の問に 彼女は会うことを拒む。 主人公は 食い… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 普通の健聴者と呼ばれる主人公伸行 中途失聴者になってしまったヒロインのひとみ 健聴者には健聴者の 聴覚障害者には聴覚障害者の意見があり。 そのぶつかり合いとそして、お互いを傷つけ… このレビューの続きを見る

温泉とかいって暇じゃね? 文庫本一冊読んだよ。 『レインツリーの国』 有川先生、男かと思ってました。すいません。 真摯な言葉は魂が揺さ振られるじゃろがい、つうラブストーリー。 世の中生きてる… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 中学時代によく読んだ大好きなライトノベル。そのライトノベルの感想がかかれた記事に思わず共感してしまった向坂伸行は、思い切ってそこの管理人にメールを送ってみることにした。突然メール… このレビューの続きを見る

有川浩さんの「レインツリーの国」を読んでみました。 帯の一文に惹かれたんです。照れるけん書かんけど ひとみの捻くれ具合に共感する部分があって(この本で「共感」ってワードを使うと主人公に怒られそうだが… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  ※ネタバレするつもりはないですが、読み方によってはネタバレになる可能性もありますので、それが嫌な人は読まないでね(*^−^*) 最近読書づいています。 もう何年も前にアニメ化して… このレビューの続きを見る

3.8

レインツリーの国

17:06:By cadenza

 とくに深く考えずに手に取って読みやすそうだったので購入 まさか聴覚障害に踏み込んだ作品だったとは 自分が健聴者で健常者であるかぎり、きっと理解しきることはできない部分で、なんとなく心にもやもや… … このレビューの続きを見る

レインツリーの国

23:06:By 蛇足

書簡体小説ではないんだけど、ところどころ『メール』というまさに現代の書簡が行き交う、設定からして面白い作品です。 どうでもいいけど、森見のちょっと前に出た書簡体小説がめっちゃ気になる。 あれパラ見し… このレビューの続きを見る

「阪急電車」がとっても気に入ったので、同じ作家さんの本の中でも読みやすそうなものを選んでみた。私はどうも、ファンタジー系(魔法使えちゃったり、不思議な国の冒険的な、怪獣とか出てきちゃうもの)は苦手なので… このレビューの続きを見る

 有川浩さんの『阪急電車』今、すごく売れてますよね。映画公開もされてましたね。が、しかし今回はその有川浩さんの少し前の作品、『レインツリーの国』という小説を本屋さんで手にとって見ましたといっても… このレビューの続きを見る

3.8

「レインツリーの国」

09:32:By If.

またも美観地区。 暑かったので、冷たいもので休憩。 さりげないお花がかわいい。 なんだかレトロな喫茶店でした。 ----------- 「レインツリーの国」を読んだ。 「半分の月がのぼる空」の後に 勢いに任せ… このレビューの続きを見る

 今日図書館から借りてきて読みました。元々有川浩さんの書く本は好きなのですが、友人のこの本って図書館戦争に出てた本だよ〜という発言がこの頃忙しいから期日までに返せないかも…と尻込みしていた私を後押… このレビューの続きを見る

レインツリーの国

23:25:By sablog8

読み終わるのがもったいなくて 大事にゆっくりゆっくり読んでたのに やっぱり読み終わってしまうのね・・・。 とってもいい感じでした。 色々あるけど、私は好きです。 またしても、大切な本が一冊増えました。 … このレビューの続きを見る

   きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。僕は、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。が、彼女はどうしても会えないと言う…。 1冊の本が人と人を繋ぐことがある。共… このレビューの続きを見る

philter

02:38:By にき

有川浩ふたたび。 今度は超恋愛小説。 読後感も良くて結構にやにやしたけど 自分の反省するべきことを色々思い出してしまってじたばたした。 ヒロインの女の子が自分のプライドやコンプレックスで相手の男の人にイ… このレビューの続きを見る

10年前に完結したライトノベルの感想を求めていた主人公と、その本の感想をブログに載せていたヒロインが、ネットをきっかけに出会って付き合うまでの話。 テンション高いメールから始まって一度会う所まで行ったけれど、ある事が原因でぎくしゃくして喧嘩して仲直りして・・という話。 以下ネタバレありなので続きから。

