>
[Amazon] 神様のボート (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神様のボート (新潮文庫)
神様のボート (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

神様のボート

おすすめ!3.5 [3.5](34件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:49097位
  • Amazon価格:¥ 529
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101339198(新潮社)
神様のボート (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(34件) 3.5 [3.5]

神様のボート

23:19:By 読書家宣言

  

福永令三『クレヨン王国109番目のドア』講談社青い鳥文庫、全二巻 江國香織『神様のボート』新潮文庫 前者は小学生、後者は高校生の頃繰り返し読んだ一冊 どちらも、関東・東海地方の実在の地名が繰り返し出て… このレビューの続きを見る

以下は私だけの雑感。挙げた2冊の感想、ではない。 今、ジョン・グリーン『ペーパータウン』についてまとめているのだけれど、そのエントリの前に、走り書きのようなこの雑感をエントリ。自分の為に。 まず、… このレビューの続きを見る

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。“私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子”。必ず戻るといって消えたパパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。“私はあのひと… このレビューの続きを見る

 この本は愛読書。主人公の娘は草子という偶然がある。そして、2つ先の駅に住んでいたというシチュエーションがあり、土地柄の親しみがある。されど、これは狂気に溢れた本でもある。子供の父親は行方不明。い… このレビューの続きを見る

神様のボート

15:23:By かきなぐりR

この話に登場するキャラも変わっています 何せ、江國作品ですから☆ 母と娘の物語以下、続きにて

何年振りかの類類ネタ。本人も忘れていたカテゴリーで久々にネタ発生。NHKBSのドラマ「神様のボート」を観た。原作は江國香織。初期の頃好きで良く読んでましたが、短編が中心。長編は落下する夕方を最後に読んでな… このレビューの続きを見る

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。“私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子"。必ず戻るといって消えたパパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。“私はあのひ… このレビューの続きを見る

今年の初めくらいまで、かなり長いこと(数年間)TSUTAYAカードを失効させたまま放っていたのだが、作り直して、最初に借りてきたのが『百万円と苦虫女』のDVDだった。映画館でみたかったのに、見逃していたのだ。 … このレビューの続きを見る

神様のボート

13:30:By Sakura Style

友達に貸しっぱなしになっている本を、“Book Off”で50yenで発見w 佐倉に引っ越してきたばかりの頃、『佐倉が舞台になっているんだよ』と勧められた本。 江國香織さんの本は何冊か読んだけれど、この“神様のボート”がダントツに好き。 今日は読書Day

江國香織

22:33:By marshmallow

 江國香織さんの長編小説3つよんだのでレビューします私が江國さんと出会ったのはデュークという小説です読書感想の課題として出されていた本たちの中で一番好きだったものです読書感想というものは私は全く… このレビューの続きを見る

このひとの書く本がすごく好きで。 本屋で見つけて、立ち読みもせずに買ってしまった。はあ。 中身は、例のごとく恋愛もの。 といっても、今回は母娘の成長物語っていう側面もある。 葉子と草子っていう… このレビューの続きを見る

 もう何度読んだか分からん位、大好きな1冊です。 本好きな友人は「あの病んでいく感じがいい」と評価しますが、その通りな気がするな。 葉子さんの「あの人」はすごくダメ男な匂いがしますよ。 そこはかとなく。 草子ちゃんの淡い初恋の行方が気になります。 果たしてあるのか。 やっぱり先生ってかっこよく見えるんやなぁ〜

 昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。“私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子”。必ず戻るといって消えた パパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。“私は… このレビューの続きを見る

3.5

神様のボート

01:04:By lolly popping

私の、江國デビューの作品。 描写があったかくてとても好きです。 前から「江國香織を最初に読むなら、絶対これ」と決め付けてました。 最初の作品が「きらきらひかる」でもなく「東京タワー」でもなくてコレ。 な… このレビューの続きを見る

神様のボート

08:55:By Palette

 友達と運命について話していて、出て来た言葉があった。「神様のボート」という言葉自分の意志で選んでいるようで、運命かのように何かに導かれている、と思うことがある。私は神様のボートに乗って生きてい… このレビューの続きを見る

