>
[Amazon] ポプラの秋 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ポプラの秋 (新潮文庫)
ポプラの秋 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

ポプラの秋

おすすめ!4.3 [4.3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:43706位
  • Amazon価格:¥ 506
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101315124(新潮社)
ポプラの秋 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 4.3 [4.3]

11:00:By STORY OF NOISE

小学校の時にお気に入りだったS,Sは体操部だった。体操部の子たちは姿勢がよくアクロバット的で見ていて飽きなかった。S,Sは他のクラスのM,Oと両想いになっていたらしい。しかし、すでにそんなことはどうでもよかっ… このレビューの続きを見る

4.3

ポプラの秋

01:07:By memo

JUGEMテーマ:読書夫を失ったばかりで虚ろな母と、もうじき7歳の私。二人は夏の昼下がり、ポプラの木に招き寄せられるように、あるアパートに引っ越した。不気味で近寄り難い大家のおばあさんは、ふと私に奇妙な話… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】7歳の頃、父を失ったばかりの私と母は、近くに生えていたポプラの木に導かれるかのように、とあるアパートに引っ越してきた。そこには、ちょっと気難しいおばあさんの大家さんが住んでいたのだ… このレビューの続きを見る

4.3

ポプラの秋

18:04:By シコウヒン。

本を読んでいて、初めて泣いたのがこの本でした。 主人公の光景が目に浮かび何だか、 こっぱずかしい様な、くすぐったいような、懐かしい気持ちにさせられました。

なぜか半年置きに読み返してしまう1冊。 亡くなった人を回想するのにすっきりと泣ける。

夫を失ったばかりで虚ろな母と、もうじき7歳の私。 二人は夏の昼下がり、ポプラの木に招き寄せられるように、あるアパートに引っ越した。 不気味で近寄り難い大家のおばあさんは、ふと私に奇妙な話を持ちかけた―… このレビューの続きを見る

レビュー機能を使って、感想を書いてみる。 この『ポプラの秋』は、『夏の庭』の続編だと聞いていた。ただ、物語的には、何の繋がりもない。でも、そんなことは気にならないし、『夏の庭』を読んでいないくても、… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品