JUGEMテーマ:読書 「冬の鷹」を読み終えたので現代小説を何か読んでみようと本屋で購入。 主人公の伸は男らしくて人間らしくて、こんな風に心が大きくて率直な人、いないかなぁって思ってしまいました。 ストー… このレビューの続きを見る

 有川浩著「レインツリーの国」新潮文庫400円(税別)久しぶりだったかも、新潮文庫そして今年は今まで読んだことのない作家に挑戦する計画の第一弾有川浩ずっと「ありかわひろし」だと思っていた最後にあ… このレビューの続きを見る

 最近読んだ本はコレ。。 オレにとってはすごい恋愛小説だった。 この恋は健聴者と難聴者(聴覚障害も持つ人)という設定で、大きなハードルがあったけど、『伸』の気持ちはすごく頷けたわ。『ひとみ』の気持… このレビューの続きを見る

歓喜の国

01:22:By Bad Company

有川浩さんの"レインツリーの国"読み終えました。   有川さんの本でいちばんはじめに読んだのは"図書館戦争"でした。 かなりおもしろそうなタイトルだったので、書店でみかけて即行購入いたしました。 その続編の"… このレビューの続きを見る

  一日で読んだ!! これは読むの簡単だから さーっと読んじゃった。 さてさて感想ー。

3.8

レインツリーの国

04:43:By Make my day

JUGEMテーマ:最近読んでる本 久しぶりのブログ更新ですほんとに私何ヶ月書いてないんだろ〜三日前のことをちょっと書いてみたくなりましたその次の日からtripがあるから持って行く本を探してたんだよねそした… このレビューの続きを見る

3.8

レインツリーの国

22:24:By Dimanche

  有川ワールドにはまってます。 これは、図書館戦争シリーズの中にモチーフとして登場する小説。 普通の恋愛小説。 聴覚障害がある女の子をブログを通じて好きになる男の子のメールの言葉にしびれます。 有… このレビューの続きを見る

3.8

レインツリー

23:34:By Kinderszenen

図書館シリーズは読んだことないのですが、つながりがある作品なのですね。 聴覚障害者という特異な設定でありながら、メールから始まる恋の行方がどうなるのか、ワクワクした気持ちで読むことができました。 読んでいてちょっと照れました。

JUGEMテーマ:読書  前回に引き続き、有川作品のレビュー  最近、はまってるんです ほんと甘くて、胸がキュンキュンするラブストーリー そういうのが元来苦手なはずの私ですが、有川さんの作品だけは別。キ… このレビューの続きを見る

「海の底」を読み、有川浩すごい!おもしろい!となって、たまたま家にあったこちらの作品を読んでみました。聴覚障害者の女の子と関西人の男の子が恋に落ちる話。この女の子のほうの性格がかなり複雑で、ごたごた… このレビューの続きを見る

3.8

バッティング。

22:20:By days

友達へのおくりものを買いに、  ひさびさに本屋に走った。 で、 ひさびさに定価で本を買った。 ”レインツリーの国”  ブログの書き込みをきっかけにした恋愛小説。 なーんて生易しいものじゃなかったけれ… このレビューの続きを見る

レインツリーの国有川 浩実は、去年にこの本を読んでいるのですが、図書館で見かけたのでまた借りてきました。初読の時は、ひとみと自分を重ね合わせすぎて、読みながら泣いて一緒に傷ついたり色々気づかされたり・・… このレビューの続きを見る

 有川浩さんの「レインツリーの国」を読みました。そりゃもうすごい速さで、1日で読み切ってしまいました。えー簡単に物語を紹介すると・・・恋愛小説ですね。もう恋愛小説以外にことばいらないんじゃね?っ… このレビューの続きを見る

図書館に行って、借りたい本が全部借りられてて、 しょうがなく借りてみよーと思い立った本 なんせ、有川さんの本やし、 間違いはないであろうと思って借りて読んでみた 阪急電車がすでに自分の中でヒットだっ… このレビューの続きを見る

関連する商品