神様のボート

11:57:By 受賞本

 神様のボート  著者 : 江國香織  受賞歴 : 第13回山本周五郎賞 ノミネート

論文書くの大変 死ぬんじゃなかろうか 英語・・・ オー マイ ガ この程度だ… とても旅行に行きたくて このままだと プラッと無計画に出掛けそうでやばい 30歳までに 海外に1人で遊びに行ってみようと 思いよるけど まさ… このレビューの続きを見る

江國香織さんの神様のボートを読みました。 江國さんの作品は「きらきらひかる」、「冷静と情熱のあいだ Rosso」 辻仁成が男性側の視点から「Blu」を描く。 辻とのコラボレーション小説などを読んだ事がありま… このレビューの続きを見る

3.5

神様のボート

14:51:By Phantasmagoria

聡明な子供はいいな。草子が素敵。

ご無沙汰しております。 先日、なんやかんやでまた揉めだしたポストマークの某社に宛ててエントリーシートを書いたのですが(志望動機400字+学生時代の苦労経験1000字。結構な量)、そこで郵便に対する思… このレビューの続きを見る

明日テストふたつ!!ふたつと言ってもひとつはないようなもの・・ ・とにかく明日は乗り切ろう。だんだんとアドレナリンが出てきたぜ・・・・さて、今日はあれ読んだよ『神様のボート』ずっと中途半端なまま止まっ… このレビューの続きを見る

江國さんのお話は。 日常の描写が、本当に素敵。 実際の地名が出てきて、そこを散歩する様子とか。 仕事上がりに、コーヒーを飲んでいる店の感じとか。 最後に。 どうなるかは。 正直ほとんど関係ない。 … このレビューの続きを見る

3.5

神様のボート

12:37:By My First Jugem

母と子の物語☆ 最近読んだ本です(*^_^*)

3.5

神様のボート

14:00:By 白い本棚

江國香織の小説です。 20代の娘に薦められて読みました。 放浪する母と娘の物語です。 小説の読み方は、人それぞれ、違うようですが、 私の読み方でよくやる方法は、 登場人物をタレントに置き換えて、想像しな… このレビューの続きを見る

3.5

神様のボート

21:18:By 人生が散漫

私はこれを読んでこのブログを作ろうと思った。 読み終わったのは昨日のことだ。だけど、まだあのもの哀しい余韻に絡めとられている。 葉子の淡々とした日常のなかに立ち現れる、絶対的盲目的な、信仰に近い愛。… このレビューの続きを見る

★★★★☆ 「骨ごと溶けるような恋」をしてみたい? そんな恋をしてみたいと思うけれど、 そんな恋はできないと信じたい。 ママと草子の物語が平行して 穏やかな日々の中を流れている。 その中で時折り顔… このレビューの続きを見る

3.5

江國 香織/神様のボート

16:45:By

 

骨まで溶けるような恋 すごくぞっとするような話でありながら、なんとなくあったかい気持ちにもなれます。 江國さんの言葉って本当細かくて、むずかしいけどわかりやすい!って感じ。 でも、なんか影響力がありすぎて、読んだ後もずっとソワソワしちゃうから一ヶ月に一回ぐらいにしとかなきゃ!

3.5

神様のボート

14:00:By labyrinth alice

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。 ゛私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子。゛ 必ず戻るといって消えたパパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。 ゛私… このレビューの続きを見る

発エクニ作品でした。 私と草子の視点から交互に書かれるスタイルが 見事で途中で心地よくなります。 彼女の書くやわらかい文章のファンになりました。

「昔、ママは骨ごと溶けるような恋をした。その結果、生まれたのがあたし――」 必ず戻るといって消えたパパを待って、ママとあたしは旅を続ける。君をきっと探し出してみせる――そんなパパの言葉をママは信じて、… このレビューの続きを見る

3.5

神様のボート

10:07:By stella*memo

大好きな作品になりました。 葉子が「骨まで溶けるような恋をした人」が、迎えにきてくるのをずっと待ちながら引越しを繰り返す、葉子と娘の草子。 草子は葉子の恋人のことを知らないけれど、ちゃんとついてくる… このレビューの続きを見る

.............................  10歳の草子は母親の勝手な都合で引越しが多い。毎年のように引越しだ。  母は、夜は仕事に出る為、草子はひとりでお留守番。  草子はいつもひとりで布団を敷く。母親の分も… このレビューの続きを見る

関連する商品